MENU
HONDA
検索

国内販売予定のグローバルモデルを
いち早くご紹介

2021 Honda Motorcycle Global Models

欧州をはじめ海外で発表済みの2021年モデルの中から、今後国内で販売を予定しているモデルをご紹介いたします。

  • 本ページの情報は全て海外仕様モデルのものとなります。
    国内販売モデルの仕様・装備・カラーリング・アクセサリー等は各モデルの正式発表をお待ちください。
new

Rebel 1100

ALL DAY REBEL

ALL DAY REBEL

シリーズ共通のシンプルなスタイリングに足つき性に優れた低重心で軽量な車体パッケージ、力強い走りを生み出す直列2気筒1,082ccのエンジン、ダイレクト&イージーな走りが好評のデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を搭載(タイプ設定)。
市街地走行からロングツーリング、ワインディングでのスポーティーな走りまで様々なシチュエーションで気軽に楽しめる大型クルーザーです。

その他主な特徴

  • 酸化チタンコート処理を施したインナーパイプと2ピース構造のボトムケースを組み合わせたフロントフォーク
  • リザーバータンク付リアサスペンション
  • スポーティーな走りと快適な乗り心地を両立した180mmワイドタイヤを採用
  • ライダーの走りをサポートするライディングモード、Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)、クルーズコントロール等の電子デバイス搭載

アメリカン・ホンダモーター製品情報ページ(英語)

メルマガ登録で最新情報を受け取る

X-ADV

Adventure
Urban Transporter

スマート&エキサイティング「Adventure Urban Transporter」

2017年の登場以来、「X-ADV」はタフなスタイリングとアドベンチャースピリットで、新たなジャンルを確立。2021年モデルはエンジン・シャシーを大幅に改良、またスタイリングを一新するとともに、新技術も投入されます。
パワーアップしたエンジン、最適化されたギア比、新設計されたフレームは軽量化され、よりスポーティーな走りを実現。また、スロットルバイワイヤシステムで制御するライディングモードの搭載、デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)およびHonda セレクタブル トルク コントロール (HSTC) の設定も刷新されています。

その他主な特徴

  • デュアルLEDヘッドライトにはデイタイムランニングライト(DRL)を装備
  • 新設計により容量を増やし、USBチャージャー(TypeC)も装備したシート下ラゲッジスペース
  • 専用アプリを通じて、一部のスマートフォン機能を音声入力またはハンドルスイッチ操作で行うことが可能な「Honda Smartphone Voice Control system」を採用(Android OSのみ対応)
  • 視認性に配慮し、より豊富な情報をライダーに伝える5インチフルカラーTFTメーター、Honda SMART Keyシステム連動 エレクトリック ステアリング ロックなど装備を充実

ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド製品情報ページ(英語)

メルマガ登録で最新情報を受け取る

CB1000R

大人のハイクラス
SPORTS ROADSTER

「大人のハイクラス SPORTS ROADSTER」

新世代CBシリーズのフラッグシップ「CB1000R」は、ミニマルかつアグレッシブなスタイリングを強調。特徴的なラウンドヘッドライトのハウジングはティアドロップ型になり、また、新デザインのスポークホイールは、スポーティーで軽快な雰囲気を際立たせ、その個性を演出します。

その他主な特徴

  • 専用アプリを通じて、一部のスマートフォン機能を音声入力またはハンドルスイッチ操作で行うことが可能な「Honda Smartphone Voice Control system 」を採用(Android OSのみ対応)
  • 視認性に配慮し、より豊富な情報をライダーに伝える5インチカラーTFTメーター

ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド製品情報ページ(英語)

メルマガ登録で最新情報を受け取る

NC750X

Crossover
Urban Transporter

さらにアクティブな毎日へといざなう「Crossover Urban Transporter」

省燃費でオールラウンドな走りが楽しめる「NC750X」は、エンジン、シャシー、スタイリング、実用性、その全てを刷新。750cc 水冷並列2気筒エンジンは、最高出力をアップしています。また、さらなる軽量化とギア比のショートレシオ化により、さらにスポーティーな乗り味を実現。シャープになったデザインと、コンパクトになったカウルで印象もよりスポーティーになりました。
スロットルバイワイヤシステムを通じて、3つのライディングモード (SPORT/RAIN/STANDARD)と各デバイスのレベルを任意で設定できるUSERモードが選択でき、ライダーはエンジン特性やレスポンスを調整できます。各モードはそれぞれデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)のシフトパターンと連携しています。
※DCTはタイプ設定

その他主な特徴

  • 新設計により容量と使いやすさが向上したラゲッジスペース
  • 新設計のLEDヘッドライト/テールライト/ウインカーランプ/LCDメーター
  • 防風性能を追求したウインドスクリーン
  • MTタイプには、クラッチレバーの操作荷重を軽減し、急激なダウンシフトによるリアタイヤロックも軽減するアシストスリッパークラッチを採用

ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド製品情報ページ(英語)

メルマガ登録で最新情報を受け取る

PCX

coming soon

CB125R

coming soon

GROM

coming soon

ニュースリリース

Facebook
Twitter