MENU

HONDA

検索


プレスインフォメーションへ
1971年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1971年の目次へ


二輪製品ニュース


1971年3月2日
ホンダドリーム CB500 Four新発売

当社では、新しいタイプのスポーツ車 CB500Fourを4月1日より、全国一斉に発売い たします。この新機種は、大型クラスとは思えない取り扱い易さと積極的な安全への配慮が十分に加えられています。

CB500FOUR CB500FOUR
CB500FOUR

発売日  4月1日
価 格  335,000円
     (全国標準現金価格)
生産計画 月産 6,500台
     (輸出を含む)

〈CB500 Fourの主な特徴〉

◎新しい技術を盛り込んだ大型クラス
4気筒、OHCエンジン……特許申請中のカム軸受加工方式を採用することにより、軽量化と小型化に成功した並列4気筒、OHCの高性能エンジンです。  安全な追い越し加速と十分な余裕馬力。加えて4サイクル特有の巾広いトルク特性をフルに引き出す5段ミッションを装備しています。
強制開閉装置式キャブレターを採用……スロットル・バルブの開閉に、独自のリンク機構(連結装置)を採用。特に閉じるとき、独立した2系統の戻し機構になっているため、より安全で確実なスロットル操作を可能にしています。
4キャブレター、4マフラーを装備……各シリンダーに独立したキャブレター、エキゾーストパイプ、マフラーを装備することにより、吸排気効率を高めるとともに、半球形燃焼室の採用 によって燃焼効率を向上させています。
ボデー……軽くコンパクトな車体は、大型クラスとは思えない取り扱い易さで市街地走行から高速走行まで安定した操縦性を示します。

◎安全で、且つ取り扱い易さを配慮して
ヘルメット・ホルダー……ライダーの安全と便宜をはかって実用 新案のヘルメット・ホルダーを採用。(別紙参照)
速度警告灯……スピードメーターの目盛りは80Km/h以上を赤色にし、スピードの警告をしますが、さらに適確に注意をうながすため80Km/h以上で警告灯が点灯します。 (CB750、CB450にも採用済)
前輪ディスク・ブレーキ……とくに高速時での安定した制動能力を示します。
ライディング・ポジション……蓄積された開発経験から、安全で疲れの少ない理想的な設計になっています。
パッシング・スイッチ……ホーンボタンと兼用で横に押すとメイン・ランプが点滅して、追い越しのときなど前のクルマに注意をうながします。2輪車には、はじめて採用。
パイロット・ランプ・パネル……ウィンカー、ハイビーム、オイル、ニュートラルの各ランプを見易い位置にまとめて設置しました。
大型ヘッド・ランプ……ハイビーム50W、ロービーム40W、有効径170φの明るく照射範囲の広いランプを採用。(CB750と同じもの)
ポジション・ランプ……薄暮時、クルマの所在を明確にし安全です。
イグニッション・キルスイッチ……ハンドルの右側には、非常停止用スイッチが装備されていますので、万一の場合でもハンドルから手を離すことなく、すばやくエンジンを止めることができます。
フロントブレーキのストップスイッチ……フロントブレーキを作動させてもストップランプが点灯し、追突防止に有効です。

◎新しい騒音規制に合せた静かなクルマ

マフラーの内部構造の改良、上下のマフラーの連結による大型消音室で排気騒音を減少、エンジ ンの機械音の減少などによって不快音のない静かな走行音になっています。
なお、4月1日より施行される「新型車への騒音規制」を満足しています。

エンジン性能表/走行性能表/諸元表

外観四面図 ホンダドリームCB500



プレスルームへプレスインフォメーションへ