MENU
HONDA
検索

ホンダホームページへ
モータースポーツへ
INFOSへ

 
FedEx Championship
INFOS_LOGO


2000 CARTチャンピオンシップシリーズ

第7戦 デトロイト(ミシガン州)

2000年 6月18日開催
天候:曇りのち晴れ  気温:25℃ コースコンディション:ドライ
観客:

 
シリーズランキング 前のレース 次のレース INFOS INDEX
 
     

エリオ・カストロ・ネベスがうれしい初優勝獲得
ホンダV8ターボ、ストリートコースで16連勝を達成


チームペンスキーにとって101勝目の優勝となった

第3戦のロングビーチに続き、第7戦は今年2度目となるストリートコースでのレース。舞台となるのはミシガン州デトロイトのダウンタウン近郊、ベル・アイル・パークで、公園内に仮設されたコースは約3.76km。レースは84周、約316kmに渡って行われる。

予選6月17日(土)
金曜日と土曜日の2回にわたって行われた予選で、昨年のデトロイトの覇者、ダリオ・フランキッティが73秒056のトップタイムをマークするも、その直後J.モントーヤがまったくの同タイムで並び、結局両者の2番目のタイムでわずかに上回ったモントーヤがポールポジション。フランキッティは2位となった。グリッド2列目、3位と4位はペンスキーのエリオ・カストロ・ネベスとジル・ド・フェランが並び、ホンダ勢が2、3、4位と上位に進出。現在ポイントリーダーのポール・トレイシーと、今回がCARTにおける初めてのストリートコースとなる中野信治はマシンのセットアップに悩み、19位と22位のグリッドを得る。


4位でフィニッシュしたフランキッティ

決勝6月18日(日)
朝から降っていた雨も上がり、昼前には路面も完全にドライとなったベル・アイル・パーク。厚い雲が覆う中、午後1時10分にグリーンフラッグが振られ、84周のレースがスタートした。スタートダッシュで予選2位のダリオ・フランキッティが猛然とトップのJ.モントーヤにチャージをかける。以下3位にエリオ・カストロ・ネベス、4位ジル・ド・フェランと続き、ホンダV8ターボエンジン勢は、序盤で2位から4位を占める。

25周前後からグリーン状態で各マシンが次々とピットインする中、素早いピットワークを見せたエリオ・カストロ・ネベスがダリオ・フランキッティの前でコースに復帰。その後レースも中盤に差し掛かろうとしていた32周目のターン8で、A.フェルナンデスが単独スピンし、マシンをコース上にストール。ここでこの日最初のフルコース・コーションとなる。

35周目でグリーンフラッグとなったものの、3位を走行していたダリオ・フランキッティにブレーキダクトのトラブルが発生して後退。フランキッティは我慢の走行を続けていたが、57周目にピットインして修復。

その後各マシンも2度目のピットが終り、トップのJ.モントーヤと約2秒程の間隔でカストロ・ネベスが追う。しかし61周目、レースをリードしていたモントーヤが突如CVジョイントのトラブルでピットインし、そのまま戦線から離脱。2番手に付けていたエリオ・カストロ・ネベスが難なくトップに立った。

リーダーとなったエリオ・カストロ・ネベスは、後半大きなトラブルに見まわれることも無く、快調にトップをキープ。2位パピスの追撃をものともせず、最終的にその差を4.767秒とし、独走でチェッカーを受けて優勝。今年からホンダエンジンユーザーとなったエリオ・カストロ・ネベスはCARTシリーズ参戦3年目にして悲願の初勝利を獲得した。

また、トラブルを抱えながらも最後までレースを諦めなかったフランキッティは4位入賞。61周目にスピンしたC.フィッティパルディと接触し、大幅に順位を落としたド・フェランもその後しぶとく走り、9位でチェッカーを受けてポイントを獲得した。


初の市街地でのレースとなった中野

中野信治は前半の28周目にコース上でスピン、ウイングにダメージを負いピットインを余儀なくされ、5周遅れの21位となってしまう。しかしその後も戦線を離れることなくレースを続行、最終的に15位までポジションを上げてレースを完走した。

予選19位からスタートしたポール・トレイシーは、一時6位までポジションを上げたが、58周目のピットインの際、隣のピットから出ようとしたジル・ド・フェランのマシンとニアミス。ピットにうまく入ることができず、マシンの右フロントがクルーと接触。幸いクルーは軽傷で済んだが、トレイシーはこれがもとで失格となってしまい、20位でレースを終えたが依然ポイントリーダーの座を守っている。

デトロイト3連勝を達成したホンダは、ストリートコースで1998年から16連勝をマーク。今シーズンの7戦中、3勝目を獲得した。

次戦は1週間後、6月25日にオレゴン州ポートランドの“ポートランド・インターナショナル・レースウェイ”で開催される第8戦“Budweiser/G.I.Joe 200”。今までの7戦で毎回ウイナーが変わる激戦となっている今シーズン、初のロードコースとなる第8戦で、また新しいウイナーが登場するかもしれない。


初優勝となったカストロ・ネベス

H.カストロ・ネベス(優勝)
チームはほんとうに素晴らしい車を用意してくれたし、ホンダエンジンも最高だった。ほとんど完璧なレースだったが、あえていうとすれば、序盤から燃費をセーブするために押さえて走らなければならなかったことぐらいかな。2回目のピットの後にスパートをかけるつもりでいたんだけど、結局、目の前には誰もいなくなったというわけさ。今日は、僕の夢がやっとかなった日だよ。ほんとうに素晴らしい気分だ。

中野 信治(15位)
今日は決して楽なレースではなかったですね。この週末マシンがずうっとナーバスで、原因がつかめないままレースになってしまったというかんじです。僕にとって今回がCARTで初めてのストリートコースであり、多くのことを学ぶことができました。次はマシンの調子を早く取り戻し、初めてのロードコースとなるポートランドに備えたいと思います。

朝香充弘HPD副社長
エリオは初日からずうっと調子が良かったので、いけるな、と思っていました。この前のジルの優勝といい、今年からわれわれと一緒になったペンスキーが2台とも優勝してくれたのは本当にうれしいですね。また、ダリオも調子を上げてきたので、今後に期待できます。これからロードコースやストリートコースが続くので、この勢いを維持していきたいですね。

     
 

 

  CARTチャンピオンシップ 第7戦 結果表  

POS DRIVER ENTRANT/ENGINE STATUS
1 H.CASTRO-NEVES Marlboro Team Penske/HONDA - mph
2 M.PAPIS Team Rahal/Ford Cosworth 4.415sec
3 O.SERVIA PPI Motorsports/Toyota 10.465sec
4 D.FRANCHITTI Team KOOL Green/HONDA 13.637sec
5 P.CARPENTIER Player's/Forsythe Racing/Ford Cosworth 25.313sec
6 A.TAGLIANI Player's/Forsythe Racing/Ford Cosworth 26.402sec
7 J.VASSER Target/Chip Ganassi Racing/Toyota 51.256sec
8 M.JOURDAIN Jr. Bettenhausen Motorsports/Mercedes-Benz 68.040sec
9 G.DE-FERRAN Marlboro Team Penske/HONDA 1Lap
10 T.MARQUES Dale Coyne Racing/Ford Cosworth 2Laps
11 M.BLUNDELL PacWest Racing Group/Mercedes-Benz 3Laps
12 T.KUROSAWA Dale Coyne Racing/Ford Cosworth 3Laps
13 M.ANDRETTI Newman/Haas Racing/Ford Cosworth 4Laps
14 N.FONTANA Della Penna Motorsports/Toyota 6Laps
15 S.NAKANO Walker Racing/HONDA 6Laps
16 M.GUGELMIN PacWest Racing Group/Mercedes-Benz 6Laps
17 R.MORENO Patrick Racing/Ford Cosworth 19Laps
18 J.MONTOYA Target/Chip Ganassi Racing/Toyota 23Laps
19 C.FITTIPALDI Newman/Haas Racing/Ford Cosworth 24Laps
20 P.TRACY Team KOOL Green/HONDA 27Laps
21 A.FERNANDEZ Patrick Racing/Ford Cosworth 53Laps
22 L.GARCIA Jr. Arciero Project Racing Group/Mercedes-Benz 59Laps
23 C.DA-MATTA PPI Motorsports/Toyota 70Laps
24 K.BRACK Team Rahal/Ford Cosworth 74Laps
(参考:1mile=1.609344km)

 

無断転載を禁止します。