MENU
HONDA
検索
HONDAロゴ
menu

トランスミッション製造部の取り組み

トランスミッション製造部について

Honda発祥の地として、歴史と伝統を未来に継承しています。

トランスミッション工場
憩いの広場

現在のトランスミッション製造部では、四輪車用AT(多段変速機)、CVT(無段変速機)、SPORTHYBRID(モーター搭載ミッション)、を生産し、鈴鹿、埼玉の両製作所や、アメリカやヨーロッパの現地工場へ供給しています。
トランスミッション工場は環境への配慮として、1階アルミ加工領域においては、オイルミスト対策の循環型空調システムを導入し、事務所なみの職場環境を構築しており、2階組立領域においては「JISクラス8」のクリーンルームを実現。また、屋上には「屋上緑化」と「憩いの広場」なども設けています。

トランスミッション製造部の活動

グリーンファクトリー目指して、環境への取り組みを行っています。

Honda環境宣言

地球環境の保全を重要課題とする社会の責任ある一員として、Hondaは、すべての企業活動を通じて、人の健康の維持と地球環境の保全に積極的に寄与し、その行動において先進性を維持することを目標としてその達成に努めます。

Honda環境方針

私たちは、事業活動における環境側面とその影響に配慮し、Honda環境宣言及び全社方針を踏まえ、環境の先進企業として全ての事業で環境負荷低減への展開に向けて、環境マネジメント活動を行います。

環境マネジメント

ISO14001

サーベランス

環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」を、1998年3月6日に取得しました。

省資源/省エネルギー

資源やエネルギーの有効活用のため、いかに少ない資源、エネルギーで生産活動ができるかを、積極的に考え、さまざまな活動を展開しています。

省資源/省エネルギー 高効率照明の採用による省エネルギー 高効率アルミ溶解炉(リジェネバーナー使用)

浜松市新エネ・省エネトップランナー認定事業所

浜松市新エネ・省エネトップランナー認定事業所

平成24年1月20日付で、浜松市より「浜松市新エネ・省エネ対策トップランナー認定制度」の【エコ事業所部門】において「Sクラス」最上位クラスの認定を受けています。
「浜松市新エネ・省エネ対策トップランナー認定」とはエネルギー使用量の低減に積極的に取り組む事業者を浜松市がトップランナー事業者として認定する制度です。

設定に至った主な取組み事例

1.新エネ・省エネ設備の導入

  • 太陽光発電
    太陽光発電
    総発電量428.28kw(3,776枚)
  • 特高中央監視システム
    特高中央監視システム
    エネルギー監視システム

2.省エネ対策活動の実践

  • 工場 屋上緑化
    工場 屋上緑化
    屋上緑化による
    工場空調エネルギー削減
  • 空調の節電
    空調の節電
    ウォームビズの取組み

3.環境マネージメントシステムの実践

  • 環境(内部)教育の実施
    環境(内部)教育の実施
    環境保全会議の実施
  • 環境教育の実施
    環境教育の実施
    2011年12月5日
    浜松西高等学校中等部5名

浜松市新エネ・省エネトップランナー

これらの事例の中で、浜松市内において最大規模となる太陽光発電システムの導入(一般家庭83軒分削減)により、工場電力エネルギーの低減取組みが「審査員特別賞」を授賞し、浜松市長より表彰を受けました。
「浜松市公式webサイト」でも事業所名の紹介や制度の詳細も確認できます。
ぜひご覧ください。

Honda製 太陽光発電システム

Honda製 太陽光発電システム
Honda製 太陽光発電システム

工場各所に設置されたこのHonda製太陽電池は高効率のCIGS薄膜式と呼ばれ、低コストであり製造過程で消費されるエネルギーを大幅に低減した次世代型太陽電池です。
葵工場では新工場の屋上・東側・従業員連絡通路部に計2,596枚を導入し、年間102トンのCO2を削減。
細江工場では工場の屋上に計1,180枚を導入し、年間40トンのCO2を削減。

廃棄物ゼロ化

トランスミッション製造部は廃棄物埋立処分ゼロ化を達成(2000年3月31日)。そして更なる廃棄物ゼロレベル化を目指し、資源の再利用、燃料化等のリサイクルを積極的に展開しています。例えば、工場内の機械加工工程から発生する切削液は、切削液とアルミ切屑とに分別し、切削液は再び機械加工工程で利用。アルミ切屑は、鋳造工程へと送られ再利用されています。

リサイクルセンター

地域との共生

「HondaWoods hamamatsu」

「ホンダウッズ浜松」づくり

子供達への環境教育育成支援の一環として作り上げたのが、昔の浜松の自然「里地・里山」をイメージして作られた「ホンダウッズ浜松」

ビオトープ

単なる環境緑化ではなく、豊かな自然を体験してもらいながら、こどもたちに自然の大切さを伝える活動を行っています。

環境情報の公開

環境情報の公開

環境に対するHondaの考え方や取り組みについて、いろいろな交流の場で、情報の公開を積極的に行っています。

取引先・海外拠点

環境保全は、「生産活動を行う企業の責務である」と考え、協力工場や海外生産拠点を含めたオールHondaとしてより良い環境をつくるために、たゆみない努力を続けています。

「人間尊重」の原点を継承し、安全で快適な職場づくりを積極的に展開。

「安全なくして生産なし」。
この言葉は、創業以来「人間尊重」の理念のもとに、企業活動を展開してきたHondaのものづくりのベースになっています。この安全思想を具現化するために、設備の本質安全化や一人ひとりの安全意識の高揚を目的とした「KY活動」。また安全をテーマとしたNHサークル活動や安全衛生教育など、ハード、ソフトの多岐にわたり、安全の取り組みを行うと共に、従業員一人ひとりが快適に仕事ができる職場環境づくり(快適職場づくり)にも積極的に取り組んでいます。
また、自動車メーカーとして従業員の交通事故防止活動にも積極的に取り組み、二輪車や四輪車のシミュレーターを利用したトレーニングや実技体験教育などを通じ、安全運転のスキル向上に努めています。

トランスミッション製造部は、地域の皆様とふれあうことで親しまれる事業所を目指しています。

地域社会との交流を大切に考え、地域のみなさまも参加できる楽しいイベントの開催や 未来を担う子供達、社会の為にさまざまなボランティア活動を行なっています。

  • Honda FC
  • 訪問サッカースクール
  • Honda夏まつり
  • 環境ワゴン
  • クラフト教室
  • 森林保全活動
  • 浜名湖クリーン作戦
  • ビーチクリーン
  • 幼児交通安全教室「あやとりぃ ひよこ」
  • 交通安全イベント「シミュレーター体験」
  • 高齢者交通安全教室「いきいき運転講座」
  • 自転車交通安全教室