高速道路を運転するとき
渋滞などの低速走行時に
ふらつかないために

トラフィック
ジャムアシスト
(渋滞運転支援機能)

渋滞などの低速走行時に車線の真ん中を
走れるようにします。

機能説明動画

[サムネイル]機能説明動画

ノロノロ運転の低速走行時に、車線中央付近を走行するようステアリング操作を支援。渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロールのスイッチもONにしておけば、ドライバーのさらなる運転負荷軽減につながります。

トラフィックジャムアシストは、車線維持支援システム(LKAS)がONのときに作動します。車速が65km/h以上になると、トラフィックジャムアシストから車線維持支援システム(LKAS)に切り替わり、車線維持支援システム(LKAS)が作動します。車速が50km/h以下になると、トラフィックジャムアシストは復帰します。

0km/h
トラフィック
ジャムアシスト
65km/h
車線維持支援
システム(LKAS)
渋滞追従機能付
アダプティブクルーズコントロール

この機能をもっと詳しく

  • ●Honda SENSINGは、ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。
  • ●トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)は、0km/h~約65km/hで作動します。高速道路や自動車専用道路を運転するときに使用してください。また、運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者がステアリングから手を放した状態や、運転者が意図的に車線を越えるようなステアリング操作をしているとき、また、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

ご使用に際して、
知っておいていただきたいこと

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
を搭載している車種

トラフィックジャムアシスト
(渋滞運転支援機能)
を搭載している車種

* CVT車のみに設定