MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1972年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1972年の目次へ

二輪製品ニュース
1972年2月28日
〈新製品ご案内〉
ホンダドリーム
CB250/350エクスポート
CB250/350セニア 新発売

当社はこのたび、永い歴史をもち、ホンダの代表的ロードスポーツとして親しまれている“ホンダドリームCB250/350エクスポート・セニア”を
より静かに (定速時69ホン…規制値74ホン)
より乗り易く (常用走行重視設計)
より安全に (ヘルメットホルダー、速度警告灯の装備)
をはかり、デザインを一新して発売いたします。

これにより、当社の2輪車の全製品にヘルメットホルダーが、126cc以上の機種に速度警報装置が装着されました。

発売日 昭和47年3月1日
価 格
CB250エクスポート  \202,000
CB350エクスポート \209,000
CB250セニア \217,000
CB350セニア \224,000
          (全国標準現金価格)
生産計画  月産 15,000台(輸出含み)

〈主な変更内容〉
静かなオートバイ
  ・エアクリーナー及びマフラーの内部構造の変更により、一段と静かになりました。
 (定速時69ホン…従来は76ホン)
 
乗り易く、疲れの少ない
  ・エンジン   ………… 最高出力・最高速を抑え、中・低速を重視した設計で、通常走行で一層乗り易くなりました。
  ・前後サスペンション…… いずれも衝撃吸収力の優れたタイプに変更、乗り心地と走行安定性の向上をはかりました。
  ・ハンドル形状変更により、適確なハンドル操作、乗車姿勢がとれます。
 (ハンドル外径730mm……従来は700mm)
  ・シート形状  ………… キルトパターン地と細身のデザインにより、乗り心地向上と、疲労の少ないシートとなりました。さらに、シート底部に便利な書類入れを新設。
 
安全への配慮
  ●ヘルメットホルダー…… ヘルメット着用の便宜をはかるために装着。これにより、すべてのホンダ2輪車に装備されることになりました。
  ●速度警告灯 ………… 80km/h以上の走行で赤色に点灯し、ライダーに安全運転を促します。
  ●イグニッション…………
 キルスイッチ
ハンドル手元に装着。緊急時、瞬時にエンジンをストップすることができます。
  ○尾灯及び側面 ………
 反射鏡の大型化
夜間の被視認性向上により安全性が高まりました。
 
タンクデザインの一新
    白と黒のシャープなストライプを配したデザインで、軽快なイメージを強調しました。
(●印:セニアタイプには実施済)

・主要諸元へ


プレスルームへプレスインフォメーションへ