ゴルフ理論

スコアアップにつながるゴルフ理論セオリーと真逆!?
バンカーショットの打ち方【最新版】

2022.07.07


みなさんはバンカーショットが得意ですか? それとも苦手ですか? おそらく「苦手だよ」というゴルファーが多いと想像しますが、そんな方々に質問です。もしかして「上からドスンとクラブを落として打つ」と思っていませんか? 昔から「バンカーはオープンスタンスにしてカット軌道で打つ」と言われてきましたが、最新の理論ではそうでもないというのが今回のお話です。小技が得意な三觜喜一プロに「イマドキのバンカーショットの打ち方」を教えてもらいましたので、苦手な方もそうでない方もぜひチェックしてみてください。

― バンカーショットの打ち方が変わってきたというのは本当ですか?

三觜 はい。昔からバンカーショットはオープンスタンスに構えてフェースを開いて、上からしっかり打ち込む、と言われてきました。しかし、多くのプロがそう打っていないのが事実です。特に海外の選手でカットに打っている選手は、ほぼいません。

― なぜカットに打たなくなったのですか?

三觜 「上からクラブを入れる」打ち方は、砂質によって砂が多く取れたり取れなかったりと、ばらつきが出てしまうからです。海外のトップ選手は、インサイドアウト軌道でフックをかけるように打っています。それは、ボールに対するクラブヘッドの入射角が緩やかになるからです。そうすると砂を薄く取れますし、フェースに球が乗っていくというメリットがあります。ドスン! と鋭角に入れると、ダルマ落としのようにボールの下を潜らせるだけなのでフェースに乗りませんし、それだと距離感を出すのが難しいんですね。

― インサイドアウトに打つほうがいつも同じことができる、つまり再現性が高いんですね!

三觜 そういうことです。カットに打つと、遠くに飛ばすためには物凄く力が要りますし、強く入れると砂の取り方がその都度違うので、ミスも増えてしまいます。さらにはスピンがかかり過ぎるので、グリーンに落ちてから横滑りするなどコントロールが効きません。

アウトサイドインで打つ

ですから、アウトサイドインでうまくいかない場合は、インサイドアウトを試してみてください。オープンスタンスにせず通常のアプローチのように立って、飛球線に対してインサイドからクラブを振り下ろします。フェースが下から上に上がるようなイメージで、ボールを拾うようにとらえることができると思いますよ。

インサイドアウトで打つ

― やってみると意外に簡単なので、うまくいってない人はぜひトライしてほしいですね。

三觜 ひとつ注意点があって、インサイドアウトに振ろうとすると、右足に体重が残ってすくい打ちになりやすいんです。そうならないように、あらかじめアドレスで左足に体重をかけておいてください。左足体重でインサイドアウトにクラブを振れば、バンカーショットは簡単になりますよ。

三觜喜一プロの
門外不出のメソッドを
特別公開中!

Honda ASOBI BASEにて、三觜喜一プロがふだん明かしていない門外不出のメソッドを特別に公開した「秘伝のゴルフレッスン」を見逃し配信中。現代ゴルフの「花伝書」ともいうべき動画を一挙7本公開しています。簡単なID登録で閲覧できますので、この機会にぜひご覧ください!

見逃し配信ページへ

三觜喜一プロ

YouTubeチャンネルの登録者数40万人と絶大な人気を誇るティーチングプロ。スイング理論が注目されがちだが小技も得意で、ツアープロにアプローチを指導することも多い。


Honda GOLF編集部 小林一人

Honda GOLF編集長のほか、ゴルフジャーナリスト、ゴルフプロデューサー、劇画原作者など、幅広く活動中だが、実はただの器用貧乏という噂。都内の新しいゴルフスタジオをオープンし、片手シングルを目指して黙々と練習中。


「ゴルフ理論」の記事一覧へ