レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロがゴルファーの悩みを解決!

ダフリやトップのミスはゴルファーの「勘違い」から起こります。ミスを引き起こしている「勘違い」とは? その傾向と修正方法をレクチャー。脳の思考回路をチェンジすればジャストインパクト間違いなし!

2018.07.26

ドライバーで球が上がらない

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイント自分の右下に向かってクラブを振っていく
    ぶつけにいくとフェースは下を向く。アッパー軌道でとらえるとフェースは上を向く。

    ドライバーショットを打つ際、クラブをボールにぶつけにいくと球が上がらなくなってしまいます。これはクラブフェースが下を向いてしまうからで、インパクトでのロフト角が実際よりも小さくなっているのです。こういう打ち方はテンプラになる危険性もあるので、やめたほうが賢明です。

  • ティーアップして打つドライバーは、軌道の最下点を過ぎてから打つのが基本で、クラブヘッドが下降から上昇に転じているときにボールをとらえます。ぶつけにいっている人がこのインパクトを実現するには、ボールの手前に最下点を作る必要がありますが、それには自分の右下に向かって振り下ろすイメージを持つといいでしょう。そのままクラブヘッドの動きを止めずに振り切れば、アッパーな軌道でインパクトできるので球は上がります。

PROFILE

  • 三觜 喜一(みつはし よしかず)プロ

    ジュニアゴルファーの指導で評価が高く、最近では手塩にかけて育てたジュニア出身の選手がプロゴルファーとして活躍し始めている。アマチュアゴルファーの指導も新宿御苑のタイカンズ他で行っているが、予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ