MENU

HONDA

検索

ホーム > 野菜を元気に育てるコツ > タネのまきかた

野菜を元気に育てるコツ 実践編 元気な野菜を育てるうえで重要な、菜園のプランづくりや野菜づくりの基本作業について解説します。

一覧へ戻る

タネのまきかた

まきかたの種類
野菜を育てる場合、タネを畑の土にじかにまく「じかまき栽培」と、
ある程度苗を育ててから畑に植え替える「移植栽培」の2つの方法があります。
「じかまき栽培」に向いているのは、ダイコンニンジンなど"根っこ"を食べる根菜、
栽培期間の短いホウレンソウコマツナなどの葉物野菜です。
そのほかの野菜は、「じかまき栽培」「移植栽培」のどちらでもかまいませんが、
「移植栽培」のほうが管理しやすいのでおすすめです。
じかまき栽培
じかまき栽培
移植栽培
移植栽培

じかまき栽培
じかまき栽培でタネをまく方法には、「すじまき」「点まき」「ばらまき」があります。

すじまき
畝に1列まくものは「一条まき」、2列まくものは「二条まき」と呼びます。
適した野菜ホウレンソウコマツナ、ミズナ、シュンギク、ニンジン
ゴボウなど


  1. 平らにならした支柱を横にして押しつけ、タネをまく溝をつくります。
    畝に支柱を押し当てる
    畝に支柱を押し当てる
  2. 溝に種を約1cm間隔でまいていきます。
    溝にタネをまく
    溝にタネをまく
  3. POINT
    人指し指と中指で株元を押さえて苗を逆さにし、ポットを上にはずすと、根鉢がくずれません。

  4. タネをまいた溝のわきから、親指と人差し指で土をつまむようにして、土をかぶせていきます。
    土をつまんで土をかぶせる
    土をつまんで土をかぶせる
  5. 手で軽く押さえます。
  6. たっぷり水をかけます。
    水やり
    水やり
点まき
適した野菜ダイコンハクサイ
トウモロコシなど


  1. ひもを張るなどして曲がらないようにしながら、畝に1列、20〜30cm間隔で、深さ1〜2cmの穴をつくります。空き瓶のふたやビール瓶の底などを使うとうまくできます。
    空き瓶のふたで穴をあける
    空き瓶のふたで穴をあける
  2. 穴のなかに、タネを5〜6粒まきます。
    タネをまく
    タネをまく
  3. 土をかぶせます。
    土をかぶせる
    土をかぶせる
  4. 手で軽く押さえます。
  5. たっぷり水をかけます。
    水やり
    水やり
ばらまき
適した野菜ホウレンソウコマツナなど

  1. 畝の上から、タネをパラパラと
    まいていきます。
    タネをまく
    タネをまく
  2. タネが隠れる程度に
    土をかけます。
    土をかぶせる
    土をかぶせる
  3. クワの刃などで表面を軽く押さえて、タネと土を密着させます。
    かぶせた土を押さえる
    かぶせた土を押さえる
  4. たっぷり水をかけます。
    水やり
    水やり

移植栽培
育苗箱シードパン)やポリポットにタネをまいて苗を育てる方法です。

ポリポットにまく
適した野菜キュウリカボチャなどのウリ科野菜
用意するものポリポット、約3cm四方のネット、土、タネ

ポリポット、ネット、土、タネ
POINT
土は、市販の野菜用の土を使うか、赤玉土腐葉土バーミキュライト=5:3:2に、苦土石灰化成肥料(N-P-K=15:15:15)を土1リットルに対し1〜2g混ぜたものを使います。

  1. ポットの底にネットを敷きます。
    底にネットを敷く
    底にネットを敷く
  2. ポットに土を入れます。
    ポットの縁より1〜2cm下ぐらいを目安にします。
    土を入れる
    土を入れる
  3. 表面に、指で深さ2〜3cmのくぼみを
    2〜3個つくります。
    指でくぼみをつくる
    指でくぼみをつくる
  4. くぼみにタネをひとつずつまきます。
    くぼみにタネをまく
    くぼみにタネをまく
  5. 土をかぶせます。
    土をかぶせる
    土をかぶせる
  6. 手で軽く押さえます。
    手で軽く押さえる
    手で軽く押さえる
  7. たっぷり水をかけます。
    水をやる
    水をやる
育苗箱にまく
効率的に大量の苗を育てることができます。
適した野菜:レタスやキャベツなど
用意するもの:育苗箱(シードパン)、土、棒、タネ

育苗箱(シードパン)、土、棒、タネ
POINT
土は、市販の野菜用の土を使うか、赤玉土:腐葉土:バーミキュライト=5:3:2に、苦土石灰と化成肥料(N-P-K=15:15:15)を土1リットルに対し1〜2g混ぜたものを使います。

  1. 育苗箱に、縁から1〜2cm下のところまで土を入れ、
    棒で溝を5cm間隔でつくります。
    土を入れて溝をつくる
    土を入れて溝をつくる
  2. 溝のなかにタネを1cm間隔でまきます。
    タネをまく
    タネをまく
  3. 土をかぶせます。
    土をかぶせる
    土をかぶせる
  4. 手で軽く押さえます。
    手で軽く押さえる
    手で軽く押さえる
  5. 水をたっぷりかけます。
    水をやる
    水をやる
  6. <ポットあげ>
  7. 発芽して子葉が開いたら、間引きを行います。
    葉の開いた芽を間引く
    葉の開いた芽を間引く
  8. 本葉が1〜2枚開くまで育てたら、
    育苗箱と同じ土を入れたポリポットに移します。
    小さな苗をポットに移し替える
    小さな苗をポットに移し替える

発芽までの管理
タネをまいたあとは、発芽するまでていねいに愛情たっぷりに管理しましょう。

水やりをたっぷり
タネをまいたあとは、ジョウロでたっぷりと水を与えます。
土が乾くと、発芽が遅れたり、発芽率が落ちたりします。ポリポットや育苗箱にまいた場合は、ぬれた新聞紙をかけておくとよいでしょう。

POINT
ただし、水分が多すぎると酸素が足りなくなり、根腐れを起こすので注意しましょう。
育苗箱に濡れた新聞紙をかぶせる
育苗箱に濡れた新聞紙をかぶせる

適温をキープ
野菜の種類によって、発芽の適温が異なります。たとえば、レタスやセロリは18〜20℃と低い温度を、トマトは25〜28℃とやや高い温度を好みます。「じかまき栽培」をした場合は、寒冷紗などを使って、適温を保つよう工夫をしましょう。
タネそれぞれにあった発芽適温が必要
タネそれぞれにあった発芽適温が必要

間引きする
発芽しても、小さくて細かったり、途中で枯死したり、虫害を受けたりする弱い苗があります。これらを小さな苗のときから順次抜いて、大きくて丈夫な苗だけを残していきます。
間引くと残った苗はのびのび
間引くと残った苗はのびのび

ページのトップへ

プランニング編 菜園計画を立てよう  育てる野菜の特徴を知ろう  適期を守ろう  科を意識しよう 
おすすめプラン 10m2菜園プラン  20m2菜園プラン 
実践編 タネのまきかた  苗の植えかた  被覆資材の種類と張りかた 
  支柱の立てかた  病気や害虫に侵されない育てかた  暑さ、寒さへの備えかた 
耕うん機トップへ