MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1979年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1979年の目次へ

二輪製品ニュース
1979年5月15日
使いやすさをより向上させた
125ccの二輪車三機種を発売


本田技研工業(株)は、小型(125cc)・軽量のこのクラスに、唯一の4サイクル2気筒エンジンを搭載し、従来より好評の125T(ツイン)シリーズ「ホンダCB125T」、「ホンダCM125T」、「ホンダベンリイCD125T」の3機種を各部に改良を加え、5月16日より発売する。
主な改良点は、中低速域の出力向上・燃料タンクなどのストライプデザインの変更・装備の充実や前照灯の性能アップ・54年騒音規制への適合などである。これらの改良により3機種は、一段と乗りやすく、扱いやすいものとなった。また、CB125Tにはセミフラットハンドル付き(II型)も用意した。
生産計画は3機種合計で年間21,000台(国内のみ)を予定している。

標準現金価格は(北海道及び一部離島を除く)
ホンダCB125T 225,000円(II型も同じ)
ホンダCM125T 223,000円
ホンダベンリイCD125T  219,000円

ホンダCB125T
ホンダCB125T
ホンダCM125T
ホンダCM125T

◎三機種の主な特長

CB125T=軽快な走りが楽しめる最大出力15馬力高性能エンジンを搭載したツーリングスポーツタイプ。
中低速域の出力特性向上で市街地での乗りやすさが一段と向上。
サイドスタンド、リアキャリアを標準装備、使い易さが向上。
落ち着きある新デザインのストライプ。

CM125T=女性でも気軽に、ゆったりとした走りが楽しめるアメリカンスポーツタイプ。
吸排気系の変更で中低速トルクを向上。
メーターは見やすい丸型メーター。バックミラーは大径(114m/m)を採用、視認性が向上。前照灯は35/36Wと光量をアップ。

CD125T=耐久性のある4サイクルエンジンの商用車。
エンジンはCM125Tと同じ最大出力12馬力を搭載。
雨水、泥水から足もとをまもるレッグシールドの標準装備や35/36Wの明るい前照灯で一段と実用性が向上。


主要諸元
( )内は2型
  CB125T CM125T CD125T
全長(m) 2.030 2.060 1.980
全幅(m) 0.760(0.690) 0.830 0.780
全高(m) 1.045(1.010) 1.095 1.050
軸距(m) 1.275 1.280 1.270
最低地上高(m) 0.160 0.145
車両重量(kg) 127 137 140
燃費(km/L)
(50km/h
定地走行テスト値)
53 60 63
(40km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ) 0.40 0.28 0.32
最小回転半径(m) 1.9 2.0 1.9
燃料タンク容量(L) 11
エンジン形式 空冷4サイクルOHC 2気筒
総排気量(cm3) 124
内径×行程(mm) 44.0×41.0
圧縮比 9.4
最高出力(PS/rpm) 15/11,000 12/9,000
最大トルク(kg-m/rpm) 1.0/9,500 0.96/7,000
潤滑方式 圧送式・飛沫式併用
潤滑油容量(L) 1.5
始動方式 プライマリーキック式 キック・セル併用式
クラッチ方式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合5段リターン 常時噛合4段リターン 常時噛合4段ロータリー
変速比 1速 2.769 2.846
2速 1.882 1.777
3速 1.450 1.272
4速 1.217 1.000
5速 1.083
一次減速比 3.833
最終減速比 2.857 2.600 2.933
フレーム形式 ダイヤモンド式
懸架方式(前) テレスコピック式
懸架方式(後) スイングアーム式
キャスター(度) 27°00′ 28°00′ 27°20′
トレール(mm) 90 92 89
タイアサイズ(前) 2.75-18-4PR 3.00-17-4PR 3.00-17-4PR
タイアサイズ(後) 3.00-18-4PR 3.50-16-4PR 3.00-17-4PR
ブレーキ形式(前) 機械式ディスク ワイヤ式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後) ロッド式
リーディングトレーリング


プレスルームへプレスインフォメーションへ