MENU

HONDA

検索
  • ホーム
  • 発電機をご利用の際の注意事項

発電機をご利用の際の
注意事項NOTES

停電などにより、発電機の利用機会が増えております。
ご使用の際には、取扱説明書をご確認いただき、安全にご使用ください。
注意
ご注意ください!

屋内では絶対に使用しないでください。
屋外でも換気の悪い場所では絶対に使用しないでください。

発電機の使用中に出る排気ガスには有害な一酸化炭素が多く含まれており、一酸化炭素中毒を引き起こす恐れがあるため大変危険です。

動画で見る
発電機の使い方

※機種により操作手順・方法が異なる場合があります。

使用環境に関する注意

発電機は屋内では使用できません。屋外でも換気の悪い場所では使用しないでください。
発電機は平坦で安定した場所に置いて使用してください。また、雨の中や水の掛かる場所では使用しないでください。
車載用としては製造していません。車載したまま使用しないでください。

ガソリン補給時の注意

発電機の使用燃料は自動車用の無鉛レギュラーガソリンです。ガソリンを補給する時は、必ずエンジンを停止し換気の良い、火気のない場所で行ってください。
燃料は、こぼさないように注意してください。もし、燃料がこぼれた場合は、確実にふき取り、乾かしてからエンジンを始動してください。
ガソリンは、ポリタンクで持ち運びできません。必ず金属製のガソリン携行缶をご利用ください。また、セルフ式のガソリンスタンドではガソリン携行缶に給油できませんのでご注意ください。

使用中の注意

発電機を建物や設備から1m以上離してください。使用中は、排気が屋内に入らないように注意してください。
周りに油脂などの危険物や、わらや紙くずなどの燃えやすいもを近づけないでください。
発電機の周囲を囲ったり、箱をかぶせたりしないでください。発電機や接続する電気機器に損傷を起こすだけではなく、思わぬ事故を起こす可能性があります。
使用中は発電機を傾けたり、移動しないでください。
使用中や停止直後は、マフラーが非常に熱くなっています。マフラーに触れたり、物をのせないでください。

運搬時の注意

エンジンスイッチが「停止」の位置にあることを確認してください。
燃料給油キャップつまみが「OFF」の位置にあることを確認してください。
発電機が転倒しないようにしっかりと固定してください。車内など、直射日光があたるところや高温になる場所に長時間放置しないでください。車両内部が高温になり、燃料が気化して引火しやすい状態になり危険です。
※製品画像は撮影当時に発売されていたものです。