MENU

HONDA

検索


プレスインフォメーションへ
1979年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1979年の目次へ

二輪製品ニュース
1979年1月17日
「軽快な操縦性」と「軽くて扱い易い」4気筒エンジンの大型2輪車
ホンダCB650を発売



 本田技研工業(株)は、高い動力性能とすぐれた操縦性を備えた大型2輪車「ホンダCB650」を1月18日より発売する。

 このホンダCB650は、ホンダ伝統のOHC4気筒エンジンを搭載。最大出力53馬力、ねばり強いトルク特性、しかも信頼性、耐久性のすぐれたエンジン。軽量設計(乾燥重量196k g)で取回しが容易、高性能エンジンと相まって俊敏で、余裕ある走りも楽しめる。(54年騒 音規制適合)

 なお、生産計画は月産4,000台(うち国内200台)を予定している。
  標準現金価格は435,000円(北海道・一部離島を除く)である。

CB650
CB650

◎主な特長
 静かで信頼性の高いOHC直立4気筒エンジン、排気量626CC、53馬力。軽く剛性の高いダブルクレードルフレーム。快適な乗り心地のシート、クッションの採用。トータルバランスにすぐれ、市街地走行から長距離走行まで巾広い用途に応える2輪車。
機敏な加速が得られる加速ポンプ付き気化器。強力な火花特性でメンテナンスフリーのフルトランジスター点火装置。排気効率の高い4into2タイプの集合マフラーを装備。
乗り心地と操縦性のすぐれたリアダンパー(FVQタイプ)。しなやかで高剛性の総アルミ製コムスターホイール。中空ステップラバー。耐久性向上のシールドタイプドライブチェン、静粛で耐久性のすぐれたハイボプライマリーチェン。低く乗降性のすぐれたシートなど、快適な乗り心地と静粛性、耐久性向上のための配慮。
急激な空気抜けのないチューブレスタイヤ。視認性のすぐれた大型の3灯式テールライト、角型方向指示灯。大径のディスクブレーキ、確認しやすいメーター類など安全性への配慮。


ホンダCB650 主要諸元 〈型式名 ホンダRC03〉
全長 (m)
2.140
全幅 (m)
0.855
全高 (m)
1.170
軸距 (m)
1.430
車量重量 (kg)
整備:213,乾燥:196
最小回転半径 (m)
2.4
燃料タンク容量 (L)
18
燃料消費率 (km/L)(60km/h定地走行テスト値)
34
登坂能力(tanθ)
0.46
エンジン形式
空冷4サイクルOHC4気筒
総排気量 (cm3)
626
内径×行程 (mm)
59.8×55.8
圧縮比
9.0
最高出力 (PS/rpm)
53/8,500
最大トルク (kg-m/rpm)
4.6/7,500
始動方式
セルフ式
潤滑方式
圧送式飛沫式併用
潤滑油容量 (L)
3.5
一次減速比
2.737
変速比 1速
2.500
2速
1.722
3速
1.333
4速
1.074
5速
0.884
最終減速比
2.312
フレーム形式
ダブルクレードル式
懸架方式 (前)
テレスコピック式
懸架方式 (後)
スイングアーム式
キャスター (度)
27°30′
トレール (mm)
105
タイヤサイズ (前)
3.25S19-4PRチューブレス
(後)
3.75S18-4PRチューブレス
ブレーキ形式 (前)
油圧式ディスク
(後)
ロッド式リーディングトレーリング



プレスルームへプレスインフォメーションへ