MENU
HONDA
検索

ホンダホームページへ
モータースポーツへ
INFOSへ

 
All Japan Motocross Championship
INFOS_LOGO

2000 全日本モトクロス選手権シリーズ

第3戦 近畿大会(奈良県・名阪スポーツランド)

2000年 4月23日開催
天候:晴れ  気温:20℃ コースコンディション:ドライ
観客:6,850人
 
 
     

ホンダが両クラス4ヒート制覇!
熱田孝高はランキング首位キープ!


ヒート1で2勝目を挙げた熱田

好天に恵まれた名阪スポーツランドは、アップダウンに富んだ山砂のコース。昨年のリニューアルにより、全く新しいレイアウトに生まれ変わったコースには、今回からフープスなどのテクニカルセクションも追加され、激しいバトルが繰り広げられた。

ホンダはこの日、国際A級125・250の4ヒートすべてにおいて完勝。熱田、成田、佐合、勝谷と、レースごとに異なるウィナーが、CRの優秀性をアピールする形となった。

なお、前大会で膝を痛めてリタイアした小田切は、今回は欠場となっている。

●250ヒート1
好スタートを切った大河原(Y)を、高木(K)、成田、小池田(Y)、中山らが追う。チームHRCの熱田孝高は1周目10番手、高濱は21番手と出遅れ、この位置から追撃を開始した。

4周目、成田が一瞬トップに立ったが、すぐに大河原が返り咲き、再び上位グループをリードする。9周目にはスタートで出遅れていた熱田が2番手に浮上して、前を行く大河原を追う位置につけた。

ここからスパートした熱田は、1周あたり1〜2秒詰めるハイペースで大河原に迫る。熱田は13周目のフープスで大河原に並び、一気にトップへ。大河原に次ぐ3番手には、中山が浮上した。

リーダーとなった熱田は、残る周回で大河原を少しずつ離し、3秒弱のリードでチェッカー。熱田は今季2勝目をマークをした。3位の中山は、最終ラップで成田のチャージをうけながらも、難なくしのいで初の表彰台をゲット。出遅れていた高濱は、5位小池田を挟んだ6位までポジションを挽回した。


昨年改修された山砂のコース

●250ヒート2
小池田がスタートから飛び出し、大河原、成田、熱田孝高、田島(Y)と続く。高濱は15番手と出遅れた。リーダーは2周目に大河原、5周目に成田と目まぐるしく変わったが、8周目には熱田がトップに出て、序盤の混戦に小康状態が訪れた。しかし熱田は10周目にマシントラブルでリタイア。これでリーダーの座は、小池田に明け渡された。

12周目、成田が小池田をかわして再びトップに立ったが、フープスでバランスを崩した際に小池田と田島の先行を許す。しかし成田は、終盤のスパートで16周目には2番手、ラスト2周でトップに返り咲き、今季初優勝を獲得。2位小池田、3位田島に続き、4位にはラスト2周で大河原をかわした高濱が入った。

●125ヒート1
佐藤(Y)、長田(S)に続いて、3番手スタートを切った佐合が、3周目からレースをリードした。ディフェンディングチャンピオンの勝谷は、スタート4番手につけたが、序盤トップ争いに絡んだ際に転倒。11番手からの出直しとなった。勝谷は他車と接触してチャンバーを凹ませてしまい、パワーダウンを強いられての追い上げとなった。

中盤にして独走態勢を築いた佐合は、2番手の小島(S)、3番手の益留を後方に従えて、余裕のレースを運ぶ。トップスリーには最終ラップまで変動はなかったが、4番手まで追い上げてきた勝谷が、フィニッシュ目前で益留に仕掛けて両者転倒。この間に高須(S)が3位をゲットする。

佐合にとってこの優勝は8年ぶりの快挙。近年は本格的な参戦をしていなかった佐合だが、見事なカムバックを果たした。

●125ヒート2
井上(K)が好スタートを切った後、トップは細野、高見と入れ替わった。高見は6周の間リーダーを務めたが、背後にはスタート6番手から浮上してきた勝谷が迫り、10周目には勝谷がトップに躍り出た。

その後4秒ほどのリードを築くと、勝谷は今季初優勝に向けて余裕のライディングを披露して行く。14周目には益留に代わって、前戦からの宿敵である高須が2番手に上がったが、勝谷はリードを保ったままチェッカーを受けた。


今季初優勝の成田

250cc
成田  亮(4/1位)

トップに立ったとき、これはヤバイと思いました。でも、疲れたんですけど、気合で頑張りました。ヒート1の4位は実力通り、ヒート2の優勝は幸運です。いろいろ上の方で荒れましたが、自分もミスを連発しましたから。去年折った大腿骨は治ったんですが、まだ筋力的には80%ぐらいで、だから持たないんです。それに、先週練習中にでっかい2連で前のマシンに追突して、今もたぶん肋骨にヒビが入っているんですよ。だから脚だけじゃなくて、今回は走ってる間じゅう、胸も痛かったです。

熱田 孝高(1位/リタイヤ)
ヒート1は計画的な走りで勝てたんで、うれしかったです。スタート10番手あたりだったけれど、前にアキラ(成田)がいたんで、きっとかき回してくれるし、みんな落ちてくるのわかってたから、それまで待ってました。昨日の予選でぶっ飛んだときに、ちょっと腕を痛めてたし、ちょっと自分も疲れそうな兆候があったから。我ながら素晴らしいクレバーなレース運びだったと思います。ヒート2は止まっちゃって残念でしたけど、レース展開自体には満足してるし、自分には問題なかったので、ちょっと予定外だけどまあしようがないんじゃないすか。


250ヒート1の表彰台、中山(左)熱田(中)

高濱龍一郎(6/4位)
両ヒートともスタートに失敗して、追い上げの展開だったので、まあボチボチでしたか。波に乗れないままレースが終わってしまったという感じです。サンドは嫌いですね。でも、タイムはヨッシー(熱田孝高)よりも良かったし、走りも悪くなかったと思います。追い上げのエンジンかかるのが遅すぎましたね。次は去年ピンピン(1/1)の熊本だから、見てて下さい。

中山  裕(3/6位)
3位だなんて、夢かと思いました!250の表彰台、初めてですから。だいたい上の方なのはわかってたんですが、ゴールするまで知らなかったんです。兄貴(メカニック・中山透・国際A級)がサインで教えてくれなかったんですよ。僕の性格をよく知ってるから、3位だなんてサイン出したら僕が硬くなると思ったんでしょうね。この名阪は125時代に初優勝したところなので、いい感じで走れました。

125cc
勝谷 武史(7/1位)

ヒート1は2周目に他車とぶつかった時にチャンバーが凹んでしまって、パワーが出ないまま走ってたんです。2連も飛べないくらいで。最後は無理して益留クンに仕掛けたんですが、二人で転んじゃいました。これもレース、しかたないですね。ヒート2は考えて冷静に走りました。去年は初優勝が4戦目。それに比べて2戦目で勝てたので、うれしかったです。やっぱりディフェンディングチャンピオンですから、早く1勝挙げたかったんですよね。ホンダに移籍して1年目ですが、マシンは乗りやすいし、エンジンもサスも最高なんで、感謝しています。

佐合  潔(1/10位)
うれしいですね。125の優勝は91年以来、250では92年に1勝してますが、8年ぶりでしょう。自分は今、ホンダの浜松製作所に勤める社員で、プロとして走ってるライダーとは違うので『いいのかな、他のみんなに悪いな』とか『明日仕事あるし、ケガはまずいな』なんて思いながらトップ走ってました。これでも今年は結構乗れてきてたんです。またちょっと真面目にレースやろうかと思って、土日の休みに毎週練習してたんで……。これから全開で帰って、チーム(浜松エスカルゴ=ホンダ社員チーム)のみんなと騒ぐ予定です!

     
 
  全日本モトクロス選手権 第3戦 結果表  

| 125ccクラスへ |
■国際A級250ccクラス
ヒート1   ヒート2   総  合
POS RIDER MACHINE POS RIDER MACHINE POS RIDER MACHINE
1 熱田 孝高 ホンダ RC250M 1 成田  亮 ホンダ CR250R 1 成田  亮 ホンダ CR250R
2 大河原功次 ヤマハ YZ426F 2 小池田 猛 ヤマハ YZ250 2 小池田 猛 ヤマハ YZ250
3 中山  裕 ホンダ CR250R 3 田島 久誌 ヤマハ YZ426F 3 大河原功次 ヤマハ YZ426F
4 成田  亮 ホンダ CR250R 4 高濱龍一郎 ホンダ RC250M 4 中山  裕 ホンダ CR250R
5 小池田 猛 ヤマハ YZ250 5 大河原功次 ヤマハ YZ426F 5 高濱龍一郎 ホンダ RC250M
6 高濱龍一郎 ホンダ RC250M 6 中山  裕 ホンダ CR250R 6 熱田 孝高 ホンダ RC250M
7 辻 健二郎 ホンダ CR250R 7 高木 崇雅 カワサキ KX250 7 田島 久誌 ヤマハ YZ426F
8 河合 憲二 カワサキ KX250 8 熱田 高輝 ホンダ CR250R 8 釘村 太一 ヤマハ YZ250
9 釘村 太一 ヤマハ YZ250 9 田中 教世 カワサキ KX250 9 辻 健二郎 ホンダ CR250R
10 増田 一将 ヤマハ YZ250 10 釘村 太一 ヤマハ YZ250 10 田中 教世 カワサキ KX250
11 田中 教世 カワサキ KX250 11 増田 一将 ヤマハ YZ250 11 熱田 高輝 ホンダ CR250R
12 田島 久誌 ヤマハ YZ426F 12 辻 健二郎 ホンダ CR250R 12 増田 一将 ヤマハ YZ250
13 熱田 高輝 ホンダ CR250R 13 芹沢 直樹 ホンダ CR250R 13 高木 崇雅 カワサキ KX250
14 榎本 正則 スズキ RM250 14 小川 裕紀 スズキ RM250 14 河合 憲二 カワサキ KX250
15 元木 龍幸 スズキ RM250 15 元木 龍幸 スズキ RM250 15 芹沢 直樹 ホンダ CR250R
16 小川 裕紀 スズキ RM250 16 榎本 正則 スズキ RM250 16 小川 裕紀 スズキ RM250
17 中島 鉄也 スズキ RM250 17 片平 竜英 ホンダ CR250R 17 元木 龍幸 スズキ RM250
18 沼田 誠司 ホンダ CR250R 18 芝山 知大 スズキ RM250 18 榎本 正則 スズキ RM250
19 池田 孝宏 ホンダ CR250R 19 池田 孝宏 ホンダ CR250R
20 芝山 知大 スズキ RM250 20 山本 堅市 ホンダ CR250R
21 杉尾 寿城 ホンダ CR250R 21 沼田 誠司 ホンダ CR250R
22 納屋  望 スズキ RM250 22 田渕  武 ヤマハ YZ426F
23 田渕  武 ヤマハ YZ426F 23 阿部 友洋 ホンダ CR250R
--- 以上完走 ---
24 板井龍之介 カワサキ KX250
R 高木 崇雅 カワサキ KX250 25 柴田 智樹 ホンダ CR250R
R 片平 竜英 ホンダ CR250R 26 杉尾 寿城 ホンダ CR250R
R 柴田 智樹 ホンダ CR250R
--- 以上完走 ---
R 芹沢 直樹 ホンダ CR250R R 熱田 孝高 ホンダ RC250M
R 山本 堅市 ホンダ CR250R R 中島 鉄也 スズキ RM250
R 阿部 友洋 ホンダ CR250R R 本田 太一 ホンダ CR250R
R 本田 太一 ホンダ CR250R R 河合 憲二 カワサキ KX250
 
| 250ccクラスへ |  
■国際A級125ccクラス  
  ヒート1   ヒート2   総  合
POS RIDER MACHINE POS RIDER MACHINE POS RIDER MACHINE
1 佐合  潔 ホンダ CR125R 1 勝谷 武史 ホンダ CR125R 1 高須 庸市 スズキ RM125
2 小島太久摩 スズキ RM125 2 高須 庸市 スズキ RM125 2 勝谷 武史 ホンダ CR125R
3 高須 庸市 スズキ RM125 3 益留信太郎 カワサキ KX125 3 益留信太郎 カワサキ KX125
4 高見 俊次 ホンダ CR125R 4 高見 俊次 ホンダ CR125R 4 高見 俊次 ホンダ CR125R
5 益留信太郎 カワサキ KX125 5 佐藤 勝利 ヤマハ YZ125 5 佐合  潔 ホンダ CR125R
6 藤本 常勝 スズキ RM125 6 加賀 真一 スズキ RM125 6 佐藤 勝利 ヤマハ YZ125
7 勝谷 武史 ホンダ CR125R 7 瀬川 巧平 ヤマハ YZ125 7 小島太久摩 スズキ RM125
8 佐藤 勝利 ヤマハ YZ125 8 川島雄一郎 ホンダ CR125R 8 細野  彰 ホンダ CR125R
9 渡辺  学 ヤマハ YZ125 9 細野  彰 ホンダ CR125R 9 藤本 常勝 スズキ RM125
10 細野  彰 ホンダ CR125R 10 佐合  潔 ホンダ CR125R 10 瀬川 巧平 ヤマハ YZ125
11 井上 眞一 カワサキ KX125 11 斉藤 真也 ヤマハ YZ125 11 加賀 真一 スズキ RM125
12 川田 朋広 ヤマハ YZ125 12 国立 賢治 カワサキ KX125 12 川島雄一郎 ホンダ CR125R
13 増川 誠治 スズキ RM125 13 井上 眞一 カワサキ KX125 13 井上 眞一 カワサキ KX125
14 瀬川 巧平 ヤマハ YZ125 14 藤本 常勝 スズキ RM125 14 渡辺  学 ヤマハ YZ125
15 川島雄一郎 ホンダ CR125R 15 大薮 逸人 カワサキ KX125 15 斉藤 真也 ヤマハ YZ125
16 須田  純 カワサキ KX125 16 段上 高洋 スズキ RM125 16 国立 賢治 カワサキ KX125
17 加賀 真一 スズキ RM125 17 井原  健 ホンダ CR125R 17 川田 朋広 ヤマハ YZ125
18 佐藤 英吾 ヤマハ YZ125 18 須田  純 カワサキ KX125 18 増川 誠治 スズキ RM125
19 鈴木 友也 ヤマハ YZ125 19 小島太久摩 スズキ RM125 19 大薮 逸人 カワサキ KX125
20 井原  健 ホンダ CR125R 20 渡會 修也 カワサキ KX125
21 渡會 修也 カワサキ KX125 21 今井 隆充 スズキ RM125
22 国立 賢治 カワサキ KX125 22 鈴木 大助 スズキ RM125
23 段上 高洋 スズキ RM125 23 平瀬 慎士 カワサキ KX125
24 斉藤 真也 ヤマハ YZ125
--- 以上完走 ---
25 長田 智邦 スズキ RM125 R 鈴木 友也 ヤマハ YZ125
26 馬場  仁 スズキ RM125 R 増川 誠治 スズキ RM125
--- 以上完走 ---
R 佐藤 英吾 ヤマハ YZ125
R 戸田 蔵人 ホンダ CR125R R 渡辺  学 ヤマハ YZ125
R 鈴木 大助 スズキ RM125 R 川田 朋広 ヤマハ YZ125
R 今井 隆充 スズキ RM125 R 戸田 蔵人 ホンダ CR125R
R 小林  亮 ホンダ CR125R

 

無断転載を禁止します。  
 

シリーズランキング 前のレース 次のレース INFOS INDEX