Hondaの健康経営

強い個人のベースは健康でいることにあり 一人ひとりが健康保持増進にチャレンジャーであれ 強い個人のベースは健康でいることにあり 一人ひとりが健康保持増進にチャレンジャーであれ
三部 敏宏

トップメッセージ

取締役 代表執行役社長
三部 敏宏

Hondaにおいて健康経営の取り組みの根底にあるのは、基本理念である「人間尊重」の考えです。
私たちは常に人を中心に考え、お客様の喜びを生み出すために、「強い個人」が共鳴し合いながら独創的な新価値の創造にチャレンジしてきました。
これがまさにHondaの原動力といえますが、その「強い個人」は、従業員一人ひとりの健康に対する高い意識や行動があってこそ成り立つものだと考えています。そのためにも、従業員が意欲をもって力を発揮することができる職場環境づくりと、健康づくりへの意識向上を目指して「健康経営」に積極的に取り組んでまいります。

健康経営社内推進体制

本田技研工業(株)は国内労働協約適用会社を含めて健康経営を推進しています。推進体制は担当役員が責任者となり、人事部門/健康管理部門/安全衛生部門が連携し、計画に基づいたPDCAサイクルを回す取り組みを全社一体となって実施しています。

健康経営の取り組み

従業員の「健康」は、「安全」と同様、全社共通の願いです。
快適な作業・職場環境のもと、自らが将来を見据えて心身の健康の保持増進に努め、『従業員一人ひとりが心身ともに健康で安全に力一杯働くこと』ができる企業の実現をめざしています。
その実現に向け、健康宣言を策定するとともに、「3つの柱」と「5つの管理項目」を健康経営の方針として設定し、健康経営に取り組んでいます。

3つの柱

  • ❶ 個人への健康づくり啓発と定期健康診断、体力測定結果フィードバックの充実

    『啓発動画や定期発行物などによる啓発強化』『安全活き活き体力測定を時間内に実施』

    健康診断と体力測定結果の両面で「自分のカラダ」を正しく理解し自己保健義務履行を促進

  • ❷ 職場全体での健康意識向上への取り組み

    『組織の心身健康状態の見える化(可視化)』

    管理監督者の安全配慮義務強化に向け、可視化データに基づいた健康2Wayを通し組織内の健康意識コミュニケーションを活性化

  • ❸ 継続的な職場環境の改善

    『月1回の「健康Day」を設定』し、健康食メニューの充実を図る
    『2023年 敷地内禁煙』の実施により望まない受動喫煙”0”の実現を目指す
    ホンダ健康保険組合などと連携し各種健康づくり施策を実施

5つの管理項目

厚生労働省では国民の健康保持増進に必要な生活習慣として「栄養・食生活」「身体活動・運動」「休養」「飲酒」「喫煙」「歯・口腔の健康」をあげています。当社では従業員が受診する健康診断の結果に深く関係する項目として、5つの管理項目(➀休養 ➁栄養 ➂運動 ➃禁煙 ➄飲酒)を定めました。

項目

休養

栄養

運動

禁煙

飲酒
管理項目
良質な睡眠
バランス良い
食事
運動習慣
禁煙
節度ある
適度な飲酒
達成目標
6時間以上
睡眠時間を確保する
朝食(起床後最初の
食事)を毎日食べる
1回30分以上週2回の
運動習慣を持つ
たばこは吸わない
(電子たばこを含む)
飲酒量は適度な量に
保つ(1単位以内)

※飲酒習慣のない人に飲酒を推奨するものではありません

社外からの評価

「健康経営優良法人2022」に認定

経済産業省と日本健康会議が共催する
健康経営優良法人認定制度において、
Hondaは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む法人として
「健康経営優良法人2022」の大規模法人部門に認定されました。

「スポーツエールカンパニー2022」に認定

従業員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取り組みを行っている企業として
スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー2022」に認定されました。

Honda健康づくりロゴマーク

健康づくりへのさらなる意識高揚や
活動を加速していくことを目的に
健康づくりのシンボルとしてロゴマークのデザインを社内公募し、下記作品を決定しました。

各事業場での取り組み

Honda健康宣言の発信以降、各事業場の安全衛生部門や健康管理部門を中心に、様々な取り組みを行い従業員の健康意識向上に努めています。取り組みの一例をご紹介します。

  • 熊本製作所:健康ウォーク
    (テストコース探検ウォーク)

    バイクのテストコースを特別に解放した「健康ウォーク(テストコース探検ウォーク)」を開催。コロナ禍での運動不足とストレス解消、運動習慣のきっかけづくりとして、従業員と家族が参加。悪路など様々な路面環境の3つのテストコース約4kmを楽しみながら歩きました。参加者からは「運動習慣を持つきっかけづくりになった」との声がありました。

  • 二輪・パワープロダクツ事業本部
    朝霞:安全活き活き体力測定

    参加者に健康と体力の関係と食事について、プロのインストラクターが運動講座で説明を行った後、体力測定を実施。
    ➀測定結果表 ➁Inbody結果用紙 ➂ウォーミングアップ資料 ➃基礎体力向上(運動指導)資料 ➄運動と食事資料 ➅結果表説明資料 の6つの資料を配布し、従業員の健康意識の向上につなげています。

  • トランスミッション製造部:
    食堂提供メニュー 栄養素の見直し

    従業員に人気が高く、提供頻度も多い「カレーうどん」の塩分量を減らしました。従業員の健康維持向上のため、「何を食べてもおいしく何を食べても健康」な食堂運営を目指し、既存メニュー・新規メニューに対して見直しています。減塩メニュー提供後のアンケートでも「美味しい」や「風味と塩味のバランスが良い」等、高評価をいただいています。

栄養の取り組み

イイねメニューの提供

従業員食堂では、ヘルシーメニューを導入しているほか、月1回の「健康Day」にすべてのメニューを食材の特徴を活かし健康にちなんだメニューとして提供しています。また、部門の責任者がおすすめするメニューも「健康Day」に提供しています。

月1回の「健康Day」で提供される「イイねメニュー」の一例。毎月いろいろなメニューを従業員食堂で提供しています。

食生活改善イベント

食堂施設のない事業場へは、「食生活改善イベント」として従業員食堂の管理栄養士が体組成計測定に基づく栄養指導を行っています。測定結果をお伝えし、自身の食生活から健康を見直すキッカケとしています。

管理栄養士によるフィードバックの様子

望まない受動喫煙防止の取り組み

2023年4月より敷地内禁煙に向けて全社統一ポスターを掲示。

当社では2023年4月1日に国内全事業場で敷地内禁煙を行います。
従業員のみならず敷地内をご利用いただくすべてのお客様に禁煙にご協力いただきます。
敷地内禁煙に向けては、各事業場のそれぞれの特性に併せ安全衛生委員会を中心に、喫煙可能時間を段階的に減らしていくなど推進しています。

各事業場における禁煙デーの取り組み

「スワンの日(毎月22日)」、「世界禁煙デー(5月31日)」には、
事業所内の入り口に「PRのぼり」を設置したり、灰皿に貼り紙をして禁煙を呼び掛けています。
この禁煙デーの取り組みは、従業員だけでなく来場者の方々にもご協力をお願いしています。

各事業場の卒煙支援

従業員の卒煙支援にも力を入れています。卒煙への意識づけを促すように、セミナーの開催やパンフレットの配布を積極的に行っています。また、卒煙希望者に保健指導も行っています。

トランスミッション製造部の健康管理スタッフによる職場出前禁煙講座

青山本社の健康管理スタッフによる呼気計測
(一酸化炭素濃度チェック)

関連データ

5つの管理項目達成状況(全社推移)

➀休養 ➁栄養 ➂運動 ➃禁煙 ➄飲酒

※2021年度4Qの対象者数は33,839人

ストレスチェックの受診率の過去5年推移

ストレスチェック
実施率
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
実施率
92.1%
90.7%
91.3%
94.1%
94.1%

総労働時間/有休取得日数の過去5年推移

従業員1人当たりの総労働時間・年次有給休暇の平均取得日数

2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2020
年度
従業員1人当たりの
総労働時間
1,954
1,932
1,909
1,997
1,953
年次有給休暇の
平均取得日数
19.0
18.7
19.3
18.8
17.2