MENU
HONDA
検索
GENTSUKI CLUB
第1回 第1回

リトルカブと私について

はじめまして。岐阜県下呂市在住、カブ好きイラストレーター今井ヨージです。
1999年、学生生活を過ごしていた名古屋で中古のリトルカブと出会い、通学や通勤、遊びでビルの谷間を走り回っていましたが、2013年に地元である岐阜県下呂市へUターン。リトルカブで野山を走り回る田舎暮らしを満喫しています。
この度、カブと過ごすワイルドな田舎暮らしを"原付クラブ"で紹介させていただくことになりました。さて、名古屋暮らしでは小さな前かごを付けただけのキュートなノーマルリトルカブでしたが…

田舎暮らしに最適化され、ずいぶんワイルドな佇まいになりました。そんな野性化したリトルカブとともに今回紹介する田舎ミッションが、薪ストーブの薪収集。薪ストーブユーザーの間では「薪活」と言われます。

田舎暮らしに最適化され、ずいぶんワイルドな佇まいになりました。そんな野性化したリトルカブとともに今回紹介する田舎ミッションが、薪ストーブの薪収集。薪ストーブユーザーの間では「薪活」と言われます。

4ストエンジンの
ロープウインチで丸太を搬出

薪ストーブといえばスローライフの定番設備ですが、その薪集めはスローライフとはかけ離れた軍事訓練のようなものだったりします。(←私にとっては)
そんな過酷な作業の中、楽するための努力は怠らない私が目をつけたのがエンジン式ロープウインチ。1トン近い力でロープを巻きとることで、林内や不整地から丸太を引っ張り出してくれる機械です。

こちらが米国ウインチメーカーのポータブルロープウインチ。我らがホンダの汎用4ストロークエンジン(35cc)を搭載しているのが見逃せません。林業で使われる本格的なウインチに比べればかわいいものですが、カブの荷台に積めるコンパクトさと軽さで、軽トラすら入れない場所でも歩いて持っていけるのが強み。
ニッチな輸入品なので新品は仰天プライスなのですが、数年前にネットオークションで中古を購入することができました。

数年前の台風で倒れたヒノキ

今回のターゲットは、数年前の大型台風で根こそぎ倒れたヒノキ。根本の直径は約40cm、長さは推定15m。このままでは腐ってしまうだけなので、地主さんに許可をいただいて薪にすることにしました。
チェーンソーで枝を切り落とし、長さ3m~4m程に切り分けます。完全に枯れて軽くなった倒木とはいえ、ある程度短くしても一人では転がすことすらできません。そこで満を持してロープウインチの出番となります。

チェーンソーや草刈り機の甲高い2ストサウンドとは異なる、優しげな4ストサウンドがたまりません。ゆっくり力強く回転するドラムがロープを巻き取ることで、3〜4mの重い丸太を引き寄せていきます。

バイク等のフロート式キャブレターは傾けるとエンストしてしまいますが、上の写真ではウインチが宙ぶらりんで横向きになっても問題なく動いています。これは、草刈り機やチェーンソーのエンジンでも使われるダイヤフラム式キャブレターの強み。

玉切りして薪割り

林の外まで引っぱり出した丸太を長さ40cm程度に切り分け、ようやく薪割り作業が始まります。
本来は薪割りしてから1~2年は乾燥させないとよく燃えないのですが、この木は倒れてから2年以上経過しているため、ほとんど水分が抜けており今年の冬には使えそうです。

カブが彩る田舎暮らし

以上、今回はロープウインチを使った「薪活」をご紹介しました。これらの活動のほとんどが自宅のすぐ近くでやってますが、荷台に道具が載る限りカブで行き来しています。カブの機動力と私の怠け癖もさることながら、人生の半分以上のつきあいとなるこのリトルカブは、もはや体の一部。これからも田舎暮らしを支え、彩ってほしいと思います。

※記事内容および車両の撮影は私有地内で行なわれたものであり、一般的な使用方法等を推奨するものではありません。

おすすめ記事
原付のある暮らし、はじめよう。