MENU
HONDA
検索
元気な森を次世代のために、地域のために。
HondaWoods

HondaWoods

  • 森に行こうよ!TOP
  • 森の達人に学ぼう
  • 子どもの森の遊び
  • なぜ?なに?自然の大図鑑
  • 森に行こうよ!子どもの森の遊び
  • 2020.03.18

ペットボトルの罠でゲンゴロウをつかまえよう!

ペットボトルの罠でゲンゴロウをつかまえよう!
奥山 英治
今回の案内人
ハローウッズ キャスト/
日本野生生物研究所代表/
ナチュラリスト/イラストレーター
奥山 英治

こんにちは!日本野生生物研究所の奥山です。晴れた日は上着がいらない陽気になってきました。田んぼの水路や池では、越冬していた生きものが目覚めて食べ物を求めて活発に動き出します。そこで今回は、普段は見つけるのが難しいゲンゴロウの仲間を罠で捕まえてみましょう。

日本最大の水中昆虫 “ゲンゴロウ”

ゲンゴロウは、かつて北海道から九州の池や沼、田んぼなど広い地域で見ることができた日本の水田の昆虫の代表格です。ゲンゴロウ類に属する約140種類を総称して「ゲンゴロウ」と呼ぶ場合と、その中のナミゲンゴロウ(オオゲンゴロウ)1種を指す場合があります。ナミゲンゴロウの成虫は体長40mmを超えるものもあり、日本最大の水中昆虫です。

ゲンゴロウの寿命は2~3年程度と比較的長く、成虫の姿で冬を越します。しかし詳しい越冬の生態は分かっておらず、水中の泥の中などで冬眠すると言われたり、活動が鈍るが冬眠状態にならずに冬を越すと言われたりしています。

いずれにしても、暖かくなるとゲンゴロウは本来の元気を取り戻し、活発に活動するようになります。ゲンゴロウは肉食昆虫なので、トンボの幼虫などの小さな昆虫や、場合によってはメダカやオタマジャクシを捕まえて食べますから、そうした性質を利用してゲンゴロウを捕まえることができます。

ペットボトルの罠づくりにチャレンジ!

ゲンゴロウは匂いに敏感で、エサになる生きものの匂いを感じ取ると素早く近寄ってきます。この習性を利用してゲンゴロウを捕まえる罠をつくりますが、今回仕掛けに使うのはペットボトルです。実はペットボトルからは、いろんな生きものを捕まえる仕掛けを作ることができますが、今回作るのはゲンゴロウ捕り専用の罠です。早速チャレンジしてみましょう!

  • 用意するもの

    ペットボトル・ハサミ・カッターナイフ・ペンチ・木ネジ・マジックペン・タコ糸。
    たくさん罠を仕掛ければ捕れる確率が上がるので、ペットボトルは複数用意。

  • 用意するもの
  • ゲンゴロウの入る穴

    ペットボトルにゲンゴロウの入る穴を下書きします。4~5cm×1cmの長方形を、写真のように底から2~3cm上の場所に斜めにマジックペンで数カ所書いていきます。

  • ゲンゴロウの入る穴
  • 水に沈める穴

    ペットボトルの底に、罠がスムーズに水に沈むように開ける穴を、マジックペンで印をつけていきます。

  • 水に沈める穴
  • カッターとハサミで切り抜き

    マジックで書いたラインを、カッターナイフで切り取ります。やりにくい時は、カッターで切り口を入れた後ハサミで切り取ります。

  • カッターとハサミで切り抜き
  • ネジをコンロであぶる

    木ネジをペンチでつかみ、コンロで木ネジをあぶります。
    ※火を使うので、大人の方と一緒にやりましょう。また、やけどや火事に十分注意してください。

  • ネジをコンロであぶる
  • 熱いネジで穴開け

    木ネジが赤くなったら、ペットボトルの印をつけたところに刺して熱で穴を開けていきます。

  • 熱いネジで穴開け
  • フタにも穴開け

    同じ方法で、ペットボトルのフタの中心にも穴を開けます。

  • フタにも穴開け
  • フタにタコ糸を通す

    フタの穴に、タコ糸1mを通し、フタの裏側にストッパーがわりに小枝や爪楊枝を糸が抜けない様に結びます。

  • フタにタコ糸を通す
  • エサ袋をつくる

    小さく手頃なネットや袋と、イワシやサンマなど匂いの有る魚を用意します。

  • エサ袋をつくる
  • 魚を潰してネットに入れる

    すり鉢などを利用して魚を潰し、ネットに入れたらエサ袋の準備OK。ネットじゃなく袋の場合は、鉛筆などで袋にたくさん穴を開けておきます。

  • 魚を潰してネットに入れる
  • ペットの中にエサ袋を入れる

    エサ袋をペットボトルに押し込む様に入れ、タコ糸のついたフタを閉めたら罠の完成です。

  • ペットの中にエサ袋を入れる
  • 罠を持って池や沼へ

    罠が完成したら、ゲンゴロウがいそうな池や沼、田んぼの水路などへ出かけます。

  • 罠を持って池や沼へ

どんなゲンゴロウに会えるかな?

罠を仕掛ける場所が決まったら、罠につけたタコ糸を竿や木の枝などに結んで水中に垂らします。この時、ペットボトルはイラストのように縦に4分の1ほど水面から出るようにしましょう。ゲンゴロウが罠に入った際、空気を吸えないと死んでしまうからです。また、ゲンゴロウは夜行性なので、罠は夕方から夜にかけて数時間仕掛けておきます。どんなゲンゴロウに会えるか期待して、いろんな場所で試してみましょう。

※ゲンゴロウは生息数が減少しており、中には絶滅危惧種に指定されている種類もあります。罠で捕まえても、傷つけないように間近で観察したあとは、逃がしてあげるようにしましょう。

ツインリンクもてぎの自然体験施設「ハローウッズ」へ行ってみよう!

ハローウッズは42ha(東京ドーム約9個分)の広さがあり、いつでも、誰でも、思いっきり遊べる元気な森です。人と自然が楽しくかかわり合い、自ら体験し、発見できるプログラムをたくさん用意して、皆さんをお待ちしています。

ハローウッズのホームページへ

生きもの探険隊
~早春の棚田で生きもの大捜索編~

  • 生きもの探険隊 ~早春の棚田で生きもの大捜索編~
  • 生きもの探険隊
    ~早春の棚田で生きもの大捜索編~

    春のハッチョウトンボの棚田は、カエルやイモリ、春の草花やそこに集まる昆虫など、里山の生きものたちで大賑わい。 探して見つけて、ときには自分の手でつかまえてじっくり観察してみよう!

    ハローウッズ「生きもの探検隊」ページへ
森の中には不思議がいっぱい! もっと詳しく見てみよう!
インデックスへ戻る