レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロがアマチュアの弱点を克服

ゴルフスイングの本質はいかに道具であるクラブを上手く扱うかですが、正しい知識がないとできませんし、知っていても難しい動作があります。今回は、三觜喜一プロが実際にアマチュアを教えながらゴルフスイングの核心に迫ります!

2018.11.29

ダウンブローに打てない理由

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイントクラブヘッドの重さを右から左に移動しながら
    打つ
    クラブヘッドを右から左に移動すればOK
  • アイアンをうまく打つには、ボールに対して鋭角な軌道でアタックすることが必要です。いわゆる「ダウンブローにヘッドを入れる」ということですが、アマチュアには難しいのが現実です。なぜダウンブローに打てないのかというと、上から下にクラブヘッドを動かそうとすると、まったく反対の挙動が起こってしまうからなのです。クラブフェースをボールに向けたままクラブヘッドを鋭角に下ろそうとすると、手元を引く動作が起こってしまうので、シャフトのクラブヘッドに近い部分を支点にヘッドが円運動し、結果としてすくい打ってしまうのです。

  • ではどのようにすればクラブヘッドが上から下に動くかというと、シャフトを軸に回転させればいいのです。クラブヘッドは重たい鉄の塊ですから、その物体をシャフトの右から左に移動させてやると、自然に軌道はダウンブローになります。もしこの重さが右に残ったままだとクラブヘッドはボールの手前に落ちてしまうので、意識的にクラブヘッドを右から左に移動させることがアイアンをうまく打つためのコツになります。

NEXT Lesson

Lesson 7 アーリーリリースの改善 (2018年12月13日 公開予定)

PROFILE

  • 三觜 喜一(みつはし よしかず)プロ

    ジュニアゴルファーの指導で評価が高く、最近では手塩にかけて育てたジュニア出身の選手がプロゴルファーとして活躍し始めている。アマチュアゴルファーの指導も新宿御苑のタイカンズ他で行っているが、予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ