MENU
HONDA
検索

ホンダホームページへ
モータースポーツへ
INFOSへ

 
Individual Trial World Championship
INFOS_LOGO


2000 トライアル世界選手権シリーズ

第2戦 ポルトガル

2000年 3月25〜26日開催
天候:晴れときどき曇り/晴れ  気温:10〜15℃/15〜20℃
観客:5,000人/10,000人

 
シリーズランキング 前のレース 次のレース INFOS INDEX
 
     

DAY1 ホンダモンテッサチーム、再び表彰台を独占!
DAY2 ランプキン優勝、藤波が同点クリーン差で惜しくも2位に!


藤波のパフォーマン スが観客を魅了

第1日目
第2戦のポルトガル大会。セクションは連日の雨でとてもグリップが悪い状態だった。

一週間前の第1戦に引き続いてドギー・ランプキンは圧倒的強さで連勝を続け、第1日目は2位の半分以下の減点数で勝利を得ることになった。今シーズンはジュニアクラスのためにセクションレベルを合わせたためか、1ラップ目のセクションはさほど難しくなかった。トップライダーにとっては易しい設定のセクションなので上位ライダー達は多くのクリーンを出してゆく。

コロメはスタート直前からマシンの調子が良くなかった。第9セクションで5点を取り、慌ててパドックに戻る。そして電装関係パーツを交換することになり修理に時間を費やしてしまった。

藤波はとても難しい第12セクションをクリーンするなど藤波らしいパフォーマンスを発揮して好調である。そして第1ラップの藤波は12点で第2位にいた。

第11セクションで5点のミスをしてしまったランプキンだが、1ラップ目6点でトップに立つ。そしてトラブルに悩まされたコロメがこれを追う。そして4番手にはマーク・フレイチャ(ガスガス)がこれを追った。


連勝するランプキン

さて、第2ラップ目は持ち時間に追われて各ライダーは急いでセクションを消化してゆく。慌ただしいトライの中でもランプキンは安定した走りを続ける。たとえ失点しても5点や3点はとらず、最小限の足つきでセクションを攻略し続ける。藤波は第12セクションで5点をとったのが痛かった。

マシントラブルで遅れをとったコロメは最後尾のトライを続けるが、第3セクションで5点をとったものの、以降点数をつめてゆき2位に浮上していった。

1ラップ目4位にいたフレイチャは2ラップ目に減点を増やして7位に。第4位はカベスタニー、そして5位に黒山が入った。

第2日目
2日目のセクションは、第6、10、13、14セクションがモディファイされる。変更された第6セクションは出口の巨大な岩盤がこの大会の見所であり、今大会の最大の難所、そして勝敗を左右するポイントになった。ここを上れたライダーはほんのわずかだ。何人かのライダーはあまりの難しさと危険さにトライを諦め、エスケープしたいほどである。

ここを最初に成功したのは藤波貴久。藤波はセクションを出口付近で足をつき1点で通過。藤波のパフォーマンスに観客の拍手と「フジガス」コールはしばらく止まらなかった。

コロメと黒山健一(ベータ)とフレイチャはここを2点で通過する。その他のライダーはランプキンも含めてすべて5点である。

パフォーマンスを発揮した藤波だが、第4、13セクションにおいて2つの5点をとっているため、やはりランプキンが1ラップ目を14点でトップに立つことになる。藤波とコロメが17点でこれを追った。続く4番手にいるのは18点のダビデ・コボス(シェルコ)である。


1日目はホンダ−モンテッサが独占

2ラップ目、ランプキンは問題の第6セクションで再び5点をとった。藤波は再びここを1点で通過する。コロメはここを2点で通過したが、その後第11〜13セクションまでを続けて5点をとってしまい優勝戦線から脱落してしまう。

2ラップ目の藤波は、ミスはおかさずに9点のベストスコアを叩き出した。これでランプキンとの差を詰めたのだが、合計減点数は26点の同点。クリーン差(ランプキン20個、藤波16個)でランプキンが優勝決めた。藤波にとっては同点で優勝を逃す惜しい大会だった。

第3位には日本の黒山健一が入った。黒山は昨年の両手首骨折の負傷から復帰。今シーズン開幕戦では思わしくない成績だったが、いよいよ復調してきたようだ。

D.ランプキン(1位/1位)
オブザーバーはとても厳しい判定だったが、この結果とオーガニゼーションには満足している。2日目の第6セクションの5点については納得がいかず自分なりの走りができなかった。でも両日共に優勝できたことはとても嬉しい。

M.コロメ(2位/4位)
1ラップ目、マシン修理に時間をとられて第2ラップは最後尾のトライになり、誰のトライも見ることなく慌てて走ることになり、イージーな第3セクションで5点をとった。とても2位になれるとは思ってなかったから、結果には満足している。 2日目は2ラップ目のイージーミスで集中力を失い5点を続けて取ったのが今日の敗因だ。

藤波 貴久(3位/2位)
1日目は第2ラップの第12セクションの失敗。あのミスで2位を逃してしまった。 2日目は2ラップ目は絶好調の走りができた。でも結果的に1ラップ目のミスがたたって優勝を逃してしまったことがとっても悔しいです。

     
 

 

  トライアル世界選手権 第2戦 結果表  

| DAY 2へ |
■DAY 1
POS RIDER MAKER LAP 1 LAP 2 PEN. CLE. TOTAL
1 D.LAMPKIN MONTESA HONDA 6 6 0 23 12
2 M.COLOMER MONTESA HONDA 13 12 0 20 25
3 T.FUJINAMI MONTESA HONDA 12 14 0 20 26
4 A.CABESTANY BETA 18 10 0 19 28
5 K.KUROYAMA BETA 18 10 0 18 28
6 G.JARVIS SHERCO 19 13 0 17 32
7 M.FREIXA GAS-GAS 15 26 0 16 41
8 A.RAGA GAS-GAS 26 17 0 12 43
9 M.JUSTRIBO MONTESA HONDA 22 23 0 13 45
10 S.COLLEY GAS-GAS 25 21 0 14 46
11 D.COBOS SHERCO 22 27 0 14 49
12 B.CAMOZZI GAS-GAS 31 18 0 11 49
13 J-M.ALCARAZ MONTESA HONDA 30 20 0 12 50
14 A.BILBAO MONTESA HONDA 29 21 0 12 50
15 J.HINDREN GAS-GAS 32 24 0 9 56
16 T.TANAKA BETA 32 28 0 11 60
17 S.CONNOR MONTESA HONDA 36 27 0 11 63
18 J.PASCUET GAS-GAS 38 25 0 9 63
19 A.NILSSON GAS-GAS 37 35 0 9 72
20 J.MANZANO SHERCO 46 31 0 10 77
21 C.STRANGHONER SHERCO 42 43 0 6 85
22 J.STARMER MONTESA HONDA 47 42 0 5 89
23 P.AGOSTONI MONTESA HONDA 45 47 8 6 100
24 J.GARCIA BETA 50 53 0 4 103
25 F.BOCHET BETA 57 56 0 5 113
26 A.GARCIA BETA 68 65 0 1 133
27 N.SANTOS GAS-GAS 69 71 0 0 140
 
| DAY 1へ |
■DAY 2
POS RIDER MAKER LAP 1 LAP 2 PEN. CLE. TOTAL
1 D.LAMPKIN MONTESA HONDA 14 12 0 20 26
2 T.FUJINAMI MONTESA HONDA 17 9 0 18 26
3 K.KUROYAMA BETA 20 16 0 15 36
4 M.COLOMER MONTESA HONDA 17 21 0 15 38
5 M.FREIXA GAS-GAS 22 17 0 17 39
6 M.JUSTRIBO MONTESA HONDA 21 19 0 15 40
7 D.COBOS SHERCO 18 24 0 17 42
8 A.CABESTANY BETA 25 19 0 15 44
9 S.COLLEY GAS-GAS 23 25 0 16 48
10 A.RAGA GAS-GAS 23 25 0 13 48
11 G.JARVIS SHERCO 29 24 0 14 53
12 J-M.ALCARAZ MONTESA HONDA 24 31 0 12 55
13 A.BILBAO MONTESA HONDA 27 29 0 15 56
14 B.CAMOZZI GAS-GAS 34 23 0 12 57
15 T.TANAKA BETA 33 27 0 12 60
16 G.EYRIES SHERCO 36 30 0 12 66
17 J.HINDREN GAS-GAS 37 29 0 8 66
18 J.PASCUET GAS-GAS 39 32 0 11 71
19 S.CONNOR MONTESA HONDA 37 35 0 8 72
20 J.GARCIA BETA 45 36 0 6 81
21 C.STRANGHONER SHERCO 46 36 0 7 82
22 J.MANZANO SHERCO 44 42 0 8 86
23 J.STARMER MONTESA HONDA 40 48 0 7 88
24 J-M.SAEZ SHERCO 47 44 0 7 91
25 A.NILSSON GAS-GAS 48 43 0 6 91
26 P.AGOSTONI MONTESA HONDA 53 42 0 5 95
27 F.BOCHET BETA 48 54 0 6 102
28 J.DUPONT GAS-GAS 61 45 0 0 106
29 A.GARCIA BETA 65 64 0 2 129
30 N.SANTOS GAS-GAS 69 73 0 0 142

 

無断転載を禁止します。