MENU

HONDA

検索


プレスインフォメーションへ
1972年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1972年の目次へ

二輪製品ニュース
1972年8月19日
ホンダベンリイ
CB125JX/CB125
新発売

 当社は、ホンダベンリイ〈CB125〉を全面的にモデルチェンジし、メカニズムを強調した若々しい感じの〈CB125JX/CB125〉として新発売いたします。CB125JXはメカニカル方式によるMKディスクブレーキを装着し、制動能力とブレーキフィーリングの向上を 計っています。

ベンリイCB125 ベンリイCB125
  ベンリイCB125
ベンリイCB125

《設計上のポイント》

○全体にメカニズムにあふれた外観
○軽量化と扱い易さの向上
○騒音対策の充実  

発売日 47年8月21日  
価 格 CB125JX 163,000円
  CB125 155,000円
    (全国標準現金価格)
生産計画 月 産 2,000台

《主な特徴》

◎メカニカルでフレキシブルなエンジン
軽快な加速レスポンス・確実なチェンジフィーリング‥‥‥‥‥‥新しいギャレシオの5段レターン式で加速性能が向上しました。またニュートラル節度とチェンジフィーリングが確実です。
メカニカルなムードのパワーユニット‥‥‥全体にバフ仕上げを施し、メカニカルなムードを強調しています。シリンダヘッド、クランクケースカバーなどのデザインも一新。

◎使い易さと安全性の向上
確実な制動能力を発揮するホンダ独自のMKディスク‥‥‥CB125JXには、フロントにメカニカル方式のMKディスクブレーキを装備。制動能力とブレーキフィーリングの向上を計り、高速からの制動に安全性を高めました。
見易いメーター、疲れを感じさせないライデング・ポジション‥‥‥ハンドルの高さとステップ位置の関係を改良し、ロングツーリングにも疲れを感じさせません。メーターはライダー側に傾斜させ見易すくセッティングしました。
完全防水のツールトレイ‥‥‥シート下に書類入れを設け小物や携帯書類が入るように考慮しました。シートも横開きとし、小物の出し入れやバッテリーのメンテナンスも容易です。防水対策も万全です。
軽く、扱い易いフレーム‥‥‥フレーム本体の各部、フロント・スポークリムなどで小型化、軽量化を計り、扱い易さを向上。リヤクッションは複筒式で5段調整が可能です。クラッチワイヤーを樹脂コーティングして握力の減少を計り、またタンクの上部にラバーパットを取り付け安全性を高めています。

◎騒音対策も一段と充実
カムスプロケットの側面に特殊ゴムを設け、さらにカムチェンオイルポットを設けて、カムチェン音の減少を計っています。
マフラー内部は新構造とし、排気音は音色の面でも、聞き易い低周波音にしました。
 


主要諸元
全長 (m) 1.905
全巾 (m) 0.725
全高 (m) 1.030
最低地上高 (m) 0.140
車量重量 (Kg) 125
燃費 (km/L) 55(50km/h)
登坂能力 (tan) 0.33(約18.5度)
制動停止距離 (m)   13.5(初速50km/h)…ディクブレーキ仕様
14.5(初速50km/h)
エンジン型式 4サイクルOHC2気筒2キャブ
排気量 (cc) 124
最高出力 (PS/rpm) 14/10,500
最大トルク (Kgm/rpm) 1.0/9,000
始動方式 キック・セル併用
変速機型式 前進5段リターン
変速比 1速 2.615
2速 1.611
3速 1.182
4速 0.958
5速 0.808
ブレーキ型式   (前) メカニカル※ニリーティング
(後) リーディングトレーリング
懸架方式   (前) テレスコピック
(後) スィングアーム
タイヤサイズ   (前) 2.50-18(4PR)
(後) 2.75-18(4PR)
※印はCB125

ホンダベンリイCB125JX 外観四面図

プレスルームへプレスインフォメーションへ