MENU

HONDA

検索


プレスインフォメーションへ
1977年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1977年の目次へ

四輪製品ニュース
1977年7月20日
新発売
ホンダ TN−ACTY(アクティ)


 本田技研工業(株)は、新しい規格の軽トラック《ホンダTN−ACTY》を7月27日から 発売いたします。  この〈TN−ACTY〉は、545ccの粘り強く静かな、新設計の水冷エ ンジンを搭載、車体も新しく開発、ロング・ホィールベースと低い荷台高さなど商用車としての 使い勝手に徹し、市街地にもとけ込めることをねらいに、新しくデザインしたフルサイズの軽ト ラックです。

TN−ACTY三方開き
TN−ACTY三方開き

 発売以来10年、70万台のご好評をいただいている〈軽トラックTN360〉につちかわれ た経済性、耐久性などの長所に加え、性能、機能、乗り心地とも、新しい時代の軽トラックをめ ざして開発したものです。

◎発売日 昭和52年7月27日
◎価格 (一方開き)

主要地区標準現金価格 (単位:千円)
  スタンダード スーパーデラックス
東京 533 558
名古屋 530 555
大阪 532 557
仙台 544 569
福岡 541 566

三方開きは各タイプの 10千円高
(パネルバンは三方開き価格に下記金額をプラスして下さい。
左側スライド扉付 77千円
両側スライド扉付 95千円
パネルバンは9月発売予定)

◎生産計画 月産 8,500台
(輸出を含む)


〔製品の概要〕

1. 静かな新規格排気量のエンジン
 エンジンは、545cc水冷4サイクル2気筒SOHC、28馬力/5,500回転、最大ト ルク4.2kgm/4,000回転。商用車にもっとも適した、粘り強く使いやすいトルク特性 をもつ、静かなエンジン(加速時77ホン)です。

2. 使い勝手の良い低い荷台
 車体は全長3.195m、全幅1.395m、全高1.660mの新しい規格の軽商用車です。 コンパクトで偏平なエンジンを後車軸前に搭載したことにより、低い荷台床面と高い最低地上高 とをえて、商用車として荷物の積み降ろしなどの使い勝手の良さと、優れた悪路走破性を両立さ せました。

3. 優れた制動性能と運転性
 長いホィール・ベース、広いトレッド、適正なエンジン配置などにより、積み荷の量が変わっ ても安定した制動性能、運転性がえられます。

4. 快適なキャビン
 広さを強調するインストルメント・パネル、乗り降りしやすい大型ドアと十分なヘッド・クリ アランス、視界の良い曲面ウィンドーなど、軽商用車の新しい時代を開く、簡潔でゆとりあるキャ ビンです。

〔特徴の詳細〕

《性能・機能関係》

〈エンジン〉

1. 新設計の545cc水冷エンジンは28馬力。TN360で定評の、優れた耐久性、経済 性はそのまま、低速トルクが大きく、高回転までフラットなトルク特性を発揮する粘り強 いエンジンです。ギアレシオも低中速での駆動力を重視しました。もちろんフルシンクロ です。
2. 振動が少なく静かなエンジンです。ショートストローク・エンジンの少ない振動を、さらに容量の大きいラバーの2重フローティング・マウントで吸収。トロコイド型オイル・ポ ンプや、カムシャフト駆動にベルト方式を採用。これらによりメカニカル・ノイズが少ないうえ、大型サイレンサーともあいまって、きわめて静かです。
3. 低い電圧でも始動が可能なレジスター・ショート回路の採用と、大容量バッテリー(30Ah)の装備で、寒冷時での始動も容易です。
     
〈ボディ〉

1. 空荷〜積載時の荷重配分の変化を少なくするため、エンジンを後車軸前に置きました。またバネ下重量の軽いサスペンション機構と、ロング・ホィールベース(1.850m)、ワイドなトレッド(前輪1.200m 後輪1.210m)の組み合わせにしました。これらを総合して確かな効きの制動性能と優れた運転性がえられました。
2. 大型ヘッド・ライトを採用。一方開、三方開とも荷台下にスカートをとりつけ親しみやすい外観デザインとしました。
3. 快適なキャビンと容易な乗り降り―高いルーフ、送りヒンジの採用により大きく開く厚味 のある大型ドア、室内での左右乗り移りの容易なベンチ・シート。床もフラットで乗り降りだけでなく室内の掃除も楽です。
     
《取り扱い性と安全への配慮》

1. 荷台の面積どおり荷物の積みやすいフラットな荷台です。荷台床高さが低いため、荷物の 積みおろしが楽なだけでなく、荷崩れの少ない深い荷箱がえられました。
2. キャブレター、点火プラグ、ディストリビューターなどの点検整備は、荷台上の集中メインテナンス・リッドを開けることによって可能。整備性にも配慮しました。
3. バッテリー、エンジン・オイル注入口、燃料給油口、ラジエーター・リザーブタンク、スペア・ホィールを車体左右のサイドスカート部に設けたワンタッチ開閉リッドの中に収納。    点検、メインテナンスが容易です。
4. 使いやすくゆとりのあるインストルメント・パネルには、コイン・ポケットも設けました。スーパー・デラックスには、アコードと同じ、オイル交換、タイア・ローテーション、オ イル・フィルター交換の時期を示す定期点検メーターを設けました。
5. ブレーキ・ペダルとクラッチ・ペダルを踏みやすい吊り下げ式としました。チェンジ・レバー高さを低く、ハンドブレーキ・レバーもシート下へ落とし込むタイプとしたため、室内での左右乗り移りも容易です。
6. シート・バックレスト後に物が入れられるスペースをとりました。グローブ・ボックスやドア・ポケットとともに、十分な物入れスペースを確保しました。
7. 拡散タイプで効きの良いデフロスターや、曲面ウィンドーによる広い視界で、雨の日の走行も苦にならず、安全な走行ができます。
8. 軽トラックで初めてチューブレス・タイアを採用。パンク時にも急激にエアが抜けることがありません。
9. 方向指示器、ライト切替などの灯火類集中コントロール・スイッチをステアリング・コラムに設けました。ワイパー/ウォッシャー・レバーや、両面タイプのキイともあいまって、ステアリングまわりの操作が容易です。
10. 新軽サイズに適応した大型バンパーを採用。


TN 360との主な比較数値
  TN 360 TN-ACTY
全長(m) 2.990 3.195
全幅(m) 1.295 1.395
軸距(m) 1.780 1.850
床面地上高(m) 0.620 0.625
荷台内側寸法(m) 長さ 1.800 1.940
荷台内側寸法(m) 幅 1.210 1.315
荷台内側寸法(m) 高さ 0.320 0.300
エンジン 強制空冷直列2気筒 水冷直列2気筒
4サイクル横置OHC 4サイクル横置OHC
総排気量(cc) 354 545
最高出力(PS/rpm) 27/7,000 28/5,500
最大トルク(kg-m/rpm) 3.0/5,500 4.2/4,000
燃料消費率(km/l) 60km/h定地走行テスト値 22 25
燃料消費率(km/l) 10モード走行テスト値 17.5
最小回転半径(m) 3.8 3.9


排出ガスレベル
  10モード(g/km) 11モード(g/TEST) 10モード燃料消費率
CO HC NOx CO HC NOx
規制値 平均値 13.0 2.10 1.80 100 13.0 15.0
規制値 最高値 17.0 2.70 2.30 130 17.0 20.0
届出値 10.7 1.98 1.67 92 12.1 9.8 17.5km/l


騒音レベル(ホン)
排気 58 加速 77 定速 66


TN−ACTY 主要諸元 (三方開きスタンダード)
型式 ホンダ H-TA
全長(m) 3.195
全幅(m) 1.395
全高(m) 1.660
軸距(m) 1.850
輪距(m) 前/後 1.200/1.210
床面地上高(m) 0.625
最低地上高(m) 0.185
車両重量(kg) 590
最大積載量(kg) 350
乗車定員(人) 2
荷台内側寸法(m) 長さ 1.940
荷台内側寸法(m) 幅 1.315
荷台内側寸法(m) 高さ 0.300
エンジン 水冷直列2気筒横置OHC
総排気量(cc) 545
内径×行程(mm) 72.0×67.0
圧縮比 8.3
最高出力(PS/rpm) 28/5,500
最大トルク(kg-m/rpm) 4.2/4,000
登坂能力(tanθ) 0.34
燃料消費率(km/l) 60km/h定地走行テスト値 25
燃料消費率(km/l) 10モード走行テスト値 17.5
燃料タンク容量(l) 29
クラッチ形式 乾式単板ダイヤフラム
変速機操作方式 フロア チェンジ式
変速比 1速 4.454
変速比 2速 2.692
変速比 3速 1.777
変速比 4速 1.130
変速比 後退 4.300
最終減速比 5.357
かじ取歯車形式 ラック・ピニオン式
最小回転半径(m) 3.9(車体4.4)
懸架および車軸形式 前 マクファーソン・ストラット式独立懸架
懸架および車軸形式 後 ド・ディオン式半楕円リーフスプリング
ブレーキ形式 前 2リーディング
ブレーキ形式 後 リーディング・トレーリング
タイアサイズ(前後とも) 5.00-10-4PR ULT



プレスルームへプレスインフォメーションへ