MENU
HONDA
検索

ホンダホームページへ
モータースポーツへ
INFOSへ

 
Superbike World Championship
INFOS_LOGO


2000 スーパーバイク世界選手権シリーズ

 
前のレース INFOS INDEX
 
 



 

C.エドワーズ、初のシリーズチャンピオンを獲得!

ホンダ、VTR1000SPW デビューイヤーにタイトル獲得の快挙

     

ニューマシンVTR1000SPWを駆っての参戦となった2000年シーズン。
世界6メーカーが参戦し、市販車をベースとするマシンで競い合う当シリーズにおいて、C.エドワーズが開幕戦第1レースの激戦を競り勝ち、VTR1000SPWをWSBデビューウインへと導いた。

第3戦からは、結果、4戦連続となるポールポジションをゲットし、圧倒的な速さをアピール。
第4戦第1レース、第5戦第2レースとポールtoウインを飾るなど、優勝回数も伸ばしつつ、最終的に、9人ものウイナーを数える激戦のシーズンにあって、着実に入賞ポイントを加算する手堅い走りで、その存在を更に強固なものにした。
そして、終盤第12戦では、ポールポジションから2レースとも独走優勝を飾る王者の走りを披露。

今季は、芳賀紀行(Y)の失格裁定が長引いたことにより、最終戦直前まで暫定扱いとなったが、最終戦開幕直前に正式にシリーズチャンピオン獲得が決定。

今季2度目の開催となった最終戦ブランズハッチでは、第2レースで優勝。有終の美を飾ると同時に、シーズン最多優勝回数を“8”へと伸ばした。

皆様の熱いご声援、ありがとうございました!

     
 

 

無断転載を禁止します。