MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

1969年09月16日

ニュータイプ ホンダドリームCB450新発売 ホンダドリームCB450エクスポート

昭和42年11月より発売した〈ホンダドリームCB450〉は、
 エンジン DOHC 45馬力
 最高時速 180Km
 0-400m加速 13.2秒
という高性能で、世界各国より“オートバイの王様”として高い評価を受けてまいりました。

 当社では、このたび、高速道路網の整備に伴い、さらに高速走行時の安定性向上を目的とし、キャスター、トレールを変更いたしました。しかも、ぴったりとフィットするタックロール付シー トの新採用により、長時間連続走行にも疲れません。
 同時に、カラフルなタンクで、鮮かなストライプの入った〈ホンダドリームCB450エクス ポート〉を新たに誕生させ、CB450は2車種になりました。

価格・発売時期

ホンダドリームCB450
¥268,000 発売 9月17日

ホンダドリームCB450エクスポート
¥268,000 発売 9月17日

(価格は全国標準現金正価、従来型の据置きです)

生産計画は当初月産4,000台(輸出・国内とも)を予定しております。

諸元変更点

  CB450,CB450エクスポート 旧型
キャスター 62°30′ 64°
トレール 104mm 80mm
タンク容量 12.5L 12.5L
13.5L(エクスポートのみ)  

(フロントフォーク・オフセット変更のため、全長、全高は変りません)

デザイン一新・出力向上! ―豪華なオートバイの王様―
新型 ホンダドリームCB450

全国標準現金正価 ¥268000
発売時期 11月1日

独得のDOHCエンジンを搭載した、高速、高性能の大型モーターサイクル。豪快でダイナミッ クな迫力を持つデザイン、機動性あふれる王者の風格。エンジン、フレームともすべてに一段と磨きをかけました。

ホンダドリームCB450は、昭和40年4月の国内販売とともに輸出を開始、「オートバイの 王様」として全世界から高く評価され、そのほとんどが最も機動性を必要とする各国警察の白バイ用として、「輸出の花形」の名をほしいままにしております。

特長

  • 最高出力45馬力! 最高速度180km/h!
    リッター当り101馬力の驚異的出力。これこそホンダの技術の結晶4サイクル2気筒DOHC エンジンの成果です。
  • 0-400m加速13.2秒!
    世界最高の驚異の加速。世界GP出場の技術をいかんなく発揮。追越し加速にも他車の追従を許 さない機動力です。
  • リターン式5段ミッション
    あららゆる走行条件に合わせ、常に理想的なギアレシオが選べ、高出力のエンジン特性をフルに 発揮します。
  • ニュータイプのオイル、高圧窒素併用式リアサスペンション
    モーターサイクルに始めて登場、高速コーナリング、悪路走行などには抜群のロードホールディ ングを発揮、乗心地も飛躍的に向上しました。

各部の特長

〔エンジン〕

  • 性能向上、馬力アップ!
    貴重なレース経験から生まれた高水準の技術をいかし、吸排気バルブ系,燃焼室の改良などの結 果,低速から高速域に至る吸排気効率の向上をはかりました。
  • トーションバー式バルブスプリング
    動弁機構がコンパクトにまとまり,高速回転で安定した性能を発揮します。バルブまわりの優れ た整備性は既に定評あるところです。
  • ぜいたくなニードルローラーベアリング
    クランク軸受は新型式のニードルローラーベアリングを使った4点支持。ミッション主要部に至 るまでの軸受も,ニードルローラーベアリングで,回転はなめらか。馬力ロスが少く,高速走行,過酷な走行にも一層耐久性を増しました。
  • 完壁なオイル潤滑
    プランジャーポンプによる強制給油方式で,濾網式,遠心式による効率の高い二重濾過。連続高 速回転にも,全く不安のない潤滑方式です。
  • 湿式多板大容量
    クラッチ つながりはスムーズでショックは少く,市街地走行や山坂道での酷使に耐え,無類の耐久性を誇ります。
  • 負圧サーボ式2連キャブレター
    低速から高速まで走行状態に応じたムラのない吸気が得られ,急加速時のツキもまつたくスムーズ。
  • 静かで効率のよいエアクリーナー
    2連のエアクリーナーは樹脂一体成形のサイレンサー内に収容,吸入音を消し,左右連通のため 吸入のバランスがよく,濾過面積も有効に働き,吸入効率も抜群です。

〔フレーム〕

  • セミ5ブルクレードル式フレーム
    パイプ径を増し,ねじれ剛性を高め,フロントアライメントの改良,ホイールベースの延長(2 5mm)とあいまって,高速時の操縦安定性は格段に向上した。
  • 疲れ知らずのライディングポジション
    ハンドルは横巾,高さを大きくしたセミアップ型。シート,メーター,スイッチ,ペダルなどと ともに人間工学にもとずき操作のしやすさを追求。防震対策にも細かな配慮がなされ,敏捷な運転ができ,長距離連続運転にも疲れません。
  • 安定のよいテレスコピックサスペンション
    フロントフォークには,精悍で安定のよいテレスコピックサスペンション,フロントアライメン トの変動が少く,ショック吸収,路面追従にすぐれています。ボトムケースはバネ下重量の少いアルミ合金製,剛性を高め作動性も改良,適正なトレール寸法と相まって,操縦安定性を高めました。
  • リヤサスペンションはオイル・高圧窒素併用式
    オイルと高圧窒素ガスを併用,泡だちによる減衰作用のロスがなく,温度変化の影響,オイルの 疲労が少い。耐久性にすぐれ,路面への追従性がよく,走行安定性は抜群。ロールスロイス,ベンツなどの高級車にのみ採用されています。
  • セーフティな大径タイヤ
    路面グリップにすぐれ,ウエットホールディング(濡れた路面での食いつき)もよく安全です。 フエンダーとのクリアランスを大きく設計,4.00-18まで装着可能。スノーチェンにも十分の余裕があります。
  • チェンジのフィーリング向上
    シフトドラムにボールベアリングを使用。ストッパーに新機構を採り入れ,確実に軽く作動しま す。また,チエンジの飛越しに対しても特に考慮が払われ高速走行においても,安全に操作できます。
  • メーターはセパレートタイプ
    メーター類は独得の野性的な外観を強調し,機能的なムードを出す独立型。確認容易で,スポー ツキットの取付を容易にしました。
  • 簡易な保守点検機構
    シートはワンタッチ後方開閉式で,その直下にバッテリー及電装品をまとめて配置,しかもエア クリーナーカバーも簡単に取り外せ,各部品の保守点検が極めて容易です。
  • すべてに完壁な安全設計
    フロントブレーキは強力で確実な大径2リーディング式。ライト類は乗用車並みの大型。走行中 の操作はすべて手元に集め,しかも,レバーの先端はボール状,ペダル類など突起物には丸味をつけ,安全上の配慮がゆきとどいています。

〈昭和44年9月4日〉
HONDA 1300 販売好調 8月度登録3,859台!
―N360伸長率 133.3%―

  • HONDA 1300 の生産販売は順調に推移し、8月度生産は4,024台(前月1,691台)、登録は3,859台(前月985台)391.8%と大巾な増加を示しました。
  • ホンダNシリーズの8月度届出は、24,072台(前月27,003台)前月比89.1% でありましたが、これは季節的要因によるもので、前年同月比に於ては115.2%と増加を示しております。これにより本年1~8月の届出累計は214,827台(前年184,711台)116.3%と軽自動車需要拡大の方向を示しております。
  • 乗用車N360は15,005台(前月17,810台)前月比84.3%でありましたが、前年同月比124.8%(前年同月12,019台)1~8月累計に於ては131,592台 (前年98,734台)伸長率133.3%と極めて顕著な伸びを示しました。
  • 商業車LN360、TN360は9,067台(前月9,193台)前月比98.6%、前年 同月比102.2%に推移いたしました。

Nシリーズ届出推移

  1~8月累計 A/B%φ
本年(A) 占拠率% 前年(B)
合計 214,827 31.1 184,711 116.3
乗用車N360 131,592 40.3 98,734 133.3
ライトバンLN360 33,655 21.3 34,005 99.0
トラックTN360 49,580 24.0 51,972 95.4

8月度届出実績

  8月台数 7月台数 前月比 前年8月台数 前年8月比
乗用車N360 15,005 17,810 84.3 12,019 124.8
ライトバンLN360 3,650 3,638 100.3 3,576 102.1
トラックTN360 5,417 5,555 97.5 5,296 102.3
24,072 27,003 89.1 20,891 115.2
  • 8月度4輪車輸出は2,791台(前月2,100台)、2輪車輸出は80,863台(前月73,527台)でした。

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。