MENU

HONDA

検索
ページリニューアルのお知らせ

「Hello! 野菜」をご覧いただき、誠にありがとうございます。

ご覧いただいているページは、リニューアルいたしました!
旧ページもこのままご覧いただけますが、この機会にリニューアル後のページも、ぜひお楽しみください!

※リニューアル後のサイトへは、右側のナビゲーションからも移動できます。





野菜作り用語辞典


うね間(ま)
うねに作つけした苗(種)と、通路を挟んで隣のうねに作つけした苗(種)までの距離をうね間という。うねを立てずに苗(種)を数列にわたって作つけした時も、苗(種)の列から列までをうね間と呼ぶ場合がある。

温床(おんしょう)
温度の低い冬から早春の時期に、外界をしゃ断したわく(傍点)(木わくなど)を設けて土を入れ、土の温度をあげて苗つくりを行う施設。(電熱器具を使う場合もある)

株間(かぶま)
野菜を畑に作つけするとき、野菜の種類に応じて1株当たりに必要な土壌容積が確保される。この場合の株と株との間隔を株間という。とくに直線方向の株の間隔を呼ぶ場合がある。

かん水(すい)
種まきや植えつけの後、あるいは生育期間中、作物に必要な水分を補給するため、畑や用土に水をやる作業をかん(傍点)水(灌水)という。

寒冷紗(かんれいしゃ)
合成繊維などでごく細かい網目に織った広幅の被覆資材。虫よけ、光線のさえぎり、軽い保温、風よけなど、野菜の育ちを保護、調節するのに使用する。

条間(じょうかん)
野菜を畑に作つけするとき、うねに3列以上直線方向に作つけする場合がある。この時のそれぞれの列と列との間隔のことを条間という。(うね間と呼ぶ時もある)

芯葉(しんよう)
野菜が育っていくとき、つぎつぎと新しい葉が開いて草丈が伸び、草姿ができていく。その開く直前の葉を芯葉という。

地下(ちか)むろ
野菜類の栽培や貯蔵するために地下に掘った穴蔵を地下むろという。ウドやモヤシショウガは、暗黒状態の地下むろで一定の温度、湿度を与えて栽培する。イモ類や野菜類は、冬の間、温度変化の少ない地下むろに貯蔵する。

地這栽培(じばいさいばい)
草丈が伸びてゆく野菜類を支柱などを立てて立体的に作っていくのに対して、うね一面に敷わらやマルチをして、その上にツルや枝を這わせる平面的な作り方を地這栽培という。キュウリ、カボチャ、スイカ、メロン、ヤマイモなどで行う。

トンネル、ホットキャップ
植えつけ、または種まきをしたうねに、トンネル状にビニール、ポリエチレンフィルムをかぶせる方法を「トンネルマルチ」といい、1株ごとにパラフィン紙、ポリフィルムをかぶせるものを「ホットキャップ」といいます。いずれも冬から早春にかけて寒さから作物を保護し、育ちを促進させます。割竹や鉄線などを地中にさしこみ、トンネル型やキャップのビニールのはしは、土をかけて良く押さえます。

除草
雑草の種は土の中で長期間生き残りひんぱんに芽を出してきます。雑草がはびこって野菜の育ちが悪くならないよう気をつけましょう。方法としては、手で摘み取るか、前に延べた中耕作業も雑草の芽を出さないという効果があります。マルチ、敷わらも除草の効果がありますので、手取り除草のあとに行うと良いでしょう。

整枝、摘芯
作ろうとする野菜に適したようにツルや枝を切り除いて姿を整えることを「整枝」。余分な芽を取り除くことを「摘芯」といいます。これらの作業は野菜の種類、栽培の方法、畑の広さなどによって主枝を何本伸ばすのか、側枝は出すのか、芽は摘むのか、などが決まります。一般に、強い整枝、摘芯は生育の初期に行い、生育の後半は強い整枝、摘芯をすると寿命が短くなるので、軽く行います。

支柱立て
キュウリ、ツルアリインゲンなどツル状になるものや、トマトのように草丈が長くなるもの、ナスやピーマンのように風で倒れやすいもの。これらの野菜には竹やプラスチック製の支柱を立てて結束します。立て方には「合掌式」と「直立式」があり、合掌式は支柱を上部で交差させるので風に強く、真夏は土が乾きにくい長所がある反面、風通しが悪い欠点もあります。直立式は日当たりが良いかわりに、風に弱い欠点があります。最近は「網支柱」といって、支柱のかわりに網を張ってこれにツルを登らせる方法も行われています。

連作と、その害
毎年同じ種類の野菜を同じ畑に作ると(連作という)、育ち方が悪くなったり、病気や害虫にひどくやられたりすることがあります。連作の害は、土から伝染する病気や、根をおかす害虫などが原因となることが大部分ですが、このほか、根から出る毒素によって自家中毒をおこす場合、肥料分の吸収がかたより、土中に残った肥料が不釣合いになって特定の成分の欠乏症をおこす場合などがあります。連作の害を防ぐには、伝染する病気や害虫を完全に消毒することも大切ですが、野菜の種類によって連作の害が出にくいもの、出やすいものがあるので、同じ畑に同じ種類の野菜をつづけて作らないこと、あるいは連作の害の出やすいものは数年おきにつくることが必要となります。
鎮圧(ちんあつ)
畑に種をまき、土をかけた後、その上を手や足、あるいは専用の道具などで強く押さえる作業を鎮圧という。土を押さえることにより、地表面からの水分の蒸散を防ぎ、種の水分の補給を容易にし、発芽揃いを良くする。

苗床(なえどこ)
種まきから植えつけまでの間、適切な大きさの苗に育てる施設、場所を苗床という。苗床には畑の一部に短冊(たんざく)型のうねを作る冷床と、用土を準備し外界をしゃ断したわく(傍点)の中に入れ、土の温度を上げる温床がある。

根鉢(ねばち)
苗を植えつける時の苗の根群が張った一定容量の土を根鉢という。鉢育苗したものは鉢の土を、苗床の場合は苗と一緒に畑に持ち込む根の張った部分をさす。

鉢上げ(はちあげ)
苗つくりの場合、苗がだんだん大きくなるにつれて、1〜2回移し替えをする。この移し替えのとき素焼鉢やポリポットに植えこむことを鉢上げという。

ベッド
苗を移し替えたり、植えつけたりするところ(床(とこ)ともいう)。ハウス栽培などのときのように、わく(傍点)で仕切った中に用土を入れる場合と、畑にうねを作る場合がある。

間土(まつち)
苗、種イモ、根株などを植え溝に植えつけたり、ベッドに植えつけたり、伏せこんだりする時、根が直接肥料や熱源にふれないように緩衝役を果す土をあらかじめかぶせておく。これを間土という。

露地栽培(ろじさいばい)
作物を自然の気象条件のもとで栽培することを露地栽培という。ガラス室やビニールハウスなどの被覆条件下で栽培する施設栽培に対して、日照、降雨、風、霜などの自然の影響を直接うける。野菜の種類によって露地栽培を嫌うものがあるが、5〜11月までの無霜期間はどんな野菜も露地栽培ができる。

マルチング、敷わら
うすいポリエチレンフィルムを地表面に密着させてうねに敷つめることを「マルチング」といいます。フィルムに穴をあけて作物の地上部は露出させた状態で栽培します。マルチングには、(1)地温を高める。(2)土壌水分が蒸散しない。(3)土壌が固結しない。(4)肥料分の流亡が少ない。(5)土ハネがなく病気にかかりにくい。(6)光(白、銀色)が反射して害虫が寄りつかない。など、広範囲な効果があるのでいろいろな種類の野菜に使われるようになりました。また、稲わら、麦わら等の「敷わら」は、(1)土壌水分を保持する。(2)土壌が固結しない。(3)土ハネが作物の下葉(したば)につかない。などの効果があります。キュウリ、ナスなどの栽培で夏の暑さに向かうころ、この敷わらが必ず行われます。

間引き、中耕、土寄せ
野菜類が本葉1、2枚から3、4枚と、だんだん大きくなっていく時、こみあわないように株間を広げます。この時、成長の遅れているものや、病害虫のついているものを除去する作業を「間引き」といいます。間引きは最終的な株間を決めるまで2〜3回行います。「中耕」は、作物が育っていく途中で株のまわりの地表面の土を軽く反転させ、地下部に酸素を補給したリ、追肥した肥料を土と混ぜたりして育ちを促します。「土寄せ」は、通路の土を作物の株元にかける作業で、間引きや追肥の後、あるいは台風のくる直前、雨が降った後などに行い、育ちに応じて根の張りをたすけ、水ハケや株の安定を良くします。

誘引
ツルアリインゲン、キュウリなどのツル性の野菜の主枝や側枝を、決めた方向にもっていくこと。また、支柱に結びつけて日当たり、通風を良くしたり、手入れをしやすくする目的で行う作業を「誘引」といいます。

剪定(せんてい)
こみあっている枝や余分な枝を切り除く作業を「剪定」といいます。ナスのように主枝や側枝の元に出ている若い芽を伸ばさせるため、枝を切り除いてしまう「更新(切り返し)剪定」という方法もあります。いわば枝を若返らせるための剪定です。

温度と発芽
種をまき芽の出る時の温度は、野菜の種類によって異なります。高温を好む野菜はおよそ25〜30℃の温度が、芽が出るのに適した温度。低温を好む野菜は15〜20℃が適した温度で、夏に種まきをする場合は芽を出させてからまきます(芽出しまき)。また高温を好む果菜類などの苗つくりをする場合、温床を作って発芽に適した温度を確保します。

覆土(ふくど)と鎮圧(ちんあつ)
種まきのあとは、種の大きさの3〜5倍くらいに土をかけます(覆土)。覆土は点まきやスジまきの場合、すぐわきの土をかけ手で押さえたり、足で踏みつけたりしてある程度土を固めておきます(鎮圧という)。バラまきの場合は通路の土か、あらかじめ用意した土を苗床全面にかけて、板ぎれなどで鎮圧します。覆土、鎮圧は発芽のための水分を逃がさない(毛細管現象を防ぐ)大事な作業です。敷わらやかん水を行って、発芽を促す場合もあります。







野菜作りの用語辞典野菜作りの基礎知識ミニ耕うん機の使い方こまめ