インフラを支えるHonda。
〜あの建設機械もPowered by Honda〜

私たちの生活に欠くことのできないインフラのひとつ「道路」。
Hondaは、交通インフラ整備の現場にもエンジンを提供しています。
道路の施工や維持・管理などの現場で見るあの機械もこの機械も、実はHonda製エンジンが搭載されているのです。

建設機械もカーボンニュートラルへ

建設機械の分野にも、排出ガスゼロを実現し、屋内や夜間・早朝の作業時にも静粛性で貢献する電動化の流れは訪れています。
Hondaの電動パワーユニット(eGX)は、これまで使っていたガソリンエンジンにそのまま載せ替えが可能なため、既存製品を電動化することもできます。
また、ガソリンに代わるHonda Mobile Power Pack(バッテリーパック)は持ち運びが可能なうえに、交換することで継続的に作業機の使用が可能となります。
Hondaと建設機械メーカーのコマツは共同で、電動パワーユニット(eGX)とHonda Mobile Power Packを搭載した電動マイクロショベル(PC01E-1)を開発。コマツよりレンタル建設機械として、すでに建設現場へ導入が開始されています。

Hondaは、これからも循環型社会、持続可能な社会の実現に貢献していきます。