ゴルフ理論

スコアアップにつながるゴルフ理論切り返しでクラブが倒れるようになる
魔法の素振り

2020.11.19

日々、スイング作りに勤しんでいるゴルファーの間で注目されているのが「クラブが倒れる」というワードです。
クラブがどこでどう倒れるのかというと、バックスイングからダウンスイングへの切り返しでの話。このタイミングでシャフトが後ろに倒れれば、クラブは理想的な軌道で下りてきてインパクトを迎えるのです。ところが、アマチュアの多くはうまくクラブを倒すことができないのが現実であり、だからこそ「クラブが倒れる」というワードに敏感なんですね。というわけで今回は、どうすればクラブが倒れるのかを篠崎愛プロに教えてもらいました。


― 篠崎プロは華奢な体にもかかわらずドライバーの飛距離で定評があります。270ヤードもの飛距離を誇ることと、切り返しでクラブが倒れることとは関係がありますか?

篠崎 もちろんありますね。遠心力がかかるように振れば、クラブは切り返しで後ろに倒れますから、インパクトゾーンでスピードを出す条件と言っていいと思います。これが逆の動きをしてしまうとスイングの流れが止まってしまいますし、当然遠心力もかかりませんからクラブヘッドを走らせることはできません。


切り返しでクラブが倒れる


― 飛ばしの鍵は遠心力?

篠崎 そう言ってもいいと思います。スピードが出るだけでなく、軌道も安定するので、飛んで曲がらないショットを打つためのポイントですね。

― なかなかクラブが倒れてくれないのはなぜなんでしょうか?

篠崎 始動が大きな原因かもしれません。

右ハンドルといってテークバックでいきなりクラブを右に回してしまうと、切り返しでは逆に左にハンドルを切るような動きになります。これだとクラブは外から入るので、スライス系の球になりやすいですし、球質も良くありません。

篠崎 始動では、左ハンドルを切るようにしてクラブを右に回すようにすると、切り返しでクラブは背中側に倒れます。そしてボールに対して鈍角にアタックしてくれるので、球筋が安定します。

― いわゆるシャローイングというやつですね。アマチュアができるようになる方法ってありますか?

篠崎 私は大車輪素振りというのをやっているんです。

まず左ハンドルを効かせながら、クラブをフォロー方向に振り上げちゃうんですね。そこからトップの位置に持ってくるんですけど、感覚的には頭の上でクラブを回しながら下ろしてくるんです。

篠崎 この素振りをやるとクラブに遠心力をかけることが実感できますし、スイングの本質がクラブを右回りさせる運動だと理解できるのでおススメです。右回りで下ろしてくるには左ハンドルを切るようにテークバックしたほうが動作のつながりがいいですし、大車輪素振りにはその動きも入っているんです。


クラブが倒れるようになる
大車輪素振り


― クラブを右回りさせるのがゴルフのコツですか! 知らない人も多いんじゃないですか。

篠崎 私は師匠の三觜喜一プロに習いましたが、それがゴルフスイングの基本みたいです。右回りさせてクラブヘッドで円を描くように振ることが大事で、この感覚がつかめれば力づくでぶつけていくようなことがなくなると思います。大車輪素振りを一度試してみてください。

解説
篠崎愛プロ

女子ゴルファー参戦のテレビ番組で3度優勝し「女王」の異名を誇る人気選手。華奢な体型ながら270ヤードに達するドライバーショットが持ち味で、自身のYouTubeチャンネル『まなてぃの法則』も人気急上昇中。栃木県出身。マナゴルフクラブ所属。


Honda GOLF編集部 小林一人

Honda GOLF編集長のほか、ゴルフジャーナリスト、ゴルフプロデューサー、劇画原作者など、幅広く活動中だが、実はただの器用貧乏という噂。都内の新しいゴルフスタジオをオープンし、片手シングルを目指して黙々と練習中。


「ゴルフ理論」の記事一覧へ