マメ知識

ゴルフの雑学・マメ知識バンカーの正しい均し方

2010.09.16

みなさんこんにちは!かな子です。

突然ですが、みなさんバンカーはお好きですか?
Yesと答える人は…プロレベルのお方か、前世がラクダか…くらいじゃないでしょうか(笑)。
初心者さんにとってバンカーはスコア泥棒みたいなものです。
もちろん私も“き・ら・い”!極力バンカーは避けたいものです。
先日、プロがバンカーを均すのを見ていたら、
な、なんと!
レーキの“裏”を使っていました。
コレにはビックリ。バンカーに入った時はクラブを抱えて一人で戦闘モード、、、一人で戦っていた場所なので、バンカーの均し方など正直あまり気にしていませんでした。

という事で今回は「バンカーのマナー」について調べてみました。

まず、バンカーへの入り方・出方です。

みなさんはどこから入り、どこから出ますか?
今まで私は何も考えず、とりあえずボールに近い所から入っていました。近ければあごの高い所からでも構わず、滑らないように慎重にバンカーへ入国。
でもこれでは不十分なマナーだったのです。
なるべく最短距離でバンカーに入ることは大切なのですが、
もう一つ、“低い所から入る”ことも大切なマナーなのです。
出る時も同じ。砂をキレイに均してから“最短距離で、低い所から”出る。
へ~!低い所からなんだ。メモメモ!
そしてゴルフは“効率良く”が求められるので、バンカーへ入国する時は一緒にレーキを持っていき、邪魔にならないよう自分の後ろに置いてから打つようにしましょう。そうすればレーキを取りに行く時間が省けますもんね。

次に、レーキでの均し方です。

これまた私は何も考えず、ただ平らにすることだけを思って均していました。
がしか~し!これが間違い。ちゃんとマナーがあったのです。
気をつけることその1!均す方向は、ホール(ピン)に向かうラインと平行に均します。
その2!必ずレーキを向こうに放るよう自分から離す形で均します。
その3!レーキの歯の部分である程度キレイにしたら、最後はレーキの“裏”の平らな部分で仕上げます。
これがまさにプロがやっていた動作だ!なるほど、均し方にもきちんとした作法があるのですね。これからは気をつけなくちゃ。

A:ピンに向かってギザギザのほうで押すように均す

B:仕上げに同じく後ろのフラットな面で押すようにする

最後にレーキの置き方です。

ゴルフ場によっても異なるようですが、日本ではバンカーの外へ置く外置き式が多いみたいです。このときレーキはコースの外側のバンカーの縁に平行に置くのが一般的です。海外では、バンカー内に直角に置く内置き式が多いようです。最近では日本でもこの内置き式がだんだん増えているみたいですよ。

今まであまり気にしていなかったバンカーマナーですが、蓋を開けてみると意外と気をつける事がたくさんあるのですね。
苦手なバンカーに入った時だからこそ、気持ちよくバンカーを去りたいものです。


Honda GOLF編集部 かな子

「マメ知識」の記事一覧へ