MENU

HONDA

検索

ホーム > おすすめ野菜広場 > 育てやすさから探す

おすすめ野菜広場 家庭菜園向きの人気野菜のつくりかたをご紹介。さあ、あなたはどの野菜をつくりますか?

一覧へ戻る

育てやすさから探す

野菜によって栽培の難易度が違います。作りやすい野菜は気軽にチャレンジ、少々難しいものは適切な手入れが成功への近道です。

初心者向きでつくりやすい

野菜づくり初心者でも取り組みやすい野菜です。栽培期間が短く、あまり手がかかりません

ホウレンソウ
春まき:3月中旬〜5月上旬 秋まき:9月上旬〜10月下旬

栄養豊富で人気が高く、タネまきから1か月〜1か月半で収穫できます。秋から冬が本当の旬。

コマツナ
タネまき:3月下旬〜10月下旬

タネをまけばまず芽が出てくるお手軽葉もの。間引き株間をあけながら育てます。

レタス
春植え:2月下旬〜4月上旬 秋植え:8月上旬〜9月上旬

苗から育てれば約1〜2か月で収穫。結球する玉レタスよりも、リーフレタスのほうが簡単です。

ジャガイモ
春植え:2月下旬〜3月中旬 秋植え:8月下旬〜9月上旬

植えつけから約3か月で、タネイモの10倍以上の収穫が。掘り出すときが楽しみです。

つくりがいのある上級者向きの野菜

ちょっと難しい野菜も、手をかければ野菜はきっと応えてくれるはず。上手にできれば大きな自信につながります。

スイカ
植えつけ:5月上旬〜5月下旬

甘くておいしい果実をつくるには、整枝や人工授粉などポイントがいっぱい。つくりやすい小玉スイカがおすすめです。

カボチャ
植えつけ:4月下旬〜5月下旬

適切な整枝でツルを広げ、よく熟した実を収穫します。1株の収穫量は3〜5個が目安です。

タマネギ
植えつけ:11月上旬〜12月上旬

苗選びがポイント。冬越しに適した苗を植えて、春にとう立ちさせないようにします。

ネギ
植えつけ:7月上旬〜8月上旬

深い溝を掘って苗を植えつけ、少しずつ土寄せをしながら葉鞘部を白く、長く育てます。

*作業や管理は、関東地方以西平野部を基準にしています。

ページのトップへ

条件や目的から探す タネまき時期  収穫までの日数  育てやすさ  科 
菜園の広さ  菜園の日当たり、風通し  家族が喜ぶ野菜  食べる以外での楽しみ 
春夏野菜 トマト  キュウリ  ピーマン  ナス  エダマメ 
  トウモロコシ  スイカ  サツマイモ  ジャガイモ  カボチャ 
  インゲンマメ   
秋冬野菜 ホウレンソウ  コマツナ  ブロッコリー  ネギ  タマネギ 
  キャベツ  ハクサイ  ニンジン  ダイコン  カブ 
  イチゴ  エンドウ  レタス   
耕うん機トップへ