MENU

HONDA

検索
野菜を元気に育てるコツ 実践編 元気な野菜を育てるうえで重要な、菜園のプランづくりや野菜づくりの基本作業について解説します。

一覧へ戻る

苗の植えかた

よい苗の見分けかた
園芸店などで苗を購入する場合は、つぎのポイントを調べましょう。
  • 病気になったり、害虫被害を受けていないか
  • 葉が厚く、色が濃いか
  • 下の葉が黄色くなったり、枯れたりしていないか
  • 張りのある子葉(双葉)がついているか
  • 茎は、葉と葉の間が詰まって、がっちりしているか
  • トマト、ナス、ピーマンなどの場合、花芽がついているか
  • ポットの下から、白い根が見えているか
植えつける苗の大きさは、それぞれの野菜によっておおよその基準があります。
たとえば、トマトナスピーマンなどは、ひとつ目の花(第一花房)が咲いたころ。
キャベツブロッコリーなどは、本葉が5〜6枚程度開いたころが適しています。
購入した苗が、植えつけに適した大きさに達していない場合は、
ひと回り大きなポット根鉢をくずさずに植え替えて、
適した大きさになるまで育ててから、畑に植えつけます。
根の回ったよい苗を選ぼう
根の回ったよい苗を選ぼう

植えつけ
ポットで育てた苗を畑に移し替えることを「植えつけ」といいます。
植えつけの1週間前までには畑を耕し、石灰堆肥化成肥料などの元肥を施して、畝立てしておきます。
このときにマルチングをしておくと、植えつけのときまでには地温が上がって、苗が根づきやすくなります。

植えつけに適した天気
    苗をポットから畑に移すときは、曇りの日を選びましょう。日差しの強い日は、植えつけた苗がしおれたり、傷んだりすることがあります。また、風の強く吹く日は避けましょう。植えつけたとたん、茎が折れてしまうかもしれません。曇りで風のない日が、植えつけにはもっとも適しています。

植えつけの準備
[マルチなしの場合]
  1. 移植ゴテを使って、に苗がすっぽり入るくらいの
    穴を掘ります。
    苗を植える穴を掘る
    苗を植える穴を掘る
  2. 植え穴にたっぷり水を注ぎ、水が引くのを待ちます。
    植え穴に水をやる
    植え穴に水をやる
  3. 根鉢をくずさないように、ポットから苗を出します。
    苗をそっとポットから出す
    苗をそっとポットから出す
  4. POINT
    人指し指と中指で株元を押さえて苗を逆さにし、ポットを上にはずすと、根鉢がくずれません。

  5. 植え穴に苗を入れます。
    植え穴に苗を入れる
    植え穴に苗を入れる
  6. 株元に土を寄せて、手で軽く押さえます。
    株元の土を両手で押さえているところ
    株元の土を両手で押さえているところ
  7. 株元にたっぷりと水をかけます。
    株元には水をたっぷり
    株元には水をたっぷり
[マルチありの場合]
  1. 植えつけ予定場所に、ポット入りの苗を置きます。
  2. 移植ゴテを使って、マルチに穴をあけたあと、
    苗がすっぽり入るぐらいの穴を畝に掘ります。
    移植ゴテでマルチに穴をあける
    移植ゴテでマルチに穴をあける
  3. 植え穴にたっぷり水を注ぎ、水が引くのを待ちます。
    植え穴に水をやる
    植え穴に水をやる
  4. 根鉢をくずさないようにポットから苗を出し、
    植え穴に入れます。
    植え穴に苗を入れる
    植え穴に苗を入れる
  5. 株元に土を寄せて、手で軽く押さえます。
    株元の土を押さえる
    株元の土を押さえる
  6. 株元にたっぷりと水をかけます。
    株元には水をたっぷりと
    株元には水をたっぷりと

植えつけ後の管理
    新しい根が伸びるまでは、"根っこ"の吸水がじゅうぶんではありません。
    土が乾燥したら、水を与えるようにしましょう。

ページのトップへ

プランニング編 菜園計画を立てよう  育てる野菜の特徴を知ろう  適期を守ろう  科を意識しよう 
おすすめプラン 10m2菜園プラン  20m2菜園プラン 
実践編 タネのまきかた  苗の植えかた  被覆資材の種類と張りかた 
  支柱の立てかた  病気や害虫に侵されない育てかた  暑さ、寒さへの備えかた 
耕うん機トップへ