MENU
HONDA
検索
コラボレーション/タイアップ テクノロジー活用 -Honda TECHNOLOGY LICENSING-

開発ストーリー

Remosis

HRiME×接客サービス AIと自然な対話ができるシステムの
構築をよりスピーディに

開発企業 / 株式会社Nextremer
開発製品 / リモート接客システム「Remosis」
使用技術 / マルチドメイン対話システムフレームワーク(HRiME)

AIプロダクトを展開するITベンチャー企業 株式会社Nextremer
株式会社Nextremer

Nextremerは「遠隔コミュニケーションの最適化」をコンセプトに各種業界の接客シーンに特化したAIプロダクトを展開するITベンチャー企業。「テクノロジーの社会実装を通じて、持続可能な社会を創る」をミッションに掲げ、AIのプロダクト化・社会実装を強みとしています。近年では、創業当初より研究を重ねてきた自然言語処理技術・画像認識技術を用い、蓄積したデータの高度な分析を実施。遠隔コミュニケーションにおけるデータの価値化によりお客様の本質的な課題解決を行っています。

Honda技術者の熱意から共同研究へ

HondaはNextremerの創業期に研究開発を委託。このことをきっかけに、多くのHondaグループの先端技術研究者とNextremerは関わりを持つようになりました。Hondaグループ技術者の技術に対する熱意、プロダクトとして社会実装しようという姿勢にNextremeは共感、2015年頃からはHRI-JPの音声対話技術の協力企業として研究開発委託のみならず共同研究、実証実験等を実施。
2017年、NextremerはHRI-JP研究成果 「HRiME(自然言語処理技術)」の技術を組み込んだ対話システムを開発し、事業としてサービス提供を推進しています。

共同開発による成果「Remosis」

遠隔コミュニケーションの最適化を目指したコミュニケーションツール「Remosis」の自動対話部分において、自然言語処理の一部分にHRiMEを組み込んで実装。スピーディーなシステム構築が実現されました。一般的に対話システムの開発においては、高度な言語解析技術が必要となる上、開発には長い時間が要されます。しかし、HRiMEを活用することで開発工数が大幅に削減。最新技術をいち早く社会価値へと還元したいというNextremerの創業当初からの想いを形にすることができました。サービス提供が開始されたRemosisは多くのお客様から必要とされるツールとなりました。
その後もNextremerとHondaは継続して連携。お客様からのフィードバックを元にプロダクトを強化しています。

Remosis

Remosis

Remosis URL:https://www.remosis.io/

今後もHondaの技術を活用したサービスを開発

さらにHondaとNextremerは継続的サービス開発のため協業契約を締結し、Hondaは今後画像認識技術や音声認識技術等の技術をNextremerへ提供予定。Nextremerは、様々なデータを応用することによる付加価値提供サービスに力を入れていきます。具体的にはマルチモーダルインターフェースを備えた遠隔コミュニケーションプロダクトの開発を目指しています。また、プロダクトを通じたテクノロジーの社会実装経験を強みに、モビリティ分野におけるHMI(ヒューマンインターフェース)技術開発へも力を入れていく予定です。

その他の開発ストーリー

アレルクリーンプラス

アレルクリーンプラス×オフィスチェア クルマのシートの布地で
オフィスチェアに抗ウイルス・抗アレルゲンの性能を

開発企業 / 株式会社内田洋行
開発製品 / オフィスチェア
使用技術 / アレルクリーンプラス

開発ストーリーを読む

Honda Technology License Top