MENU

HONDA

検索


プレスインフォメーションへ
1973年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1973年の目次へ

二輪製品ニュース
1973年9月11日
新発売 ホンダドリームツインシリーズCB360T
本田技研工業(株)では、この度、ツインシリーズ車第2弾としてホンダドリームツインシリーズCB360Tを新発売いたします。

この車は、ベイシックな中型スポーツ車を目的として開発されたもので、伝統的なツインエンジンをベースに動力性能の向上とモーターサイクルの持つダイナミック感をより強調した設計です。 また、扱いやすさ、安全性の上でもより充実させました。

〈特 徴〉
◎4サイクルOHCツインエンジンのパワーをフルに引き出せる6段ミッション
◎ダイナミック感あふれるスタイル
◎より充実した安全対策・装備

発売日   昭和48年9月12日
価 格   253,000円
生産計画  月 産 15,000台
          (輸出を含む)

〈主な特徴〉

[エンジン]
新設計の4サイクルOHC直立2気筒エンジン  最も使用頻度の高い回転域で大巾にトルクアップした設計は、低速から高速まで、ムラのない性能が得られます。
6段ミッションを採用  オーバートップタイプの6段ミッションは、フラットトルクエンジンとの組合せで、スムーズにパワーが引き出せます。
アイドルリミッター装備のキャブレター採用
潤滑系に、信頼性の高いトロコイドポンプを採用

[取扱性の向上]
○ホイールベースの延長とハンドルまわりの軽量化により走行安定性が向上
○見やすい集合配置のパイロットボックス
○重量感のある音色のマフラー
○スノーチェン装着可能

[安全対策]
○明るいヘッドライト(50W)
○ブレーキ・ライニングの磨耗限界を知らせるブレーキウォーニングの採用
○レーンチェンジ用シグナルスイッチの採用
○大型のバックミラーを左右に装備
○作動がより確実な強制開閉式キャブレターを採用
○ヘッドライト、テールランプを別系統にし、系統に分けられたヒューズ

[デザイン]
流れるようなイメージでダイナミック感と軽快さを強調するタンク、サイドカバー、シート類
剛性アップをはかり、パイプ構成の美しさを生したアーチ型パイプフレーム
フロントフォークまわりを、軽快なデザイン一新
軽快感を与えるテールアップマフラー


CB360T 主要諸元
全長 (m) 2.050
全巾 (m) 0.775
全高 (m) 1.125
軸距 (m) 1.345
総排気量 (cc) 356
整備車両重量 (Kg) 172
タイヤ (前輪) 3.00-18-4PR
タイヤ (後輪) 3.50-18-4PR
最低地上高 (m) 0.160
最高速度 (Km/h) 160(1人乗り)
燃料消費率 (Km/L) 35 (60Km/h)
制動停止距離 13.5(50Km/h)
登坂能力 0.37
始動方法 キック式セル式併用
エンジン形式 直2横置4サイクルOHC
内径×行程 (mm) 67.0×50.6
圧縮比 9.3
最高出力 (PS/rpm) 31/9,000(JIS)
最大トルク (kgm/rpm) 2.6/8,000(JIS)
キャブレター CVバタフライ型
変速比 (1速) 2.500
変速比 (2速) 1.750
変速比 (3速) 1.375
変速比 (4速) 1.111
変速比 (5速) 0.965
変速比 (6速) 0.866
懸架方式 (前) テレスコピック式
懸架方式 (後) スイングアーム式
フレーム形式 セミダブルクレードル

外観四面図 ホンダドリームCB360T
走行性能表


プレスルームへプレスインフォメーションへ