レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロのドライバーレッスン

ゴルファー共通の悩みである「ドライバーがうまく打てない」を三觜喜一プロがズバッと解決。ミスの本質とドライバーというクラブの特性がわかれば誰でもまっすぐ飛ばせるのです!

2020.07.30

なぜ右に飛んでしまうの?

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイント「球体」に対してではなく「平面」に対して
    アタックするイメージを持とう
    ボールが丸いので体が先に突っ込みやすい
  • ドライバーが右へ飛びやすい理由のひとつに「ボールが丸い」ということがあります。どういうことかというと、ボールが球体なのでクラブがインサイドからアタックできますし、アウトサイドからもアタックが可能だということです。ドライバーの場合は体が先に突っ込んで振り遅れになることが多く、右へのプッシュアウト、あるいはそれを嫌がって左にひっかけるということが頻発します。

  • 改善策は球体に対してアタックするのではなく、平面に対してアタックするよう意識を変えることです。すなわち自分の左に壁があって、そこから五寸釘が出ているとイメージするのです。ドライバーのフェース面でその釘を打ち付けようとすると、釘に見立てたボールに対しクラブをまっすぐアタックしようとするでしょうし、体は壁のほうに突っ込まないはずです。つまり体が右に残りながら腕を早めにリリースする動作を自然に行えるということで、これこそがドライバーのコツなのです。

PROFILE

  • 三觜喜一プロ

    3D解析データに基づいた世界標準のスイングをベースに指導を行うプロコーチ。小田原クラウンゴルフ、尾山台スタジオで行っている個人レッスンは予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ