MENU

HONDA

検索


プレスインフォメーションへ
1978年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1978年の目次へ

二輪製品ニュース
1978年10月12日
悪路走破性にすぐれた2輪車
ホンダ XL125Sを発売


 本田技研工業(株)は、舗装路はもとより悪路、不整地にいたる巾広い走行が楽しめ、取り回しの楽な2輪車、「ホンダ XL125S」を、10月13日より発売する。

 このホンダ XL125Sは、先に発売、軽い車体、扱いやすいエンジン、大径タイヤの採用などで好評のホンダ XL250Sと同様、すぐれた走行性を持つ使用範囲の広い2輪車として開発。12馬力エンジン、6速ミッション、特殊ブロックパターンのタイヤなどを装備している。
 ホンダXLシリーズは、XL250SにこのXL125Sをくわえ2機種となり、巾広いユーザーに応えられるものとなった。

 なお、生産計画は月産3,700台(輸出を含む)を予定している。
 標準現金価格は、189,000円(北海道、一部離島を除く)である。

XL125S
XL125S

◎主な特長
新設計4サイクルOHC12馬力の高性能エンジンを搭載。点火装置は確実な点火と整備の容易なCDI方式。あらたに開発された6速ミッションはエンジン性能を十分に引出し、すぐれた走行性能を発揮する。
フロント200m/m、リヤ165m/mの長いストロークを持ったサスペンションは、起伏の激しい道路でも走破性、安定性を高めている。また、新開発の特殊ブロックパターンのタイヤを採用、舗装路やぬかるみでも、適切な駆動力を得ることができる。
ラバーマウントされたハンドルやシート、メインステップは振動を軽減し、快適な走行が楽しめる。また、リャーウィンカーランプは障害物にふれたとき、フレキシブルに動く設計としている。


XL125S主要諸元
全長(m)
2.095
全幅(m)
0.840
全高(m)
1.130
軸距(m)
1.310
最低地上高(m)
0.270
車両重量(kg)
112(整備)106(乾燥)
燃料タンク容量(L)
7.0
燃料消費率(km/L)(50km/h定地走行テスト値)
60
登坂能力(tanθ)
0.40
最小回転半径(m)
2.1
エンジン形式
空冷4.サイクルOHC単気筒
総排気量(cm3)
124
内径×行程(mm)
56.5×49.5
圧縮比
9.4
最高出力(ps/rpm)
12/9,500
最大トルク(kg-m/rpm)
0.97/8,000
始動方式
キック式
一次減速比
3.333
変速比 1速
3.083
2速
1.941
3速
1.400
4速
1.130
5速
0.923
6速
0.785
最終減速比
3.357
フレーム形式
ダイヤモンド式
キャスター(度)
27°50′
トレール(mm)
122
タイアサイズ (前)
2.75-21-4PR
(後)
4.10-18-4PR
ブレーキ形式 (前)
ワイヤー式リーディングトレーリング
(後)
ロッド式リーディングトレーリング



プレスルームへプレスインフォメーションへ