MENU

HONDA

検索
Hondaホームページへmotor-roots cb750f

解説
CB900Fと同時開発の兄弟車で、900Fの翌年に登場。アメリカ仕様ではアップタイプだったハンドルも、さらに翌年の国内デビュー時には900F同様にアルミ製のセパレートハンドルを採用。エンジンは750Kをベースに68psを発揮。大胆なデザインとトリプルディスクブレーキやコムスターホイールなどの組み合わせなどで、スポーツ指向のユーザーに圧倒的な指示を受けた。 CB750F
仕様
全長:2190mm 全幅:795mm 全高:1125mm 車重:228kg(乾) 空冷4ストローク4気筒748cc 最高出力:68ps/9000rpm 最大トルク:5.9kg-m/8000rpm 変速機5段 タイヤ:R=3.25-H19、R=4.00-H18 発売当時価格('79年):53万8000円
コメント
「このバイクの開発をしたことで、多くの人に『山中さんの開発したバイクを買いました』と声をかけられるようになった。開発者とユーザーとのつながりを感じたのが新鮮だった」
閉じる


フッタ
ホームへ 検索へ お客様窓口へ ご意見・ご感想へ マップへ ホットニュースへ ホームへ