MENU

HONDA

検索


プレスインフォメーションへ
1976年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1976年の目次へ

二輪製品ニュース
1976年4月26日
新発売 ホンダ ドリーム CJ250T/CJ360T

本田技研工業(株)では、中型クラス2輪車の一層の充実をはかるために、 《CJ250T、CJ360T》を、CBシリーズに加えて新たに発売いたします。

 このCJシリーズは、使いやすさ、安全性とともに、モーター・サイクルの原点としての「走るための機能」を最重点に設計した、シンプルで新しい感覚の2輪車です。


発売日  昭和51年4月26日
価 格  CJ250T  259,000円    
      CJ360T  265,000円    
              (標準現金価格)
生産計画  月産       3,000台
          (2機種で、輸出を含む)


〔主な特徴〕

〈性能・機能関係〉
1. OHC4ストローク2気筒エンジン(CJ250T:249cc 26馬力、CJ360T:356cc 31馬力)に、2 into 1の集合排気システムを採用。排気脈動効果により低中速回転時の高い出力と、低い騒音レベルが得られました。
2. 車体側に深くたたみ込める、軽く使いやすいキック・アーム。さらにチェンジ・ペダルは操作しやすい大型です。
3. 前輪のクッション・ストロークは140mmと長くとり、乗り心地と操安性を配慮しました。ボトム・ケースは精悍なブラック塗装です。
4. 操安性に優れ、乗り心地も良好な、ダンピング・フォースの高い後輪クッションを採用しました。
5. 後輪タイヤに新パターンを採用。コーナリング時にも接地面積が大きく、ロード・グリップに優れ、安定した性能を発揮します。
6. スポーティーで軽量なフロント・フェンダーを採用しました。
7. シャープなサイド・ラインのフューエル・タンクと、スリムで低いシートなどにより、足がつきやすくニー・グリップも楽なライディング・ポジションです。

〈取り扱い性と安全への配慮〉
1. メイン・スイッチはハンドル上面中央の操作しやすい位置に設置。使いやすい両面キイです。
2. 大容量14L燃料タンクには、シンプルな外観をそこなわない、フラットなキイ付リッド(蓋)タイプを採用しました。
3. シート後方には、便利で容量の大きいコンパートメント・ボックスを装備。手まわり品やレイン・コートなどを収納できます。
4. バック・ミラーを左右とも標準装備するなど、安全性を十分配慮した2輪車です。


CJ250T,CJ360T 主要諸元
 
CJ250T
CJ360T
全長(m)

2.100

全幅(m)

0.790

全高(m)

1.125

軸距(m)

1.375

車両重量(Kg)

174

燃費(Km/L)
40(50Km/h定地走行テスト値)
38(60Km/h定地走行テスト値)
エンジン形式

空冷4ストロークOHC2気筒

総排気量(cc)
249
356
内径×行程(mm)
56.0×50.6
67.0×50.6
圧縮比
9.5
9.3
最高出力(PS/rpm)
26/9,500
31/9,000
最大トルク(Kg-m/rpm)
2.0/8,500
2.6/7,500
キャブレター

CVバタフライ型

始動方式
キック式
キック式
燃料タンク容量(L)
14
14
変速機形式

常時噛合式5段リターン

1次減速比

3.714

変速比 1速
2.500
2.437
2速
1.750
1.666
3速

1.375

4速

1.111

5速

0.965

最終減速比
2.312
2.062
フレーム形式

セミ・ダブル・クレードル

キャスター(度)
63°30′
63°30′
トレール(mm)
85
85
タイヤサイズ (前)

3.00S18-4PR

(後)

3.50S18-4PR

ブレーキ形式 (前)

油圧式ディスク

(後)

ロッド式リーディングトレーリング



プレスルームへプレスインフォメーションへ