MENU

HONDA

検索


プレスインフォメーションへ
1978年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1978年の目次へ

二輪製品ニュース
1978年1月25日
ホンダマチック変速機装備の中排気量2輪車
ホンダ ホーク(HAWK)〈CB400T(ホンダマチック装備車)〉
新発売

 本田技研工業(株)は、ホンダマチック自動変速機を備えた400CCの2輪車 ホンダ ホーク〈CB400T(ホンダマチック付)〉を、昭和53年1月25日より発売する。

 このHAWK(ホンダマチック付)は、2輪車の新しい時代を開いた750CCの〈ホンダ  EARA〉に続き、ホンダマチック変速機を中型2輪車CB400Tに装備。高性能と精緻な機 構、軽い取り回しに加え、スターレンジ無段変速のなめらかな走行により、2輪車のオートマチ ック時代を拡げる新製品である。
 なお、生産計画は輸出を含み月産3千台を予定している。
 標準現金価格は349,000円である。

HAWK CB400T
HAWK CB400T

◎ホンダ HAWK
〈CB400T(ホンダマチック付)〉の主な特長

  軽快ですぐれた操縦性をもつ〈HAWK〉に、新設計の高効率で軽量・小型なホンダマチック変 速機を装備した中排気量2輪車である。
 このCB400T(ホンダマチック付)は、混雑する市街地での小刻みな運転の繰り返しから、 高速道路、坂道に至るまで、殆んどの走行をクラッチ操作もギア・チェンジもなしで行なえる無 段変速のスターレンジにより、なめらかで軽快な走行が楽しめる。さらに、より強いトルクや、 エンジン・ブレーキの必要な場合のためのローレンジも備えている。
 このホーク(ホンダマチック付)のために新設計されたエンジンは、3バルブの大径燃焼室に 代表される精緻なメカニズムで構成され、ホンダマチックの採用とあいまって、スムーズで乗り やすく、スポーティな走りを見せる出力・トルク特性を持っている。

ホンダマチック変速機

CB400T(スタンダードAT)主要諸元
全長(m) 2.150
全幅(m) 0.840
全高(m) 1.180
軸距(m) 1.390
最低地上高(m) 0.165
車両重量(kg) 187
燃料タンク容量(L) 13
燃料消費率(km/L)(60km/h定地走行テスト値) 33
登坂能力(tanθ) 0.46
最小回転半径(m) 2.2
エンジン形式 空冷4サイクルOHC 2気筒
総排気量(cc) 395
内径×行程(mm) 70.5×50.6
圧縮比 9.3
最高出力(PS/rpm) 30/8,000
最大トルク(kg-m/rpm) 2.8/6,000
始動方式 キック式・セルフ式併用
クラッチ形式 3要素1段2相形
変速機形式 常時噛合式
変速機操作方式 左足動式
一次減速比   1.463
ストールトルク比 2.0
変速比 1速 2.923
2速 2.058
最終減速比 2.312
フレーム形式 ダイアモンド式
キャスター(度) 27°0′
トレール(mm) 100
タイアサイズ (前) 3.60S19-4PR
(後) 4.10S18-4PR
ブレーキ形式 (前) 油圧式ディスク
(後) ロッド式リーディングトレーリング



プレスルームへプレスインフォメーションへ