MENU

HONDA

検索

その他のニュース一覧へ

≫ 2020年2月12日

「HondaJet Elite」パキスタンで型式証明を取得

Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company 以下、HACI)は、シンガポールのチャンギ・エキシビション・センターで2月11日(火)から16日(日)まで開催されるアジア最大の航空ショーであるシンガポール・エアショーにおいて、パキスタンの民間航空局から型式証明を取得したことを発表しました。

型式証明は、パキスタンにおける管轄官庁であるパキスタン民間航空局(Pakistan Civil Aviation Authority)が定める強度、性能、安全性、機能および信頼性などに関する厳格な基準をHondaJet Eliteが満たしていることを証明するものです。HondaJet Eliteは、2018年5月の発表後、米国、欧州、メキシコ、ブラジル、インド、日本、カナダ、トルコ、および中国で型式証明を取得しており、今回新たにパキスタンにおける型式証明が加わったことで合計9カ国・1地域となりました。

HondaJet Eliteは、Honda独自の主翼上面エンジン配置に加え、エンジンの新ノイズ低減インレット構造、最新のアビオニクスシステムや安全性制御技術などを採用した先進の小型ビジネスジェット機で、クラス最高水準※1の最高速度、最大運用高度、航続距離、燃費性能、広い客室および大容量の荷物室を実現しました。小型ビジネスジェット機カテゴリーにおいて、2017年、2018年に続き、2019年上半期にもデリバリー数世界No.1※2を達成しました。

■ホンダ エアクラフト カンパニー取締役社長 藤野 道格のコメント「最新型のHondaJet Eliteのパキスタンでの型式証明の取得が、アジア地域におけるHondaJetのさらなる市場拡大に繋がることを期待しています。今後、HondaJetの優れた性能により、アジア地域のお客様にも効率的かつ快適な移動手段を提供し、『生活の可能性』をさらに拡げていきたいと思います」

※1 Honda 調べ
※2 General Aviation Manufacturers Association(GAMA)のデータに基づく

シンガポール・エアショー2020でのHondaJet Elite

【ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company,LLC)概要】設立   : 2006年8月
出資形態 : American Honda Motor Co., Inc. 100%出資
代表者  : 取締役社長 藤野 道格(ふじの みちまさ)
所在地  : 米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市

その他のニュース一覧へ