MENU

HONDA

検索


プレスインフォメーションへ
1968年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1968年の目次へ

二輪製品ニュース
1968年11月1日
デザイン一新・出力向上!
―豪華なオートバイの王様―
新型 ホンダドリームCB450

全国標準現金正価 ¥268000 発売時期 11月1日
独得のDOHCエンジンを塔載した、高速、高性能の大型モーターサイクル。豪快でダイナミッ クな迫力を持つデザイン、機動性あふれる王者の風格。エンジン、フレームともすべてに一段と磨きをかけました。

ホンダドリームCB450は、昭和40年4月の国内販売とともに輸出を開始、「オートバイの 王様」として全世界から高く評価され、そのほとんどが最も機動性を必要とする各国警察の白バイ用として、「輸出の花形」の名をほしいままにしております。


〔特長〕

◇最高出力45馬力! 最高速度180km/h!
リッター当り101馬力の驚異的出力。これこそホンダの技術の結晶4サイクル2気筒DOHC エンジンの成果です。

◇0−400m加速13.2秒!
世界最高の驚異の加速。世界GP出場の技術をいかんなく発揮。追越し加速にも他車の追従を許さない機動力です。

◇リターン式5段ミッション
あららゆる走行条件に合わせ、常に理想的なギアレシオが選べ、高出力のエンジン特性をフルに発揮します。

◇ニュータイプのオイル、高圧窒素併用式リアサスペンション
モーターサイクルに初めて登場、高速コーナリング、悪路走行などには抜群のロードホールディングを発揮、乗心地も飛躍的に向上しました。


〔各部の特長〕

  〔エンジン〕

◇性能向上、馬力アップ!
貴重なレース経験から生まれた高水準の技術をいかし,吸排気バルブ系,燃焼室の改良などの結果,低速から高速域に至る吸排気効率の向上をはかりました。

◇トーションバー式バルブスプリング
動弁機構がコンパクトにまとまり,高速回転で安定した性能を発揮します。バルブまわりの優れた整備性は既に定評あるところです。

◇ぜいたくなニードルローラーベアリング
クランク軸受は新型式のニードルローラーベアリングを使った4点支持。ミッション主要部に至るまでの軸受も,ニードルローラーベアリングで,回転はなめらか。馬力ロスが少く,高速走行,過酷な走行にも一層耐久性を増しました。

◇完壁なオイル潤滑
プランジャーポンプによる強制給油方式で,濾網式,遠心式による効率の高い二重濾過。連続高速回転にも,全く不安のない潤滑方式です。
◇湿式多板大容量クラッチ
つながりはスムーズでショックは少く,市街地走行や山坂道での酷使に耐え,無類の耐久性を誇ります。

◇負圧サーボ式2連キャブレター
低速から高速まで走行状態に応じたムラのない吸気が得られ,急加速時のツキもまったくスムーズ。

◇静かで効率のよいエアクリーナー
2連のエアクリーナーは樹脂一体成形のサイレンサー内に収容,吸入音を消し,左右連通のため吸入のバランスがよく,濾過面積も有効に働き,吸入効率も抜群です。


  〔フレーム〕

◇セミダブルクレードル式フレーム
パイプ径を増し,ねじれ剛性を高め,フロントアライメントの改良,ホイールベースの延長(25mm)とあいまって,高速時の操縦安定性は格段に向上した。

◇疲れ知らずのライディングポジション
ハンドルは横巾,高さを大きくしたセミアップ型。シート,メーター,スイッチ,ペダルなどとともに人間工学にもとずき操作のしやすさを追求。防震対策にも細かな配慮がなされ,敏捷な運転ができ,長距離連続運転にも疲れません。

◇安定のよいテレスコピックサスペンション
フロントフォークには,精悍で安定のよいテレスコピックサスペンション,フロントアライメントの変動が少く,ショック吸収,路面追従にすぐれています。ボトムケースはバネ下重量の少いアルミ合金製,剛性を高め作動性も改良,適正なトレール寸法と相まって,操縦安定性を高めました。

◇リヤサスペンションはオイル・高圧窒素併用式
オイルと高圧窒素ガスを併用,泡だちによる減衰作用のロスがなく,温度変化の影響,オイルの疲労が少い。耐久性にすぐれ,路面への追従性がよく,走行安定性は抜群。ロールスロイス,ベンツなどの高級車にのみ採用されています。

◇セーフティな大径タイヤ
路面グリップにすぐれ,ヴェットホールディング(濡れた路面での食いつき)もよく安全です。フエンダーとのクリアランスを大きく設計,4.00−18まで装着可能。スノーチェンにも十分の余裕があります。

◇チェンジのフィーリング向上
シフトドラムにポールベアリングを使用。ストッパーに新機構を採り入れ,確実に軽く作動します。また,チェンジの飛越しに対しても特に考慮が払われ高速走行においても,安全に操作できます。

◇メーターはセパレートタイプ
メーター類は独得の野性的な外観を強調し,機能的なムードを出す独立型。確認容易で,スポーツキットの取付を容易にしました。

◇簡易な保守点検機構
シートはワンタッチ後方開閉式で,その直下にバッテリー及電装品をまとめて配置,しかもエアクリーナーカバーも簡単に取り外せ,各部品の保守点検が極めて容易です。

◇すべてに完壁な安全設計
フロントブレーキは強力で確実な大径2リーディング式。ライト類は乗用車並みの大型。走行中の操作はすべて手元に集め,しかも,レバーの先端はボール状,ペダル類など突起物には丸味をつけ,安全上の配慮がゆきとどいています。


●価格・発売時期

ホンダドリームCB450
   ¥268,000   発 売 9月17日

ホンダドリームCB450エクスポート
   ¥268,000   発 売 9月17日

(価格は全国標準現金正価、従来型の据置きです)

生産計画は当初月産4,000台(輸出・国内とも)を予定しております。

 

●諸元変更点
  CB450,CB450エクスポート
旧型
キャスター
62°30′
64°
トレール
104mm
80mm
タンク容量
12.5L
12.5L
13.5L(エクスポートのみ)
 
(フロントフォーク・オフセット変更のため、全長、全高は変りま せん)
CB450外観四面図


諸元表


 

 
m
全長 2.115
全巾 0.775
全高 1.090
軸距 1.375
最低地上高 0.140



kg

車両重量 175(乾燥)
乗車定員(人) 2

 
 
 

最高速度km/h 180
0〜400m加速 秒 13.2
舗装平坦路燃費率km/L 35(60km/h)
登坂能力° 20°
最小回転半径m 2.29
制動停止距離m 14.5(初速50km/h)

 
 
 

 
 
 

冷却方式とサイクル 空冷4サイクル
シリンダー数と配列 2気筒直立並列
弁配置 頭上2カム軸式
総排気量cc 444
内径×行程mm 70×57.8
最高出力PS/rpm 45/9.000
最大トルクkg-m/rpm 3.88/7,500
圧縮比 9.0
圧縮圧力kg/cm2 13.0/1000rpm
燃焼室形状 半球形
爆発間隔°  
クランク軸ベアリング形式 4点支持ニードルベアリング
カムチェンテンショナー装置 調整式
始動方式 セルモーター式 キック式併用
点火方式 バッテリー点火
点火時期 上死点前5°〜40°
点火コイル形式 直流式高圧コイル
点火プラグ型式 B-7ES
気化器形式と数 負圧サーボ式2個
空気清浄器形式 濾紙式2個
燃料タンク容量L 12.5
潤滑方式 強制飛沫併用式
油ポンプ形式 プランジャー式
油こし器形式 遠心式、金網式併用
潤滑油容量L 2.8
蓄電池電圧容量 12V 12AH
発電機形式 ローター型ACG


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

機関から変速機までの機構 歯車式
同上減速比 3.304
クラッチ形式 湿式多板
変速機形式 常時噛合式前進5段
変速機操作方式 左足動式
変速比1速 2.412
変速比2速 1.636
変速比3速 1.269
変速比4速 1.000
変速比5速 0.844
変速機から後車軸までの機構 チェン
同上減速比 2.333
かじ取角度 °
左右40°





キャスター° 64°
トレールm 0.080
タイヤサイズ
3.25-18 4PR
3.50-18 4PR





ブレーキの種類形式
内部拡張式
内部拡張式
操作方式
右手動式
右足動式





懸架方式
テレスコピック式
スイングアーム式
緩衝器形式
油圧式
油圧式
フレーム形式
セミダブルクレードル式
シート形式
ダブルシート
チェンケース種類
ハーフチェンケース

 

前照灯
V-W
12-35/25
尾 灯
V-W
12-7
兼用
灯火
番号灯
制動灯
V-W
(色)
12-23(赤)
方向指示器
V-W
(色)
12-10(橙)




プレスルームへプレスインフォメーションへ