MENU

HONDA

検索
運転免許不要

  • トップ
  • スタイル
  • 簡単操作
  • 快適・安心
  • 主要諸元
  • オプション
  • 操作映像

  • 安全にお乗り頂くために
  • モンパル開発者インタビュー
  • よくある質問

「Hondaが初めて手がけた四輪電動カート」として話題を集めたモンパル ML100の発売から6年。より快適な乗り心地と高い走行安定性を実現し、安心して気軽に乗れるスタイリッシュ・デザインのニューモデル・モンパル ML200が誕生しました。 そこで、今回登場した新モデルのコンセプトや、開発にまつわるエピソードなど、担当者の声をご紹介します。

コンセプト

本田技術研究所
朝霞東研究所
主任研究員
保坂 潤

 

保坂 潤  

デザイン

本田技術研究所
朝霞東研究所
デザインブロック 研究員
山岸 政彦

<プロフィール>
1986年の入社当初より、乗用芝刈機などパワープロダクツの開発を担当。95年より電動カートの開発に携わる。

  <プロフィール>
1985年入社。NSX-Rの企画/立案・デザインに携わり渡欧ののち、欧州向けシビック・アコードなどのデザインを担当。帰国後、フィットのデザインを手掛け、今回モンパル ML200のデザインを担当。



時間をかけたフィールドワークから生まれた
「スマートパッケージ」というコンセプト

   

今回のモンパル ML200の開発に当たっては、「従来のモデルとは全く違う」と感じさせるものを作りたい、という強い思いがプロジェクトチーム全体の中にありましたね。そのため、コンセプトワークにはかなり時間をかけました。現在のユーザーさんの声を聞くことはもちろん、これからユーザーになるであろう50代、60代の方たちにもヒアリング調査を重ね、「これからのパーソナル・モビリティーはどうあるべきか?」というテーマを追求した結果、生まれたコンセプトが「スマートパッケージ」です。具体的には、「安心」「快適」「おしゃれ」の三つをキーワードに、アクティブで若々しい今の時代を生きるシニア層に支持される、斬新な電動カートを目指しました。

 
 

NewモンパルML200の開発を担当した保坂氏



業界No.1の走行安定性など、
Honda独自の技術力が可能にした多彩な特長

   

「安心」「快適」「おしゃれ」のキーワードの答えとして、まず、非線形スプリング付独立フロントサスペンションなどを専用に開発。これは、走行時の安定性と快適性 に大きく寄与しており、走行安定性では業界No.1であると自負しています。加えて、先進安全研究車「Honda ASV-3」の「LONG※1デザイン」を市販製品として初めて採用。被視認性を高め、より安心してお使いいただけるよう配慮しました。さらに、取り回しの向上を図るため、運転席から前輪の向きや動きが見やすいフロントフェンダーを採用しています。また、高出力ブラシレスモーターと新開発の高効率制御システムを採用することで、トップクラスの優れた登坂力と、1回の充電で25km※2の連続走行を可能としながら、よりスムーズな発進・停止と旋回フィーリングを実現。そして、車体の幅を595mmとコンパクト化。先進性を感じさせる、スリムで取り回しに優れた「スマートパッケージ」を具現化しています。

 


Newモンパルの多彩な特長を熱心に語る保坂氏

※1:Longitudinal Oriented Normative temporal Gap compensateの略
※2:デラックスタイプ(スタンダードタイプは16km)



コンパクトでスリムな車体でも、
低重心で安定感を与えるデザインが特徴

   

私がモンパルML200をデザインする上で、一番表現したいと考えたのは、今までの「電動カート」という枠にとらわれない、アクティブなシニアのお客様に向けた「Hondaらしい新しいモビリティー」でした。デザイン・コンセプトは、「QUALITY LIFE−お年寄りの質の高い生活を支える、安心、気軽、オシャレな新しい乗り物」。自分の足で歩くような感覚で、町の風景や季節を感じながら楽しんで乗っていただきたい。そんな想いを込め、低重心で安定感のあるデザインとし、コンパクトでスリムな車体にもかかわらず、安心感を与えるデザインが特徴です。また、2灯式のヘッドライトを採用し、愛着のわくフレンドリーなフロント・フェイスも表現しています。

 
 

山岸氏によるデザインスケッチ



多くのお客様に楽しく乗っていただくため
デザインを大切に開発

   

今回のデザインでの大きなポイントは、スリムでスマートなデザインを実現したフロントフェンダーです。じつは試作中、未舗装路などでタイヤとフェンダーの間に土が詰まった際に、走行できなくなるということが判明。「これはもうダメか」と諦めかけた時、フェンダーの後端に「カンナ」を付ければタイヤに積層された土を削り落とせる、という画期的なアイデアがメンバーから提案され、ようやく実現したものなんです。このように、デザインを大切にして開発したモンパルML200は、より多くのお客様に、気軽に楽しく乗っていただきたいですね。きっと、お孫さんたちから「おじいちゃん、かっこいい!」「おばあちゃん、オシャレ!」と言っていただけることでしょう。

 
 

フェンダーの後端に「カンナ」を取り付けた。

 
 

ページの先頭へ戻る▲