レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロがゴルファーの悩みを解決!

ダフリやトップのミスはゴルファーの「勘違い」から起こります。ミスを引き起こしている「勘違い」とは? その傾向と修正方法をレクチャー。脳の思考回路をチェンジすればジャストインパクト間違いなし!

2018.08.30

テンプラはどこで打つと出る?

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイントボールと右肩を引き離すようにバックスイング
    手だけでクラブを持ち上げると入射角が鋭角になりすぎる

    テンプラに悩むゴルファーは少なくありませんが、どういうメカニズムでテンプラが出るのかについては意外と知らないものです。アマチュアの多くはすくい打つと出ると思っているかもしれませんが、それは大きな勘違いで、実際には過度に打ち込んでしまったときに発生します。ボールがフェースの上っ面、ほぼクラウンの近い部分に当たって真上に飛んでしまうのです。

  • テンプラが出るゴルファーのほとんどはクラブを手で持ち上げるようにバックスイングしますが、体の捻転がまったくないのでボールと右肩が離れず、ダウンスイングは手で当てにいく他ありません。そのためにクラブが鋭角に入り過ぎて、ボールの下に潜ってしまうのです。ですから改善策としては、バックスイングで右肩をボールからなるべく遠くに持っていくことです。それには右肩を後ろに引くようにバックスイングすることが大切で、そのまま右肩をボールから遠い位置にキープしたままダウンスイングしましょう。こうすることで軌道が緩やかになり、テンプラは出にくくなります。

PROFILE

  • 三觜 喜一(みつはし よしかず)プロ

    ジュニアゴルファーの指導で評価が高く、最近では手塩にかけて育てたジュニア出身の選手がプロゴルファーとして活躍し始めている。アマチュアゴルファーの指導も新宿御苑のタイカンズ他で行っているが、予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ