MENU

HONDA

検索
ホンダホームページへ
モータースポーツへ
INFOSへ



















INFOS_LOGO
link


1999 GT All Star Race


GTオールスター戦 '99
オートポリス(大分県) 
1999年11月28日開催
天候:曇り時々みぞれ  気温:5℃  観客:48,800人   

 

                                                                        


今季最後の熱戦が繰り広げられたGTオールスター戦
予選から好調のNSX勢が1-2フィニッシュを手中に!!

現役最後のレースを終えた高橋国光
 現役最後のレースを終えた高橋国光 
熱戦を満喫させてくれた1999年全日本GT選手権シリーズ(JGTC)。ここで激闘を繰り広げたGTマシンが、九州大分のオートポリスに終結し、恒例の「GTオールスター」が開催された。このレースに参加できるのは、'99JGTCシリーズの勝利チームをはじめ、選りすぐりのトップクラス全25チーム。ノンタイトル戦ということもあり、JGTCで採用されたウエイトハンディは採用されず、本来のポテンシャルが激突する注目の1戦となった。

シーズンを締めくくる1戦の舞台となったオートポリスは、スケジュール初日となった11月28日(金曜日)から寒波に見舞われ、ドライバー、チームともこの冬いちばんの寒さに震え上がった。気温5℃前後、路面温度も6℃というコンディションにより、走行中のタイヤが暖まらず、各チームはセッティングに苦慮することとなった。

しかし、NSX勢はJGTCで苦闘を強いられたウエイトハンディから開放され、本来の軽快な走りを展開。その結果、公式予選ではT.コロネル/光貞秀俊組(Mobil 1 NSX)がポールポジションを手中にし、2番手に中子 修/道上 龍組(Castrol無限NSX)、3番手には脇阪寿一/金石勝智組(TAKATA童夢NSX)が入り上位を独占。高橋国光/飯田 章組(RAYBRIG NSX)も5番手に着けた。

そして、決勝当日。夜半過ぎから降り始めた雪がうっすらと積もり、フリー走行は雪化粧のサーキットで行われた。降り続いていた雪は決勝開始前に霧雨に変わり、スタート直前にはそれもほぼ止みコースは部分的にドライに。グリッドに並んだ大部分のマシンがレインタイヤを選択したが、一部のチームは溝の浅いインターミディエイト、さらにドライ用のスリックを装着。しかし、スタート直後には再び冷たい雨が降りだし、結果的にレインタイヤを選択したチームがレースを有利に闘うこととなった。

レースはスタート直後からNSX勢が主導権を握った。スープラ勢はマシントラブルやアクシデントに見舞われ脱落、GT-R勢がNSX勢をマークする展開となった。スタート直後からトップに立ったコロネル/光貞組は、終始安定した走行を繰り広げ直接のライバルとなった中子/道上組らを退けポールtoウイン。さらに、高橋/飯田組が2位入賞を果たし、NSX勢が1-2WINを飾った。

一時はトップに立った中子/道上組は、レース後半にペースが上がらず5位。インターミディエイトを選択していた脇阪/金石組は、一時激しくなった雨によりスピン。無念のリタイアを喫している。


GTオールスター戦 '99 結果表


POS CLASS DRIVER CAR LAP TOTAL
1 GT500 T.コロネル/光貞 秀俊 Mobil 1 NSX 54 1:46'04.232
2 GT500 高橋 国光/飯田  章 RAYBRIG NSX 3.524
3 GT500 鈴木亜久里/M.クルム ARTAゼクセルスカイライン 38.378
4 GT500 E.コマス/本山  哲 ペンズオイル・ニスモGT-R 48.405
5 GT500 中子  修/道上  龍 Castrol 無限 NSX 1'37.696
6 GT500 関谷 正徳/黒澤 琢弥 カストロール・トムス・スープラ 1'55.827
7 GT500 竹内 浩典/立川 祐路 FK/マッシモセルモスープラ 1'56.217
8 GT500 木下 隆之/近藤 真彦 cdma One セルモスープラ 53 1lap
9 GT500 長谷見昌弘/田中 哲也 ユニシアジェックススカイライン 1lap
10 GT500 田嶋 栄一/本庄 康幸 ECLIPSEタイサンバイパー 52 2laps
11 GT500 星野 一義/影山 正美 カルソニックスカイライン 2laps
12 GT500 和田  久/古谷 直広 ノマドディアブロGT1 2laps
13 GT500 土屋 圭市/影山 正彦 デンソーサードスープラGT 51 3laps
14 GT500 山田 洋二/岡田 秀樹 NICOS McLaren 3laps
15 GT300 小林 且雄/谷川 達也 クスコスバルインプレッサ 50 4laps
16 GT300 松本 晴彦/山野 哲也 RE雨宮マツモトキヨシRX7 4laps
17 GT300 土屋 武士/井出 有治 ザナヴィARTAシルビア 49 5laps
18 GT300 福山 英朗/大八木信行 ダイシン シルビア 5laps
19 GT300 織戸  学/原  貴彦 ウエッズスポーツセリカ 5laps
20 GT300 新田 守男/高木 真一 モモコルセ・アペックスMR2 5laps
21 GT500 野田 英樹/W.ガードナー ESSO Tiger Supra 48 6laps
22 GT300 松田 秀士/D.シュワガー STPアドバンタイサン GT3R 39 15laps
--- 以上完走 ---
R GT500 鈴木 利男/片山 右京 カストロール・トムス・スープラ 24 30laps
R GT500 脇阪 寿一/金石 勝智 TAKATA 童夢 NSX 23 31laps
R GT300 石川  朗/平野  功 オークラRX7 14 40laps

 

無断転載を禁止します。