MENU

HONDA

検索
GENTSUKI CLUB

暖かな冬の巻

・・・ある冬の日、
一緒に出かけないかと誘った兎がなかなか
現れないので、
愛車のクロスカブを磨いて待っていると、ようやく兎がやってきました。

すっかり体が冷えてしまったことを伝えると、
「そうか、君には毛がないからねえ。じゃあ僕のバイクの後ろに乗っていいよ。
ほら、シートが広くてステップも付いてるだろ。原二は二人乗りもできるんだ」

走り出してみるとびっくり。
兎の暖かい毛のおかげで、蛙はまったく寒さを感じません。

そうしてしばらく走っていると、
道端にお地蔵さんを見つけました。
寒そうに立っているのを気の毒に思い、
蛙は自分のマフラーをかけて
あげることにしました。

「君は優しいんだね」
「僕は二人乗りで、もう十分に暖かいから」

そんなことがあった翌朝、
蛙が目を覚ますと、家の中にはたくさんの餅と宝が
自分のマフラーと一緒に置いてあります。
びっくりした蛙は飛び上がり、
天井に頭をぶつけてしまいました。

・・・「いててて。あれ???」
痛みで目を覚ました蛙の前には、同じように痛がっている兎がいます。

どうやら兎と出かける約束をして待っていた蛙は、
寒さのあまり冬眠しかけ、夢をみていたようでした。
痛みで頭を抑えながら兎が言います。
「さあ出かけよう。君は寒さに弱いから、今日は僕と二人乗りで遊びに行こうか」

誘ってくれた兎に感謝しながら、なんだか良いことが起きそうだと蛙は思ったそうな。

・・・つづく。

top