MENU

HONDA

検索

ホーム > 野菜の保存方法・秋冬野菜

野菜の保存方法・秋冬野菜 たくさん収穫できたら、保存して活用しましょう。ここでは人気野菜の保存方法を解説します。
ホウレンソウ  コマツナ  キャベツ  ネギ  タマネギ 
ブロッコリー  ダイコン  カブ  ハクサイ  ニンジン 
春夏野菜の保存方法へ

ホウレンソウ
葉から水分が失われていくので、濡れた新聞紙に包み、さらにポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に。葉を上に立てて保存すると鮮度が保てます。この状態で3〜4日は元気。ゆでて食べやすく切っておけば、3〜4日冷蔵保存が可能です。煮びたし、みそ汁、ソテーなどもう1回火を入れて食べます。それ以上保存する場合は、かためにゆで、小分けにしてラップに包み冷蔵庫に。冷凍保存すれば3〜4週間は持ちます。
ページのトップへ

コマツナ
コマツナは鮮度の落ちやすい葉菜です。収穫したらできるだけ早く使い切るのが理想。保存する時は葉から水分が蒸散していくので、濡れた新聞紙に包み、さらにポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に。葉を上に立てて保存します。
ホウレンソウ同様に、ゆでて冷蔵庫保存や、浅漬け、キムチなどにしても。
ページのトップへ

キャベツ
丸ごと外葉でおおってから新聞紙などに包んでポリ袋に入れ、芯を下にして冷暗所に置くと、1か月ほど持ちます。使いかけは切り口をラップで密着させ、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存し、早く食べきりましょう。
キャベツをたくさん食べられる料理としては、ロールキャベツ、お好み焼き、コールスローサラダなどがあげられます。
ページのトップへ

ネギ
泥つきのまま、土寄せした畑に置いておくか、浅く掘った地面に斜めに埋めておき、使う時に掘り出します。または、泥付きのまま新聞紙に包み、立てて冷暗所に置きます。洗ったものは葉と切り分けて、水分が蒸発しないようにポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で立てて保存します。
ページのトップへ

タマネギ
タマネギ保存のポイントは、外皮をよく乾かしてから、風通しのよい場所に置くこと。一番の大敵は湿度と蒸れで、湿度の高いところに置くと発根しやすく、養分と風味が落ちてしまいます。ネットなどに入れて、直射日光や雨の当たらない風通しのよい場所に吊しておくのがおすすめです。カゴなどに入れる時は1つずつ新聞紙に包んでおくと湿気対策に。

炒めタマネギ…薄切り(またはみじん切り)にして、薄茶色になるまで炒め、小分けにして冷凍しておくと、ハンバーグ、カレーやシチューなど料理のベースに重宝します。
ページのトップへ

ブロッコリー
ブロッコリーは鮮度の落ちるのが早い野菜です。温度が高いところに置くと、つぼみがふくらんで黄ばむので、収穫後は早く冷やし、ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。小房に分けてさっとゆでると冷蔵庫で3〜4日大丈夫。また、小房に分けてかためにゆで、冷凍してもよいでしょう。保存期間は1か月ほど。食べる時は、半解凍してから炒め物やスープなどに。軸も、皮をむいてゆでるとおいしく食べられます。
ページのトップへ

ダイコン
保存の適温は5度前後です。葉が根の水分・養分を奪うので、葉をつけ根ぎりぎりのところで切り離します。泥付きなら土の中もしくは新聞紙などに包んで暗い場所に置けば、長期保存できます。洗ったものは適度な湿度を保つために濡れた新聞紙で包むか、ポリ袋、ラップフィルムなどで包んで冷蔵庫で保存します。
大根は、浅漬け、タクワン、べったら漬け、カクテキなど、さまざまな漬物に利用できます。また、干し大根としては、タクワン用に丸ごと干し上げるほか、せん切り、輪切りなどに切ってザルなどに広げ、「切干し大根」に。「割り干し大根」は、長く太めの棒状に切って針金ハンガーに吊るして干します。煮物などでむいた皮も細切りにしてザルに広げ、軽めに干してポン酢醤油に漬けておくと、おいしく食べられます。
大根の葉は、煮ものや、茹でて刻んで浅漬けにしたり、バラバラにならないように切って、さっとゆでて干すと「干葉」になります。水でもどして煮ものにして食べます。

ハリハリ大根(切り干し大根の漬物)…切り干し大根を水で固めにもどして、砂糖少々を加えて軽く煮立てたポン酢醤油に漬けたり、だしとしょうゆを同量で割っただし割じょうゆに数時間漬けておくと、歯ごたえのよい浅漬けができます。
ページのトップへ

カブ
収穫後、すぐに洗って葉を切り離し、葉と根をそれぞれポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で3〜4日は保存できます。長く保存したい時は浅漬けや甘酢漬けがおすすめ。浅漬けにしたものは、キムチの素で和えると味の変化が楽しめます。

カブのピクルス…カブの根をくし形に切り、重さの2%の塩と水少々をふってしばらくおいてから、さっと洗い、ピクルス液に漬けます。
葉は、さっとゆでて、浅漬け、キムチの素で和えるとよいでしょう。
ページのトップへ

ハクサイ
丸ごと新聞紙で包み、根元を下にして立てて冷暗所に保存します。この時、凍らないように注意します。新聞紙が湿ってきたら、乾いたものに交換します。使いかけはポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。この時、株の根元に縦に切り込みを入れておくと生長が止まって長持ちします。たくさん採れた時は塩漬けにしておくとよいでしょう。
ハクサイ漬けは、刻んでおかかと和えたり、豚肉と炒めたり、キムチにもできます。漬かりすぎのものは、水につけて酸味をぬいてから、キンメ、酒かすなどと一緒に煮てもおいしく食べられます。

ハクサイ漬け…ハクサイを四つ割りにして半日干し、重さの5%の塩を少しずつふって重ね、水少々をふって、ハクサイの重さの2倍の重しをします。水が上がったら重しを半分に減らし、カバーをして冷暗所に。2週間後から食べられます。
ハクサイの柚香漬け…ハクサイをザク切りにして、2%の塩、柚子の薄切り、赤唐辛子、昆布少々を混ぜて、重しをして一晩おきます。
ページのトップへ

ニンジン
土寄せした畑に埋めておくと春まで持ちます。ニンジンは水分がつくと傷みやすいので、屋内に保存する時はよくふきとり、葉を切り離して新聞紙に包み、冷暗所に置きます。常温で1〜2週間は保存できます。洗ったものは水気をふいて、葉と根をそれぞれポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。一口大に切って、さっとゆでて冷凍するのもよいでしょう。タマネギやセロリといっしょにみじん切りにしてよく炒め、小分けにして冷凍しておくと、シチューやスープ、パスタ、ひき肉料理などに重宝します。
ニンジンの葉は、煮びたし、炒め煮や、ごま和え、かき揚げにするとおいしく食べられます。

ニンジンのサラダ…ニンジンは、せん切り器でせん切りにして、塩少々をふって、しんなりしたら軽く絞り、レーズンを加えて、バルサミコ酢(なければ普通の酢)、オリーブ油、コショウで味をととのえます。冷蔵庫で3〜4日保存できるので、作っておくと便利です。
ページのトップへ

春夏野菜の保存方法へ

耕うん機トップへ