MENU

HONDA

検索

Honda Green Machine CR-Z CONCEPT 2009 機能性と爽快感を両立するインテリアデザイン。

2009年秋、Hondaが世の中に提案する、これまでとは全く異なるハイブリッドカー。それが、《CR-Z Concept 2009》です。このクルマのために新たに開発されたIMA(インテグレーティッド・モーター・アシスト)。走るという機能を、純粋に表現したフォルム。本当にかっこいいと思えるデザインをカタチにするためにHondaのもてる技術をすべて注ぎこんだこの一台が、ハイブリッドカーをさらに広げていきます。

1.先進的で、かつ、官能的。塊感を追求したエクステリアデザイン

目指したのは、誰もがうなずく存在感のあるスタイリング。
塊感のあるボディから隆起する量感あふれる前後のフェンダーが、止まっていても走りを予感させる躍動感と官能美を生み出します。


2.機能性と爽快感を両立するインテリアデザイン

操作性とハイブリッドカーならではの先進性を追及。メーターやスイッチ周辺のブルーアンビエント照明が、未来を感じさてくれます。


3.世界初※、ハイブリッドカーの6MTがもたらす新感覚のドライビング

世界で初めて、ハイブリッドカーに6速マニュアルトランスミッションを搭載。
1.5l i-VTECエンジン+IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)との組み合わせが、今までになかった新感覚の走りをもたらします。
(※Honda調べ)