はじめての地元
with Honda e

地元で”はじめて”を、体験しよう。
近くにあるのに体験したことのない
はじめての道、はじめての景色、
はじめてのアート、はじめての伝統工芸。
Honda eといっしょに、
金沢の新しい魅力を再発見しに出かけませんか。

期間
2020年11月17日(火)~12月25日(金)
概要

金沢市在住の方々に「Honda e」を無料で貸し出し、
「Honda e」でお好きな三つのコースを巡っていただきます。

リーフレットでルートを
詳しくチェック

金沢の新しい魅力再発見コース
Route1
-インスピレーション膨らむ、アートな出会いを。-
アート&クラフト体験
Route2
-はじめての道で、新しい発見を。-
ローカルストリート巡り
Route3
-むかしもいまも。伝統と進化を感じる体験を。-
歴史と自然のいいとこ探し
対象
金沢市および近隣に在住の方
利用方法
Hondaのレンタカー・カーシェアサービス『EveryGo』に登録して、Honda eを予約
  1. まずはコチラから会員登録
  2. 登録後、マイページにログイン
  3. ステーション検索から「金沢」を検索して予約

自分らしい 働き方
with Honda e

急激に変わる、働き方。
山と海に囲まれ、
歴史と文化が交差する鎌倉。
Honda e といっしょに、
試住しながら
自分に合った働き方、見つけてみませんか。

期間
2020年11月16日(月)~12月25日(金) 予定
場所
神奈川県鎌倉市 稲村ガ崎 ほか
  • 稲村ガ崎にあるアパートの一室と
    「Honda e」を3~5日間程度の単位で貸し出す「試住」体験。
  • 滞在期間中、鎌倉市内のコワーキングスペースや
    鎌倉で働く人を対象に地域で社食を共有する施設
    「まちの社員食堂」を利用する体験も。
体験者
在宅勤務で移住を検討している方を予定
  • 移住スカウトサービス「SMOUT」などを活用し募集予定。
    定員に達し次第受付終了。

イベントレポート

防災
with Honda e

「“with” Project Honda e」の第一弾として、防災週間(8月30日~9月5日)に先立ち8月28日(金)~8月30日(日)に、「防災」をテーマにした「防災with Honda e」の展示会をHonda ウエルカムプラザ青山で開催しました。突然の災害時に日常と少しでも変わらず過ごせることをテーマに、Honda e を活用した車中での避難生活の提案を行いました。

Honda ウエルカムプラザ青山
8月28日(金)~8月30日(日)

災害時の車中泊を快適に。
いつでもどこでも
蓄電した電力を使用可能

Honda e は、シームレスライフクリエーターとして、いつでもどこでもバッテリーの電力を使用できるため、100Vのコンセントを車内に装備しており、ダイレクトに機器を接続可能にしています。また、外部給電器(Power Exporter 9000 など)を用いれば、人が集まる避難所などで、より多くの電力が利用可能となります。展示会では最大出力は500W、重量5.1kgとコンパクトな蓄電機「E500」も同時に展示し、Honda e の電力に+αの電源として非常用電源として使えることを紹介しました。

Honda e の電力で
何日暮らせる?

1日の家庭の消費電力を約10kWhとすると、Honda e なら非常時の電源として一般的な家庭の3日分の電力をまかなえます。また、カップヌードルで換算すると400食分の電力になります。Honda e そのものにも100Vのコンセントを搭載しており、1500Wまでの出力に対応するため、車内でも電気ケトルが使えます。

Hondaの
防災安心セット

展示会ではこのほか、災害時に車内で長時間過ごさなければならない時に備えたHondaの「防災安心セット」も展示いたしました。7年保存可能の水とクッキー、常備用カイロ、使い捨てトイレ、簡易ライトなど災害時に役立つ品がセットになっています。

未来のクリエーター
with Honda e

人と社会とクルマが自由につながる未来。
Design&Lifestyle誌「Pen」の協力のもと
これからの未来を創るクリエーターたちが
Honda e といっしょに、
自由な発想、大きな未来を描きます。

詳しくはこちら