MENU

HONDA

検索
ホンダホームページへ
モータースポーツへ
INFOSへ



















INFOS_LOGO
link


1999 All Japan Grand Touring Car
Championship Series


1999 全日本GT選手権シリーズ
第2戦 富士スピードウェイ 
1999年 5月2日開催
天候:晴れ  気温:23℃  観客:48,100人  

 

                                                                        


高橋(国)/飯田組(RAYBRIG NSX)が優勝!!

優勝を飾ったRAYBRIG NSX
 優勝を飾ったRAYBRIG NSX 
予選でポールポジションを獲得したのは竹内/立川組(T)。NSX勢ではウエイトハンディのない高橋(国)/飯田組(RAYBRIG NSX)が3番手、コロネル/山西組(Mobil 1 NSX)が5番手、中子/道上組(Castrol無限NSX)が7番手。開幕戦で優勝を飾ったことで、今大会中、最も重い70kgのウエイトハンディを積んだ脇阪/金石組(TAKATA童夢NSX)は11番手スタートとなった。

ローリングスタートで熱戦の火ぶたを切った決勝で、まずトップに立ったのは竹内浩典(T)。その後方には上位陣が僅差で続いたが、脇阪寿一(TAKATA童夢NSX)は多重クラッシュに巻き込まれ無念のリタイア。この間にも竹内が快調にトップを走行し、2番手争いではNSX勢とスープラ勢が激しく競り合うこととなった。

この集団から抜け出した飯田 章(RAYBRIG NSX)はペースを上げ竹内を猛追。9周目の第1コーナーでトップを奪うと、さらに後続との差をぐんぐんと広げていった。その後方では、山西康司(Mobil 1 NSX)が3番手にポジションアップしていた。

トップを快走する飯田は、42周を走り終えたところでピットイン。NSXを引き継いだ高橋(国)はトップでコースに復帰し、後続に大きなアドバンテージを守ったまま周回を重ねていた。その後方では、コロネル(Mobil 1 NSX)が2番手にポジションアップしたが、黄旗追い越しで10秒のペナルティストップを科せられ後退。ここから追い上げる途中にミッショントラブルでコースアウトを喫し、58周でレースを終えている。また、中子/道上組は序盤のスピンで大きくポジションを落としていた。

トップを快調に走行していた高橋(国)は、その後も後続に脅かされることなく67周を走りきり優勝を飾った。この他のNSX勢は、中子/道上組が12位、コロネル/山西組はリタイアしたものの、周回数で完走扱いとなり23位となっている。また、脇阪/金石組はオープニングラップの多重クラッシュに巻き込まれリタイアとなった。


全日本GT選手権 第2戦 結果表


POS CLASS DRIVER CAR LAP TOTAL
1 GT500 高橋 国光/飯田  章 RAYBRIG NSX 67 1:40'14.664
2 GT500 竹内 浩典/立川 祐路 FK/マッシモセルモスープラ 41.634
3 GT500 星野 一義/影山 正美 カルソニックスカイライン 58.008
4 GT500 鈴木 利男/D.マニング カストロール・トムス・スープラ 1'11.099
5 GT500 E.コマス/A.オロフソン ペンズオイル・ニスモGTR 1'13.557
6 GT500 木下 隆之/近藤 真彦 cdma One セルモスープラ 1'27.772
7 GT500 長谷見昌弘/田中 哲也 ユニシアジェックススカイライン 66 1Lap
8 GT500 野田 英樹/W.ガードナー ESSO Tiger Supra 1Lap
9 GT500 関谷 正徳/黒澤 琢弥 カストロール・トムス・スープラ 1Lap
10 GT500 和田 孝夫/木下みつひろ エンドレスアドバン GTR 1Lap
11 GT500 鈴木亜久里/A.ハーネ ARTAゼクセルスカイライン 65 2Laps
12 GT500 中子  修/道上  龍 Castrol 無限 NSX 2Laps
13 GT300 新田 守男/高木 真一 モモコルセ・アペックスMR2 63 4Laps
14 GT300 織戸  学/原  貴彦 ウェッズスポーツセリカ 62 5Laps
15 GT300 城内 政樹/河野 尚裕 シグマテック911 61 6Laps
16 GT300 松本 晴彦/山野 哲也 RE雨宮マツモトキヨシRX7 6Laps
17 GT500 松田 秀士/田嶋 栄一 STPアドバンタイサン バイパー 6Laps
18 GT300 古在 哲雄/小宮 延雄 ホイールショップアルタシルビア 6Laps
19 GT300 石橋 義三/星野  薫 外車の外国屋アドバンポルシェ 60 7Laps
20 GT300 余郷  敦/玉本 秀幸 ナインテンアドバンポルシェ 7Laps
21 GT300 井上隆智穂/高橋  毅 イエローマジックF355GT 7Laps
22 GT300 吉富  章/日置 恒文 大黒屋ぽるしぇ 59 8Laps
23 GT500 T.コロネル/山西 康司 Mobil 1 NSX 58 9Laps
24 GT500 土屋 圭市/影山 正彦 デンソーサードスープラ GT 53 14Laps
25 GT300 麻生 英彦/桧井 保孝 アビリティ・マリオポルシェ 52 15Laps
26 GT300 松永 雅博/藤原 靖久 Kosei CELICA 48 19Laps
--- 以上完走 ---
R GT300 小林 且雄/谷川 達也 クスコスバルインプレッサ 42 25Laps
R GT300 一ツ山 康/伊藤 大輔 BP-トランピオ-BMW 33 34Laps
R GT500 P.ラファネル/山路 慎一 マツモトキヨシ・トムススープラ 19 48Laps
R GT300 袖山 誠一/中村 善州 アイエーテックシルビア 48Laps
R GT500 和田  久/古谷 直広 ノマドディアブロGT-1 15 52Laps
R GT300 福山 英朗/大八木信行 ダイシン シルビア 52Laps
R GT300 R.デルフラー/R.ファーマン テイボン・トランピオ・FTO 14 53Laps
R GT300 須賀 宏明/D.マラガムア アドバンタイサンポルシェ 12 55Laps
R GT300 井倉 淳一/真希 遊世 JIM GAINER F355 9 58Laps
R GT300 石川  朗/平野  功 オークラRX7 3 64Laps
R GT300 土屋 武士/井出 有治 ザナヴィARTAシルビア 1 66Laps
R GT500 山田 洋二/岡田 秀樹 綜警 McLarenGTR 0 67Laps
R GT500 脇阪 寿一/金石 勝智 TAKATA 童夢 NSX 67Laps
  GT300 平野 敏行/染葉 輝彦 ヒラノMS BP&μ R32GTS   出走せず

 

無断転載を禁止します。