MENU
HONDA
検索

ホンダホームページへ
モータースポーツへ
INFOSへ

 
All Japan Motocross Championship
INFOS_LOGO

2000 全日本モトクロス選手権シリーズ

第8戦 近畿大会(奈良県・名阪スポーツランド)

2000年 9月3日開催
天候:晴れ/曇り  気温:27℃ コースコンディション:ドライ
観客:4,548人
 
シリーズランキング 前のレース 次のレース INFOS INDEX
 
     

高濱が今季初のパーフェクト(1/1)
125では佐合がランキング首位に


高熱を押して出走した高濱が完全優勝達成

名阪スポーツランドのパドックでは、翌週に控えたモトクロス・デナシオン(国対抗団体戦/9月10日/フランス)に派遣される、日本代表チームの結団式が行われた。高濱龍一郎(オープンクラス)、熱田孝高(250)、成田亮(125)の3人は、ファンの前で「ベストを尽くしてきます」と決意を表明。成田がAMAナショナル参戦を中途で打ち切り、全日本に合流するなど、デナシオン壮行ムードに満ちた大会となった。

●250ヒート1
小池田(Y)がホールショットを取った。2番手には成田が付け、6番手に高濱。肩の脱臼から復調途上の熱田孝高は、スタートで出遅れながらも、オープニングラップで10番手まで挽回してきた。3周目に小池田が深く湿ったサンドにはまる隙に、成田がトップに躍り出て、レース前半のリーダーとなる。

熱田は5周目の転倒で16番手までポジションを失ったが、一方では高濱の早めの追撃が始まる。高濱は前々日から、急性甲状腺炎による高熱にうなされていたが、点滴と解熱を施しての出走となった。前走者を片っ端からかわす高濱は、8周目には小池田をパスして、リーダーの成田の背後に迫った。

11周目に高濱が成田をかわす。その後も食い下がろうとした成田は、AMAナショナルで捻挫した右足首を再度痛め、ペースダウン。終盤は高濱の独走でレースが決まった。


肩の脱臼からほぼ復調した熱田孝高

●250ヒート2
ホールショットの小池田を大河原(Y)がかわして、2周目からリーダーとなる。2台の直後には、成田、高濱と続き、熱田も7番手に付けた。序盤は上位4台によるデッドヒートがしばらく続いたが、成田の脱落と高濱のチャージによって、やがて均衡が崩れることになる。

8周目、高濱が一気にリーダーの座を奪ったが、大河原も必死に食い下がり、高濱の独走を許さない。13周目には熱田が3番手に浮上。体調の優れない成田は、徐々に後方集団に飲み込まれていった。

25分頃までは、予断を許さない高濱と大河原の距離だったが、大詰めを迎えて高濱がリードを広げる。苦手のサンドで好スタートを揃えた高濱が両ヒートを制し、今季初の完全優勝を飾ったレースだった。

●125ヒート1
北海道大会で左手の人差指を骨折し、前大会を欠場したポイントリーダーの勝谷が復帰。ホールショットこそ佐藤(Y)に奪われたが、勝谷は1周目からトップに立った。だが、勝谷は3周目に藤本(S)に抜かれ、9周目には転倒もあって、5番手まで落ちてしまった。

前半リーダーを務めた藤本に代わり、10周目からは高見がトップ。高見は最大9秒のリードを築き、独走で今季2勝目を挙げた。

●125ヒート2
佐合がホールショットを取る。開始早々は戸田が前に出るシーンもあったが、バトルはやがて小康状態を迎え、佐合と戸田の間隔は少しずつ開いていった。

後半になると、佐合のリードは決定的となり、戸田を挟んだ3位には、スタートでクラッシュしながらも、ほぼ最後尾から追い上げてきた高見が浮上。佐合は終盤、余裕のペースダウンをしながら逃げ切り、今季3勝目をマーク。9位と振るわなかった勝谷に代わり、ここでランキング首位に躍り出た。


自分でシャンパンを浴びる高濱(中)

250cc
高濱龍一郎(1/1位)
イェーイ! やった! ピンピン(1/1)や! 今年は誰もやってなかったから、めっちゃうれしいですよ。表彰台でも普通、シャンパンファイトってするじゃないですか。でも、今回は自分で自分にシャンパンかけて喜んでしまいましたね。なんか、自分を誉めてあげられるレースが、ようやくできたんです。これでも、一昨日、昨日と39度の熱があって大変だったんです、急性ナントカ炎で。薬で熱下げてなんとか走れましたけど、朝のうちはまだボーっとしてました。ポイントリーダーになってずいぶん経ちますけど、レースへの心構えは変わっていません。チャンピオンは意識しないで、ひとつひとつ思い切り走るだけです。あぁ、でもなんか、これで気持ちよくデナシオンに行けますね。

熱田 孝高(7/3位)
悔しい面もありますけど、久しぶりに表彰台に上がれたのは、正直言ってうれしかったです。昨日の予選でもコケてラストチャンスまで行くし、ちょっとリズムが狂ってはいましたね。でもグリッドが悪かったせいで、燃えましたよ。グリッドなんか関係ないですよ。だってヒート1なんて、スタート5番手ぐらいですよ。でも、1コーナーで幅寄せされたんで、アウトに逃げて崖を昇って、降りたら15番ぐらいでした。ハハハ。その後もフープスで前転しちゃって散々でしたけどね。でもヒート2の最後の方は、自分なりに結構いい走りができたと思います。それにしても、ハマー(高濱)のピンピンがついに出ましたね。デナシオンのエースは、オレじゃなくてハマーでしょう。でも、ヤツが元気になったのは、オレが復活したからですよ。これは言えます。次の菅生では、オレがピンピン決める番ですけどね。


世界に挑む高濱、成田、熱田

成田  亮(3/7位)
デナシオン用の125をテストするために、ナショナルの最後の2戦をキャンセルして帰って来ました。だからこのところは、125ばっかり乗り込んでたんです。デナシオン仕様は走りますよー。バッチリ仕上がって、もうフランスに送ってあります。そんなわけで今日はいいとこ見せたかったんですけど、成績がイマイチで不甲斐ないです。体調がよくなかったのと、ナショナルで足首を捻挫したとこをまた痛めちゃいまして。でも、デナシオンでは心配ないです。

125cc
佐合  潔(3/1位)

総合もなんて初ですね。もう、とってもうれしいです。前回の名阪でも1ヒート勝ってるし、もともとここはサンドで得意でした。あと、両ヒートともスタートがよかったのが勝因でしょうか。スタート自体はあまり得意じゃなくて、スポンサーのDV8さんからも「ホールショット賞を出すようにしようか」みたいな冗談を言われてたんですけど、本当にホールショット取れちゃいましたね。でも、ランキング首位はヤバイっすよ、自分はサラリーマンだし。このままチャンピオン取れるなんて甘くは考えていないんで、気合を入れて残り3戦を頑張ります。

高見 俊次(1/3位)
ケガで休んでる人が多い中での優勝なんで、めっちゃってほどじゃないですけど、やっぱり地元で勝てたのがうれしいですね。ここから山ひとつ越えた名張市の出身なんです。だから友達がいっぱい来てて、前回の名阪のときなんか勝てなくて悔しかったんですけど。今回から'01マシンに変わって、めちゃくちゃ走ってくれたんで助けられました。ヒート2はスタートで、後輪とフェンダーの中に誰かが入ってきてコケちゃいました。ドベニ(最後尾から2番目)辺りから3位まで上がれましたけど、そんな速かったですか? マシンのおかげですよ。

勝谷 武史(5/9位)
北海道で骨折してから、6週間入院してました。オーストラリアにも帰らないで、ずっと日本の病院にいたんです。左手の人差指なんですけど、手術したし、あとはリハビリもやってましたから。久々のレースだったせいか、2ヒート目なんか、手がしびれちゃってクラッチが使えなかった。ポイント的には抜かれちゃったけど、次は得意の菅生だしオッケーですよ。次でひっくり返します。

     
 
  全日本モトクロス選手権 第8戦 結果表  

| 125ccクラスへ |
■国際A級250ccクラス
ヒート1   ヒート2   総  合
POS RIDER MACHINE POS RIDER MACHINE POS RIDER MACHINE
1 高濱龍一郎 ホンダ RC250M 1 高濱龍一郎 ホンダ RC250M 1 高濱龍一郎 ホンダ RC250M
2 小池田 猛 ヤマハ YZ250 2 大河原功次 ヤマハ YZ426F 2 大河原功次 ヤマハ YZ426F
3 成田  亮 ホンダ CR250R 3 熱田 孝高 ホンダ RC250M 3 小池田 猛 ヤマハ YZ250
4 大河原功次 ヤマハ YZ426F 4 小池田 猛 ヤマハ YZ250 4 熱田 孝高 ホンダ RC250M
5 田中 教世 カワサキ KX250 5 田島 久誌 ヤマハ YZ426F 5 成田  亮 ホンダ CR250R
6 釘村 太一 ヤマハ YZ250 6 熱田 高輝 ホンダ CR250R 6 田中 教世 カワサキ KX250
7 熱田 孝高 ホンダ RC250M 7 成田  亮 ホンダ CR250R 7 田島 久誌 ヤマハ YZ426F
8 元木 龍幸 スズキ RM250 8 増田 一将 ヤマハ YZ250 8 熱田 高輝 ホンダ CR250R
9 熱田 高輝 ホンダ CR250R 9 田中 教世 カワサキ KX250 9 増田 一将 ヤマハ YZ250
10 田島 久誌 ヤマハ YZ426F 10 高木 崇雅 カワサキ KX250 10 釘村 太一 ヤマハ YZ250
11 増田 一将 ヤマハ YZ250 11 出原  忍 スズキ RM250 11 元木 龍幸 スズキ RM250
12 納屋  望 スズキ RM250 12 辻 健二郎 ホンダ CR250R 12 納屋  望 スズキ RM250
13 芹沢 直樹 ホンダ CR250R 13 納屋  望 スズキ RM250 13 高木 崇雅 カワサキ KX250
14 小川 裕紀 スズキ RM250 14 小川 裕紀 スズキ RM250 14 出原  忍 スズキ RM250
15 出原  忍 スズキ RM250 15 中澤 裕伺 ヤマハ YZ250 15 辻 健二郎 ホンダ CR250R
16 高木 崇雅 カワサキ KX250 16 芹沢 直樹 ホンダ CR250R 16 小川 裕紀 スズキ RM250
17 村野 秀弥 カワサキ KX250 17 元木 龍幸 スズキ RM250 17 芹沢 直樹 ホンダ CR250R
18 中澤 裕伺 ヤマハ YZ250 18 城田 賢一 カワサキ KX250 18 中澤 裕伺 ヤマハ YZ250
19 芝山 知大 スズキ RM250 19 芝山 知大 スズキ RM250
20 池田 孝宏 ホンダ CR250R 20 池田 孝宏 ホンダ CR250R
21 榎本 裕保 カワサキ KX250 21 柴田 智樹 ホンダ CR250R
22 柴田 智樹 ホンダ CR250R 22 伊倉 広夢 ホンダ CR250R
23 杉尾 寿城 ホンダ CR250R 23 杉尾 寿城 ホンダ CR250R
24 伊倉 広夢 ホンダ CR250R 24 沼田 誠司 ホンダ CR250R
--- 以上完走 ---
25 榎本 裕保 カワサキ KX250
R 釘村 孝太 ヤマハ YZ250
--- 以上完走 ---
R 中村 勇樹 スズキ RM250 R 釘村 孝太 ヤマハ YZ250
R 中島 鉄也 スズキ RM250 R 中村 勇樹 スズキ RM250
R 辻 健二郎 ホンダ CR250R R 中島 鉄也 スズキ RM250
R 沼田 誠司 ホンダ CR250R R 村野 秀弥 カワサキ KX250
R 城田 賢一 カワサキ KX250 R 釘村 太一 ヤマハ YZ250
 
| 250ccクラスへ |  
■国際A級125ccクラス  
  ヒート1   ヒート2   総  合
POS RIDER MACHINE POS RIDER MACHINE POS RIDER MACHINE
1 高見 俊次 ホンダ CR125R 1 佐合  潔 ホンダ CR125R 1 佐合  潔 ホンダ CR125R
2 藤本 常勝 スズキ RM125 2 戸田 蔵人 ホンダ CR125R 2 高見 俊次 ホンダ CR125R
3 佐合  潔 ホンダ CR125R 3 高見 俊次 ホンダ CR125R 3 戸田 蔵人 ホンダ CR125R
4 佐藤 勝利 ヤマハ YZ125 4 鈴木 友也 ヤマハ YZ125 4 佐藤 勝利 ヤマハ YZ125
5 勝谷 武史 ホンダ CR125R 5 川島雄一郎 ホンダ CR125R 5 鈴木 友也 ヤマハ YZ125
6 加賀 真一 スズキ RM125 6 井上 眞一 カワサキ KX125 6 勝谷 武史 ホンダ CR125R
7 戸田 蔵人 ホンダ CR125R 7 佐藤 勝利 ヤマハ YZ125 7 藤本 常勝 スズキ RM125
8 鈴木 友也 ヤマハ YZ125 8 久保田芳文 ヤマハ YZ125 8 川島雄一郎 ホンダ CR125R
9 小島太久摩 スズキ RM125 9 勝谷 武史 ホンダ CR125R 9 井上 眞一 カワサキ KX125
10 井上 眞一 カワサキ KX125 10 瀬川 巧平 ヤマハ YZ125 10 加賀 真一 スズキ RM125
11 川島雄一郎 ホンダ CR125R 11 長田 智邦 スズキ RM125 11 長田 智邦 スズキ RM125
12 長田 智邦 スズキ RM125 12 加賀 真一 スズキ RM125 12 久保田芳文 ヤマハ YZ125
13 須田  純 カワサキ KX125 13 戸倉 徹哉 カワサキ KX125 13 小島太久摩 スズキ RM125
14 佐復 滋紀 カワサキ KX125 14 斉藤 真也 ヤマハ YZ125 14 瀬川 巧平 ヤマハ YZ125
15 請川 意次 スズキ RM125 15 大熊 雅美 ホンダ CR125R 15 戸倉 徹哉 カワサキ KX125
16 戸倉 徹哉 カワサキ KX125 16 鈴木 大助 スズキ RM125 16 須田  純 カワサキ KX125
17 段上 高洋 スズキ RM125 17 段上 高洋 スズキ RM125 17 斉藤 真也 ヤマハ YZ125
18 田上 聖志 カワサキ KX125 18 須田  純 カワサキ KX125 18 佐復 滋紀 カワサキ KX125
19 伊藤 昌弘 ホンダ CR125R 19 田上 聖志 カワサキ KX125 19 大熊 雅美 ホンダ CR125R
20 中村 真悟 カワサキ KX125 20 今井 隆充 スズキ RM125 20 請川 意次 スズキ RM125
21 久保田芳文 ヤマハ YZ125 21 佐復 滋紀 カワサキ KX125
22 増川 誠治 スズキ RM125 22 伊藤 崇浩 カワサキ KX125
23 大熊 雅美 ホンダ CR125R 23 伊藤 昌弘 ホンダ CR125R
24 桜井 正一 ホンダ CR125R 24 国立 賢治 カワサキ KX125
--- 以上完走 ---
--- 以上完走 ---
R 瀬川 巧平 ヤマハ YZ125 R 中村 真悟 カワサキ KX125
R 伊藤 崇浩 カワサキ KX125 R 小島太久摩 スズキ RM125
R 斉藤 真也 ヤマハ YZ125 R 増川 誠治 スズキ RM125
R 鈴木 大助 スズキ RM125 R 請川 意次 スズキ RM125
R 国立 賢治 カワサキ KX125 R 藤本 常勝 スズキ RM125
R 渡辺  学 ヤマハ YZ125 R 桜井 正一 ホンダ CR125R

 

無断転載を禁止します。