MENU
HONDA
検索
元気な森を次世代のために、地域のために。
HondaWoods

HondaWoods

  • 森に行こうよ!TOP
  • 森の達人に学ぼう
  • 子どもの森の遊び
  • なぜ?なに?自然の大図鑑
  • 森に行こうよ!子どもの森の遊び
  • 2020.11.30

秋の森の味覚 ヤマノイモの「むかご」を食べよう!

秋の森の味覚 ヤマノイモの「むかご」を食べよう!
奥山 英治
今回の案内人
ハローウッズ キャスト/
日本野生生物研究所代表/
ナチュラリスト/イラストレーター
奥山 英治

こんにちは! 日本野生生物研究所の奥山です。秋も終盤、そろそろ冬を迎えようかという今くらいの季節は、森の恵みである「むかご」の収穫時期です。今回は、栄養価も高くて美味しい秋の味覚「むかご」について、ご紹介します。

秋の森で見つかる「むかご」って何?

「むかご」とは、写真のように小さな豆か芋のような不思議な物体です。辞書などで調べてみると、「植物の栄養繁殖器官」とか「わき芽が養分を貯え肥大化した部分のこと」などと書いてあります。つまり「むかご」とは特定の植物の種類を指す名前ではなく、植物のある部位を指す言葉ということです。

どんな植物にも「むかご」ができるわけではありません。また「むかご」ができる植物でも苦くて食べられない種類もあります。昔から秋の味覚として楽しみにされてきたのは、ヤマノイモやナガイモの茎や葉の付け根に形成される「むかご」です。これらイモ類の植物は、蔓(つる)がにょきにょき地上に伸びていき、枝分かれしてたくさんの葉を付けますが、この蔓の枝分かれ部分や葉っぱの付け根部分にできる小さな豆のような物体が、食用となる「むかご」です。

それでは、森の中で見つけて食べることができる「むかご」として、今回はヤマノイモの「むかご」について、詳しくご紹介していきましょう。

食べる「むかご」の代表格ヤマノイモ。

「ヤマノイモ」は他の木に蔓をからませて伸びていく蔓性の植物で、細長いハート型の葉っぱが特徴です。根の部分は「自然薯(じねんじょ)」と呼ばれる芋で、食材として人気があります。山や森の中で比較的簡単に見つけることができますが、なかなか大きく育たないのが難点。そのため、立派な自然薯が見つかるのはかなり稀で、その分、高値で取引されています。

このヤマノイモ、実は大変面白い増え方をします。まずは種(タネ)で増える場合からご紹介すると、ヤマノイモの種は3室に分かれたさやの中に入っており、1室の中には薄く平べったい種が2枚。よって1さやに6枚の種が入っていることになります。これが風に乗って遠くへ運ばれ、地面に落ちて芽を出し、増えていくのです。

次に「むかご」から増える場合です。ヤマノイモの蔓の分かれ目や葉の付け根には直径5~10mmほどの大きさの「むかご」ができますが、これは種芋の役割を果たします。つまり、土の中に埋めれば春には芽を出すのです。もちろん芽が出るためにはいろいろな条件が必要なので、地面に落ちた「むかご」がすべて芽を出すわけではありません。しかし1本のヤマノイモの蔓には多ければ100個以上の「むかご」ができると言われていますから、その中にはうまく芽を出して育っていくものがいるのです。

森の中でヤマノイモの「むかご」を見つけよう!

今回は、森に出かけてこの「むかご」を食べてみることにしました。秋~冬にヤマノイモを見つけるには、特徴的な葉の形が目印になります。ヤマノイモは森の中の他の木に蔓をからませていて、葉っぱの形は細長いハート型。蔓の左右に1枚ずつ、2枚ついていますから、この葉っぱを見つけるのです。ただ、森の中には似たような蔓植物も存在するので注意が必要です。

ヤマノイモの葉っぱを見つけたら、蔓をたどって「むかご」を探します。「むかご」は、葉っぱの付け根に2個ずつ付いていることが多く、大きさは成長の度合いでバラバラなので、大きなものを狙って採ります。秋も深くなると蔓を触っただけで「むかご」は落ちますので、蔓の下で傘を逆さに広げて蔓を揺らすと、「むかご」が傘の中に落ちてたまります。

「むかご」の素揚げを作って食べてみよう!

「むかご」が採れたら、家に持ち帰って調理してみます。今回は、簡単にできて素朴な味が癖になる、素揚げを作ってみました。

  • 水洗いする

    採集した「むかご」を水で流し洗いして、浮いた「むかご」やゴミなどを取り除きます。

  • 水洗いする
  • 水分をとる

    油で揚げるので、水を切って軽くキッチンペーパーなどで水分を拭き取ります。

  • 水分をとる
  • 油で揚げる

    140~160度の油で3~5分ほど揚げます。

  • 油で揚げる
  • 塩を振って出来上がり

    揚がった「むかご」の油を落として熱いうちに塩を軽く振ると、「むかご」の素揚げの完成です。

  • 塩を振って出来上がり

特に濃い味ではありませんが、素朴な味が癖になります。また、根の芋の部分と同じでかなりの栄養価がある食べものなので、おやつにもピッタリです。皆さんもぜひお試しください。
※調理の際は火の扱いなど安全に十分注意して、大人と一緒に行なってください。

ツインリンクもてぎの自然体験施設「ハローウッズ」へ行ってみよう!

ハローウッズは42ha(東京ドーム約9個分)の広さがあり、いつでも、誰でも、思いっきり遊べる元気な森です。人と自然が楽しくかかわり合い、自ら体験し、発見できるプログラムをたくさん用意して、皆さんをお待ちしています。

ハローウッズのホームページへ

森カフェ~ほかほか焼き芋~

  • 森カフェ~ほかほか焼き芋~
  • 森カフェ~ほかほか焼き芋~

    2020年12月5日・12日・26日・27日(各日日帰り開催)。冬の森の中で焚き火でアツアツ、ホクホクの焼き芋をダッチオーブンでつくります。森の中で落ち葉や枝を集め、薪を割り焚き火を楽しみながらプチアウトドアクッキングに挑戦!

    「森カフェ~ほかほか焼き芋~」ページへ
インデックスへ戻る