MENU
HONDA
検索

ホンダホームページへ
モータースポーツへ
INFOSへ

 
All Japan Road Race Championship
INFOS_LOGO
2000 全日本ロードレース選手権シリーズ ランキング

最新のレース INFOS INDEX
 

| GP250クラスへ | GP125クラスへ |
■スーパーバイク
ニューマシンVTR1000SPWを駆っての参戦となった今季、伊藤真一と、GP250よりステップアップした山口辰也がTEAM CABIN HONDAより出場。
玉田がRVF/RC45を駆っての出場となった。開幕戦は'92年以来の復活となった“2&4鈴鹿”。ホンダ勢は、玉田が2位、山口が3位と表彰台の一角を占め、続く第2戦では玉田が優勝、伊藤が2位につけるまずまずのスタートを切る。
しかし、その後SUGOで開催されたWSB日本大会で伊藤が予選中に転倒、右手を痛めてしまう。以降、第5戦に伊藤が3位表彰台を決めたのを最後に、続く4戦は、怪我の長引く伊藤、速さがなかなか結果に現れない山口共に、表彰台にも上れない不運が続く。しかし、終盤第10戦TIで、伊藤が2列目スタートながら果敢に追い上げ念願の優勝。続く最終戦では伊藤とのマッチレースを制した玉田が優勝を飾り、ホンダは2連勝でシーズン有終の美を飾った。
POS RIDER MACHINE TTL 10 11
1 井筒 仁康 カワサキ ZX-7RR 181 9 13 25 25 25 13 25 25 11 - 10
2 梁   明 スズキ GSX-R750 165 25 16 - 20 10 25 6 16 25 11 11
3 玉田  誠 ホンダ RVF/RC45 154 20 25 20 4 8 8 11 6 8 16 28
4 伊藤 真一 ホンダ VTR1000SPW 152 10 20 9 16 16 - 10 13 10 25 23
5 吉川和多留 ヤマハ YZF-R7 142 11 9 16 11 11 11 20 10 20 9 14
6 芹沢太麻樹 カワサキ ZX-7RR 130 13 10 10 13 20 16 8 11 9 20 -
7 加賀山就臣 スズキ GSX-R750 102 3 7 8 9 13 - 16 7 13 13 13
8 北川 圭一 スズキ GSX-R750 100 8 11 13 - - 20 13 9 16 10 -
9 山口 辰也 ホンダ VTR1000SPW 89 16 8 11 10 - 9 7 8 - 8 12
10 辻村  猛 ヤマハ YZF-R7 62 - - - 7 9 10 9 20 - 7 -
11 武田 雄一 ホンダ VTR1000SP1 52 - 6 7 6 7 4 4 - 6 4 8
12 清水 和樹 カワサキ ZX-7RR 36 6 5 4 - - 5 1 - 4 5 6
13 西嶋  修 カワサキ ZX-7RR 31 - - 6 5 - 7 5 - 5 3 -
14 渡辺  篤 スズキ GSX-R750 25 7 - - - - - - 5 7 6 -
15 出口  修 スズキ GSX1300R 24 - 4 - - 6 - 3 - 2 2 7
16 鶴田 竜二 カワサキ ZX-9R 20 5 - 5 2 - - - - 3 1 4
17 芳賀 紀行 ヤマハ YZF-R7 19 - - - - - - - - - - 19
18 岡田 忠之 ホンダ VTR1000SPW 16 - - - - - - - - - - 16
19 浅井 一朗 ヤマハ YZF-R7 11 - - - - - 6 - - - - 5
20 藤原 儀彦 ヤマハ YZF-R7 8 - - - 8 - - - - - - -
21 小林 裕樹 スズキ GSX-R750 4 4 - - - - - - - - - -
B.パークス M MTM-1 4 - - - - - - - 4 - - -
23 戸田  隆 ヤマハ YZF-R1 3 - 3 - - - - - - - - -
塚本 昭一 カワサキ ZX-9R 3 - - - 3 - - - - - - -
25 東村伊佐三 カワサキ ZX-7RR 3 2 - - 1 - - - - - - -
原口 祐二 ホンダ RVF/RC45 3 1 - - - - - 2 - - - -
27 長谷川克憲 ヤマハ YZF-R1 2 - 2 - - - - - - - - -
28 時永  真 ヤマハ YZF-R7 1 - 1 - - - - - - - - -
泉名 英男 ホンダ VTR1000SP1 1 - - - - - - - - 1 - -

| スーパーバイクへ | GP125クラスへ |
■GP250クラス
復活なった“2&4鈴鹿”は、スーパーバイククラスのみの開催となり、4月16日のMINEが事実上の開幕戦となったGP250。
そのMINEは、RS250Rを駆る若手中冨伸一が国際A級初優勝を飾る。続く第3戦筑波は、転倒者が続出、コース上にオイルが出るなど、結果、2回も赤旗が出、3回もスタートが切られる大波乱のレースとなり、ホンダ勢は優勝を逃すことになったが、これ以外のラウンドは、中冨と、今季GP250に参戦を開始したばかりの弱冠18歳の青山博一が交互に優勝を重ね、この2人だけで全10戦中8勝を挙げる破竹の勢い。
中冨は、開幕戦初優勝を皮切りに、以降8戦連続表彰台登壇、シーズン最多となる5勝をマークする活躍ぶりで、文句なしのシリーズチャンピオンに輝いた。
最終戦はNSR250を駆る嘉陽が初優勝を飾り、酒井が初の表彰台登壇を決めたのと同時に、結果、ホンダ勢がランキング上位3位までを独占した。
POS RIDER MACHINE TTL 10 11
1 中冨 伸一 ホンダ RS250R 192

 

25 20 25 16 25 20 25 25 11 -
2 青山 博一 ホンダ RS250R 148 5 11 16 25 16 25 5 20 25 -
3 嘉陽 哲久 ホンダ NSR250 120 9 9 13 13 11 16 - 8 13 28
4 関口 太郎 ヤマハ TZ250 113 13 25 10 7 - 13 20 11 2 12
5 畠山 泰昌 ホンダ AC29M 110 20 16 20 20 13 5 - - 16 -
6 亀谷 長純 ヤマハ TZ250 108 16 - 6 9 20 11 13 - 10 23
7 酒井 大作 ホンダ NER250 94 8 13 11 10 - 9 7 9 8 19
8 大崎 誠之 ヤマハ TZ250 77 11 - - - - 3 16 16 20 11
9 宮崎  敦 ヤマハ TZ250 66 10 2 - 11 10 - 10 - 7 16
10 稲垣  誠 ホンダ AC28M 45 - - - 3 - 10 11 13 - 8
11 中須賀克行 ヤマハ TZ250 40 4 6 - - - 2 9 5 - 14
12 興梠 義則 ホンダ RS250R 38 7 - 9 - 5 4 4 - 9 -
13 中村  実 ホンダ AC29M 36 - 7 - - 9 - 6 10 4 -
14 野田 弘樹 ホンダ RS250R 34 - - 4 8 - - - 3 6 13
15 高橋 英倫 ヤマハ TZ250 28 - 10 5 - 8 - - - 5 -
16 小野寺貴行 ヤマハ TZ250 28 - - 7 6 - - 8 7 - -
17 及川 誠人 ヤマハ TZ250 25 - 8 - 5 2 - - - - 10
18 秋田 貴志 ヤマハ TZ250 24 6 - 8 - 4 - - 6 - -
19 江口  謙 ホンダ NER250 21 - 3 3 2 - 6 - - - 7
20 清成 龍一 ホンダ RS250R 20 3 5 - 4 1 7 - - - -
21 石井 孝之 ヤマハ TZ250 17 - - - - 6 - - 2 - 9
22 榊原 礼視 ヤマハ TZ250 14 2 - 1 - 3 8 - - - -
23 小谷田欽章 ホンダ RS250R 11 - 4 - - - - - 4 3 -
24 田村 則夫 ヤマハ TZ250 8 - - - 1 7 - - - - -
25 横江 竜司 ヤマハ TZ250 8 1 - 2 - - - 3 1 1 -
26 岡崎 忠敏 ヤマハ TZ250 6 - - - - - - - - - 6
27 石岡 俊輔 ヤマハ TZ250 6 - 1 - - - - - - - 5
28 吉田 浩志 ヤマハ TZ250 4 - - - - - - - - - 4
29 雨宮 浩二 ヤマハ TZ250 2 - - - - - - 2 - - -
30 藤下 和衡 ホンダ RS250R 1 - - - - - 1 - - - -
名倉 嘉一 ホンダ RS250R 1 - - - - - - 1 - - -

| スーパーバイクへ | GP250クラスへ |
■GP125クラス
実に8人ものウイナーを輩出し、シーズン最多勝利は2勝という激戦となったGP125。
開幕戦MINEは、終盤の雨により転倒が相次ぐサバイバル戦となったが、ベテランらしい堅実な走りで藤岡が優勝。その後は若手の台頭目覚しく、翌戦筑波で17歳の小山(Y)が全日本初優勝を挙げ、続く鈴鹿では柚木が全日本初優勝、翌もてぎも制し2連勝の快挙となる。
続く2ラウンドは、8年ぶりの優勝となった小野、ディフェンディングチャンプ仲城とベテラン勢が続くが、第9戦SUGOではまたも若手が大活躍、16歳の新鋭高橋がポールtoウインで全日本初優勝。
最終戦MFJ GPもてぎでは、加藤、小山が同着。写真判定で加藤が初優勝を飾るなど、若手初優勝のオンパレードとなり、来季に向け、期待の高まるシーズンとなった。ホンダ勢は全10戦中4戦で表彰台を独占する走りを見せたが、チャンピオンは、全戦入賞ポイント獲得、内2勝の小山が獲得した。
POS RIDER MACHINE TTL 10 11
1 小山 知良 ヤマハ TZ125 171

 

13 25 9 10 10 20 25 20 16 23
2 柚木 伸介 ホンダ RS125R 134 20 10 25 25 9 13 - 13 - 19
3 菊池 寛幸 ホンダ RS125R 121 16 20 - - 20 4 20 16 25 -
4 加藤 直樹 ホンダ RS125R 114 9 11 10 16 16 - 5 11 8 28
5 藤岡 祐三 ホンダ NER125 112 25 - 20 20 5 2 6 9 9 16
6 仲城 英幸 ホンダ RS125R 90 11 - - - 7 25 13 - 20 14
7 小野 真央 ホンダ RS125R 87 8 13 1 11 25 1 10 - 6 12
8 高橋 裕紀 ホンダ NER125 72 1 - - - 6 11 16 25 13 -
9 山本 武宏 ホンダ RS125R 52 - 6 11 13 11 8 - - 3 -
10 上江洲克次 ヤマハ TZ125 52 5 - - 2 3 10 11 10 11 -
11 菅谷 慎一 ヤマハ TZ125 50 - 4 - 7 2 16 1 5 5 10
12 久保 和寛 ヤマハ TZ125 50 10 1 13 8 8 9 - 1 - -
13 大野  亮 ホンダ RS125R 50 - - 8 9 13 - - 7 - 13
14 永田 健二 ホンダ RS125R 45 6 5 16 - - - 4 8 - 6
15 井手 敏男 ヤマハ TZ125 34 3 - 2 6 4 - - - 10 9
16 松浦 光利 ヤマハ TZ125 34 - 9 - 5 - 7 8 - - 5
17 内田  剛 ホンダ RS125R 23 - 7 - - - - 9 - - 7
18 天野 邦博 ホンダ RS125R 18 - - 6 - - - - 4 - 8
19 高橋 泰明 ホンダ NER125 16 - 16 - - - - - - - -
20 豫風 直人 ホンダ RS125R 15 - - 5 - - 3 - - 7 -
21 生形 秀之 ホンダ NER125 13 - - - - - - - - 2 11
22 藤崎 直之 ホンダ RS125R 13 - - - - - 5 2 6 - -
23 星野 知也 ホンダ RS125R 12 7 - - - - - 3 2 - -
24 上木  聡 ホンダ NER125 10 - 3 7 - - - - - - -
25 羽原  繁 ヤマハ TZ125 10 - - - - - 6 - - 4 -
26 岡田 純一 ホンダ NER125 8 - 8 - - - - - - - -
27 稲毛田 潤 ホンダ RS125R 8 - - - - 1 - 7 - - -
28 田代 克尚 ホンダ RS125R 4 4 - - - - - - - - -
熊野 光男 ホンダ RS125R 4 - - 4 - - - - - - -
松井  剛 ヤマハ TZ125 4 - - - 4 - - - - - -
須磨 真仁 ホンダ RS125R 4 - - - - - - - - - 4
32 小林 周三 ホンダ RS125R 3 - - 3 - - - - - - -
坪井 隆昌 ホンダ RS125R 3 - - - 3 - - - - - -
松永 弘志 ホンダ NER125 3 - - - - - - - 3 - -
35 笹島 義久 ホンダ RS125R 2 2 - - - - - - - - -
古市 右京 ホンダ RS125R 2 - 2 - - - - - - - -
37 小磯  栄 ホンダ RS125R 1 - - - 1 - - - - - -
山岡  孝 ホンダ RS125R 1 - - - - - - - - 1 -

 

無断転載を禁止します。