MENU
HONDA
検索
元気な森を次世代のために、地域のために。
HondaWoods

HondaWoods

  • 森に行こうよ!TOP
  • 森の達人に学ぼう
  • 子どもの森の遊び
  • なぜ?なに?自然の大図鑑
  • 森に行こうよ!子どもの森の遊び
  • 2021.04.28

河原の石でストーンペインティングしてみよう!

河原の石でストーンペインティングしてみよう!
奥山 英治
今回の案内人
ハローウッズ キャスト/
日本野生生物研究所代表/
ナチュラリスト/イラストレーター
奥山 英治

こんにちは!日本野生生物研究所の奥山です。自然遊びとは、生きものを追いかけたり木登りや岩登りをしたり、自然の中で自由に想像力を働かせて遊ぶこと。今回は、河原に落ちている石に思い切り想像力を膨らませて絵を描くストーンペインティングをご紹介します。

自然遊びに絶好の場 “河原”

私が子どものころは、河原の石を拾ってその石に絵を描いていくストーンペインティングをよくやっていました。絵を描くのが面白いのはもちろんですが、その前段階の石拾いが子どもだった私にとって大変面白い遊びだったからです。

川の上流・中流・下流で石の形は違います。上流には大きくて尖った角のある石が多く、下流に行けば小さく角が取れた丸みを帯びた石が多くなります。 そんな、大きさや形、色が違う千差万別の石を見て「これは〇〇に似ている、〇〇に見える」と想像力を膨らませて、その石に描く絵を決めていくのです。見たこともないような形や色の石を見つけたときの感動、ドキドキは格別です。

しかし、最近はそんな「石拾い」ができる川が少なくなりました。元々、河原には草が生え、石がころがり、子どもたちの格好の遊び場になってましたが、今は都市部に行けば行くほどコンクリートで護岸工事を施され、またグラウンドなどに整備されて、石が転がっている場所が少なくなっています。川の氾濫を防ぐため、安全のため、という意味では仕方がないことなのですが、自然遊びの場所としての河原の面白さを知っているだけに、寂しい限りです。

ストーンペインティングのやり方

さて、それでは具体的にストーンぺインティングの遊び方をご紹介していきましょう。まずは河原に行って、絵を描く石を探します。絵を描きやすいのは角が削れた丸い石です。あまり上流だとゴツゴツ尖った石が多く、また大きさも手ごろなものが無いので、中流から下流にかけての河原に行くといいでしょう。

また、落ちている石なら何でもいいわけではなく、何を描こうか? と想像しながらその絵に合った形の石を探していきます。今回は簡単な方法を紹介しますが、だんだんコツを掴めてきたら、立体的な絵や変わった形の石を探してその石の形に合わせて絵を描くことも、楽しみの一つになりますよ。

  • 1. 石を選んで拾う

    川の中流から下流にかけての河原には、こんな石が落ちています。大きさや形から「この石なら何が描けるかな?」と想像しながら石を選んでいきます。

  • 1. 石を選んで拾う
  • 2. 拾った石を洗う

    泥や汚れが付いていると絵の具やマジックをうまく塗れないので、拾った石はまずスポンジやたわしできれいに洗います。

  • 2. 拾った石を洗う
  • 3. 洗った石を乾かす

    洗った石は、日によく当たるところで乾かします。写真のように、持ってきたカゴやバケツをひっくり返してその上に乗せるといいでしょう。

  • 3. 洗った石を乾かす
  • 4. 下絵を描く

    拾った石を手元に置いて、その石にどんな絵を描くのかまずノートなどに下絵を描くと、失敗せずに描くことができます。屋外でノートなどが無い場合は、下絵なしでチャレンジしてもOKです。

  • 4. 下絵を描く
  • 5. 白い絵の具を塗る

    下絵ができたら、いよいよ石に絵を描いていきますが、まずは色が塗りやすいように石全体を白い絵の具でまっ白に塗ります。

  • 5. 白い絵の具を塗る
  • 6. 絵を描いていく

    下絵がある場合は下絵を見ながら、マジックや絵の具で絵を描いていきます。焦らず一色ずつ乾かしながら、時間をかけて描いていくといいでしょう。

  • 6. 絵を描いていく
  • 7. 完成

    ストーンペインティングの完成です。石に描く絵は自由なので、いろいろな形の石を選んでたくさん作ってみましょう。慣れてきたら大きな石を使った大作にも挑戦してみましょう。

  • 7. 完成

いかがですか? ストーンペインティングって楽しそうでしょう? お父さんやお母さん、お兄さんやお姉さんと、どちらが上手に絵を描けるか競争してみると、さらに楽しくなりますよ。皆さんもぜひ挑戦してみてください。

  • ※河原に行く場合は、必ず大人と一緒に行くようにしましょう。また水難事故の危険がありますから、川の中には入らないようにしましょう。
  • ※川によっては石の持ち出しが違法になる場合があるため、各河川地域の河川管理局に確認の上、行うようにしましょう。
  • ※ストーンペインティングした石は河原へ直接破棄したりせず、各地域のゴミ出しのルールに則って破棄するようにしましょう。

ツインリンクもてぎの自然体験施設「ハローウッズ」へ行ってみよう!

ハローウッズは42ha(東京ドーム約9個分)の広さがあり、いつでも、誰でも、思いっきり遊べる元気な森です。人と自然が楽しくかかわり合い、自ら体験し、発見できるプログラムをたくさん用意して、皆さんをお待ちしています。

ハローウッズのホームページへ

ハローウッズの森キャンプ場「まつぼっくりサイト」

  • ハローウッズの森キャンプ場「まつぼっくりサイト」
  • ハローウッズの森キャンプ場「まつぼっくりサイト」

    ハローウッズの森の中でキャンプしてアウトドアを楽しみませんか?
    ※現在は予定通り開催に向け準備を行っておりますが、新型コロナウイルス感染症状況を注視したうえで判断し、内容を変更して実施または開催中止の可能性がございます。ご理解くださいますようお願いいたします。

    「まつぼっくりサイト」ページへ
インデックスへ戻る