MENU

HONDA

検索


プレスインフォメーションへ
1978年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1978年の目次へ

二輪製品ニュース
1978年4月19日
中排気量2輪車
ホンダ ホーク〈CB250T〉 発売


 本田技研工業(株)は、中排気量スポーツ車、ホンダ ホーク〈CB250T〉に大幅な改良 を加え昭和53年4月20日より新しい装いで発売する。

 このホンダ ホーク〈CB250T〉は、高い動力性能と軽快な操縦性で好評をえている、ホ ンダホークシリーズの250CCモデルに、新しいデザインのタンクやコムスターホイールを装備するなど、一段とスポーツ性が充実するよう開発したものである。
 なお、生産計画は月産1,600台(輸出を含む)を予定している。
 標準現金価格は309,000円である。

ホーク CB250T
ホーク CB250T

◎ホンダ ホーク〈CB250T〉の主な特長
 気筒あたり2個の吸気バルブやCDI点火装置を採用した、ショートストロークの高性能エンジンを搭載し、2into1タイプのパワーチャンバーを装備している。 さらに、操縦性と安定性にすぐれたコムスターホイールやリヤ サスペンションに接地性がよく不整地でのショック吸収性にすぐれたダンパーを採用するなど、走行性能を一段と向上させている。


CB250T 主要諸元
全長(m)
2.135
全幅(m)
0.840
全高(m)
1.170
軸距(m)
1.395
最低地上高(m)
0.160
車両重量(kg)
180
燃費(Km/L)(50Km/h定地走行テスト値)
40
登坂能力(tanθ)
0.42
最小回転半径(m)
2.2
燃料タンク容量(L)
13
エンジン形式
空冷4サイクルOHC 2気筒
総排気量(cm3)
249
内径×行程(mm)
62.0×41.4
圧縮比
9.4
最高出力(PS/rpm)
26/10,000
最大トルク(kg-m/rpm)
2.0/8,500
潤滑方式
圧送式・飛沫式併用
潤滑油容量(L)
3.0
始動方式
キック式・セルフ式併用
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式5段
変速比 1速
2.733
2速
1.850
3速
1.416
4速
1.148
5速
0.965
一次減速比
3.125
最終減速比
2.733
フレーム形式
ダイヤモンド式
懸架方式 (前)
テレスコピック式
(後)
スイングアーム式
キャスター (度)
27°0′
トレール (mm)
92
タイアサイズ (前)
3.60S18-4PR
(後)
4.10S18-4PR
ブレーキ形式 (前)
油圧式ディスク
(後)
ロッド式リーディングトレーリング



プレスルームへプレスインフォメーションへ